文芸/純文学 長編 連載中

六線譜

Ash

作者からの一言コメント

完全新作。どこにも出してないものです。

読了目安時間:10時間13分

総エピソード数:476話

ありもしない。あってはならない。あり得ない話。虚像。 しかしながら、近い未来、起こりうる話。

総エピソード数:476話

総エピソード数:476話

作品情報

作品名 六線譜
作者名 Ash
ジャンル 文芸/純文学
タグ 障害 芸術 逆恨み 家庭内暴力 性被害 才能 集中力
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月6日 17時06分
最終投稿日 2022年9月27日 12時09分
完結日 -
文字数 306,286文字
読了目安時間 10時間13分
総エピソード数 476話
ブックマーク登録 9件
コメント 0件
スタンプ 666件
ビビッと 2件
応援ポイント 271,650pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 天秤にかかる5分

    天秤にかけられたその時間はあまりに、

    1,000

    0


    2022年9月28日更新

    座ってたら、知らないおばさんが隣に腰かけた。 足をぷらぷらさせて、サンダルが落ちそう。まるで子供みたいだ。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • アルソウムの双剣 The Swords of Arthoum

    大人向けの大長編異世界ファンタジーです。

    146,293

    187


    2022年9月28日更新

    【道しるべの歌】 イェビ=ジェミは将来を嘱望された優秀な歩兵だった。しかし中隊長として参加した会戦で親友が戦死したことをきっかけに軍を辞め、親友の最後の給料を遺族へと届ける旅に出た。旅の途中で出会った山賊の娘ブレイとともに連合王国の西の果てへと向かうイェビ=ジェミは、いつしかブレイに惹かれていくが…… 【ナナカマドの娘】 アレバ山の戦いを経て結ばれたブレイとイェビ=ジェミ。二人は首都ゼルワの下町で暮らし始める。傭兵として引っ張りだこの夫と自分を較べてつい不安になるブレイ。しかし居酒屋「銀陽亭」に集まる人々の応援もあり、ブレイは自分の居場所を見つけだす。 【星群】 長編エピソードの間に挿入される短編・中編群 【湖賊】 イェビ=ジェミがグアダムル騎士となって五年後。連合王国の南部に広がる巨大な湖で湖賊と呼ばれる盗賊の活動が活発化した。対策を話し合う国際会議が開催され、全権大使ウィルナはイェビ=ジェミとともにエマオ王国に赴く。その一行の中には傭兵見習いとなったファイスの姿もあった。ウアラプエの港で出会った不思議な少女イニシュアの示唆で更に南に向かったイェビ=ジェミとファイスは、ついに湖賊事件の真相を探り当てるが……

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間12分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 天獄のフェアトラーク

    救いたい! 助けたい! アークを!

    0

    0


    2022年9月28日更新

    ほんの悪戯だったんだ。なのに――。 堕天使となったアークを天上界に戻す……それが俺の目的だ! 天獄にはシエラがいて僕の為に犠牲になってくれるって。でも! 救いたいんだろう? なら! 手伝うぜ! 俺達がな! もう! 悪さはしないからさ! 助けてよ! じゃないとシエラが――。 死なせはしない! これは契約だ! 俺とお前の約束だ! 絶対に! これは堕天使のアークと出合った少年エルが天上界を目指す物語――。 ※1あらすじと本編に矛盾があるかも知れない。これも後で直します。 ※2主人公の口調が一致していない場合があります。気をつけてください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,500

    385


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏み込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む