連載中 長編

狂人ダイアリー ~大正浪漫幻想活劇~

作者からの一言コメント

大正ロマン×文学×異能力バトル!

舞台はロマンでモダンでデモクラシイな大正時代! 出版社の新人編集者・虎丸は、謎の同人雑誌で『狂人ダイアリイ』という小説を連載する幻想文学作家・八来町八雲に原稿を依頼するため意気揚々と東京までやってきた。 たどり着いたのは五人の小説家が暮らす怪しい洋館。彼らの書く文字には不思議な力が宿っており、虎丸は原稿と引き換えに怪異と闘うことになってしまう。 やがて、八雲に隠された秘密を知っていき──。 文字と言葉の異能力を操る小説家たちの大正ファンタジー! ※イラストは神風銀さまに描いていただきました。(★のついた話がイラスト入り) ※実在する作家や作品の名称も登場しますが、ストーリーに絡むものはすべて架空です。 ※マグネットマクロリンク、小説家になろうでも同時掲載中です。話の筋は変わりませんがこちらはかなり改稿が入っており、マグマク版とは構成や一部呼称、歴史ジャンルに合わせるため表記などが異なります。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報
作品名
狂人ダイアリー ~大正浪漫幻想活劇~
作者名
芥生夢子
ジャンル
歴史/時代
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年11月13日 16時15分
最終投稿日
2020年2月21日 17時00分
文字数
396,617文字
ブックマーク登録
83件
コメント/スタンプ
509件
応援ポイント
292,731pt
ノベラポイント
8,045pt
応援レビュー
3件