SF 設定・プロット 完結済

NEXCL 再世女神の超神譚 AD設定集 序盤ラスボス級最強兵器は巨大なグ〇ンゾンです10

作者からの一言コメント

設定集になります。ネタバレ含む

読了目安時間:1分以内

総エピソード数:1話

NEXCL 再世女神の超神譚 AD設定集 序盤ラスボス級最強兵器は巨大なグ〇ンゾンです10の表紙

NEXCL 再世女神の超神譚のADの設定その10です。 中国が開発した地対宇ADについての設定。 本編はこちらhttps://novelup.plus/story/381960458

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 NEXCL 再世女神の超神譚 AD設定集 序盤ラスボス級最強兵器は巨大なグ〇ンゾンです10
作者名 daidroid
ジャンル SF
タグ アクション/バトル 女主人公 最強主人公 未来 ロボット ミリタリー 戦争 兵器 設定 巨大 単位 インフレ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月2日 20時40分
最終投稿日 2020年12月2日 20時41分
完結日 2020年12月2日 20時39分
文字数 154文字
読了目安時間 1分以内
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 雨上がりに僕らは駆けていく

    走り続けなければ、明日には辿り着けない

    11,200

    0


    2022年12月4日更新

    「隕石衝突の日(ジャイアント・インパクト)」 そう呼ばれた日から、世界は雲に覆われた。 明日は来る 誰もが、そう思っていた。 ごくありふれた日常の真後ろで、穏やかな陽に照らされた世界の輪郭を見るように。 風は時の流れに身を任せていた。 時は風の音の中に流れていた。 空は青く、どこまでも広かった。 それはまるで、雨の降る予感さえ、消し去るようで 世界が滅ぶのは、運命だった。 それは、偶然の産物に等しいものだったが、逃れられない「時間」でもあった。 未来。 ——数えきれないほどの膨大な「明日」が、世界にはあった。 けれども、その「時間」は来なかった。 秒速12kmという隕石の落下が、成層圏を越え、地上へと降ってきた。 明日へと流れる「空」を、越えて。 あの日から、決して止むことがない雨が降った。 隕石衝突で大気中に巻き上げられた塵や煤が、巨大な雲になったからだ。 その雲は空を覆い、世界を暗闇に包んだ。 明けることのない夜を、もたらしたのだ。 もう、空を飛ぶ鳥はいない。 翼を広げられる場所はない。 「未来」は、手の届かないところまで消え去った。 ずっと遠く、光さえも追いつけない、距離の果てに。 …けれども「今日」は、まだ残されていた。 それは「明日」に届き得るものではなかったが、“そうなれるかもしれない可能性“を秘めていた。 1995年、——1月。 世界の運命が揺らいだ、あの場所で。

    読了目安時間:16時間12分

    この作品を読む

  • ウェポンスピリッツは未来に継げる!

    近代戦×兵器擬人化の第三次世界大戦!

    21,210

    0


    2022年12月4日更新

    兵器、それは戦争の道具であり、人を殺す為に生まれた存在。 だが人は、そこにロマンを見出す。 空を翔ける鋼鉄の鳥に、海をゆく鋼鉄の城に、陸地を走る鋼鉄の騎馬に、終わることの無いロマンを見出す。 何故人は、戦争の悲惨さと共に、兵器の栄光、没落を語るのか。 それは、兵器が人に語りかけるからだ、自身の存在を忘れられないように、国防の意思を、未来の兵器に継げる為に。 戦争の炎は再び燃え盛る、燃やして、燃やして、燃やし尽くした先に残る灰は、一体何を残すのか それは、誰にもわからない。 厳しい批評、雑談に近いコメントなんでもウェルカムです!是非、思ったことや感じたこと、疑問に思ったことなど、お好きなようにかき込んでいってください。 感想、レビューコメント、お待ちしています!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間40分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ライブ配信!異世界転移!?

    ライブ配信者に巻き起こる体験を是非!!

    42,620

    2,061


    2022年12月3日更新

    ライブ配信をしている「ライバー」主人公「クロノ」に突然巻き起こる体験を皆様配信を見ている気分でお読みいただけたら幸いです! 是非お楽しみくださいませ!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還 ※改稿中!

    第四章開幕! 混沌の花の神は必見!

    1,546,389

    9,892


    2022年12月3日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 ※現在大規模な改稿中です! ※序章から1章までの文章・演出のブラッシュアップ、序章前の最後の戦いの章が追加される予定です。 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 ※各章話の予定はその項をご覧ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:40時間3分

    この作品を読む