文芸/純文学 短編 完結済

友達記念日

作者からの一言コメント

魔法香る、女子高生たちの百合物語

「──結華ちゃんの大切な人って、もしかして真乃ちゃんのことかしら?」  プレゼントを求めて立ち寄ったそのお店、魔法雑貨店の女店主は、私の考えを見事に言い当てた。  そう、真乃は私にとって大切な人。  学校で孤立気味だった私を救ってくれた、かけがえのない友達。  そして、いつでも私の隣で笑ってくれる唯一無二の親友。  普段はなかなか口に出して言えない想いを伝えるために、私はプレゼントに魔法を込めて、真乃に贈り物がしたい。  だって明日は、私にとって忘れられない大切な記念日だから…… 

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 友達記念日
作者名 nishinoya shogo
ジャンル 文芸/純文学
タグ 百合フェア2020 ほのぼの 女主人公 現代日本 日常 百合 魔女 魔法 尊い 女子高生
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月21日 3時36分
最終投稿日 2020年2月24日 19時30分
文字数 5,238文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 砂に沈んだ未来で人とロボットの織りなす話

    ♡1,000

    〇0

    SF・完結済・57話・291,735字 みやびつかさ

    2020年11月7日更新

    西暦3333年。 人間の過ちにより、地球上の大地は海水と砂嵐に沈んでいた。 人間は天候から守るドームと地下に逃れ、新たな人類、人型ロボット『マイド』と、マザーコンピューターHi-Storyによって管理された『台本システム』により、ひとびとは人口を大きく減らしながらも、からくも種を存続させていた。 世界各地に点在するドーム群でも、比較的規模の大きい0024番ドーム、通称『オリオン座』は隕石の衝突により天井部を損傷し、砂の被害によってひとびとは苦しんでいた。 天井の損傷をオリオン座存亡の危機と捉えた中央ドームは、若き女技術者アイリス・リデルを派遣する。 しかし、ドーム修理の障害は物理的な問題だけではなく、それに携わるひとびと、人間やマイドたちの織りなす蜘蛛の糸が複雑に絡み合ってできたものだった。 砂の舞台で演じられる奇妙なシナリオの数々。 修理のために奔走するアイリスは陰謀に触れ、次第に巨大な存在に飲み込まれそうになっていき……。 ※補足 本文中に演劇関連の用語を多用していますが、劇中劇オチではないです。 (2018年11-12月ごろに小説家になろうさんで連載していた完結作品です。短命だった某投稿サイトのコンテストでは最終選考までいってたり)

  • 変わらない形をあなたに

    ♡648,500

    〇18,767

    現代/青春ドラマ・連載中・50話・254,862字 兎禾

    2020年11月26日更新

    その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。 これから始まる私の物語の最初の一ページ。 ……その一行目。 彼女との出会いが私にとって大きな意味を持つ。 なんて、今の私は知る由もないのだけれど──。 私達を繋いだのは一枚の折り紙。 それは時を越え届けられた想いの形でした。 折り紙を通して織りなす少女達の群像劇。 彼女達が最後に見るその形とは……? 和の心と作法とその由来。 あたりまえだけど、知らないものがここにはあります。 四季織のいろは。 変わらない形を、あなたに── この作品は毎週月曜日と木曜日に更新致します。 コメントだけでも気軽に頂けると嬉しいです!!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る