歴史/時代 長編 連載中

狂人ダイアリー ~大正浪漫幻想活劇~

作者からの一言コメント

大正浪漫 × 文学 × 異能力バトル!

少し不思議で、大正浪漫と文学の香りが漂う物語。 舞台は大正四年。 原稿依頼の初仕事を成功させるため、東京までやってきた新人編集者の主人公・虎丸。 謎に包まれた美貌の幻想文学作家・八雲に会えたはいいが、なぜか原稿と引き換えに怪異と闘わされてしまうことに。そのまま五人の小説家が暮らす怪しい洋館に居候することになってしまった。 彼らの書く文字には不思議な力が宿っており、次々と怪現象が起こっていく── 文字と言葉を操觚《あやつ》る小説家たちの、異能力バトル&和風ファンタジー! ※イラストは漫画家の神風銀さまに描いていただきました。(★のついた話が挿絵入り) ※実在する作家や作品の名称も登場しますが、ストーリーに絡むものはすべて架空です。

前へ

次へ

作品情報

作品名 狂人ダイアリー ~大正浪漫幻想活劇~
作者名 芥生夢子
ジャンル 歴史/時代
タグ 大正時代 アクション/バトル 男主人公 和風 和風ファンタジー 異能力バトル イケメン 妖怪 文学小ネタ 男の娘 八王子 もふもふ
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月13日 16時15分
最終投稿日 2020年12月27日 20時50分
完結日 -
文字数 478,980文字
ブックマーク登録 149件
コメント 427件
スタンプ 1,013件
ビビッと 138件
応援ポイント 895,726pt
ノベラポイント 23,031pt
応援レビュー 5件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 父と子で母親を連れ戻しに行こう!

    ♡2,500

    〇0

    歴史/時代・連載中・3話・3,592字 ちょろけ

    2021年1月19日更新

    平安なる御代、京から少し離れた屋敷に、幸せいっぱいの家族が住んでおりました。 何不自由なく暮らしていたはずなのに、ある日母親が失踪します。 「僕」と父親は五里という、当時にしてはそれなりの道のりを辿り、のんびりと、のんびりと、母の実家を目指します。 平安時代が舞台の童話です。 子どもの視点なのであまり難しい言葉は使いません。

  • 異形の妖かし怪夷を巡る乙女達の物語

    ♡88,200

    〇0

    歴史/時代・連載中・30話・111,842字 夜桜恭夜

    2021年1月19日更新

    歴史改変×和風スチームパンク×ダークファンタジーここに開幕! 時は19世紀末。鳴治の時世。 鎖国をせず、英国との貿易が盛んだった日ノ本は、江戸を中心に蒸気大国としての地位を確立していた。 しかし、1868年。×月×日。世界同時多発的に発生した大災厄により、江戸は壊滅の憂き目に遭う。 江戸の街は一夜にして屍の街と化し、江戸の地を中心に沸き出すように現れた異形、『怪夷(かいい)』により、日ノ本は未曾有の混乱へと陥った。 時の帝は怪夷を鎮めるため、古来よりの術士達を集め、防衛軍を整備。京の都を『帝都』と改めて首都とし、更に大阪を『逢坂(おうさか)』と改めて国の防衛拠点として新たな政府を設立して対応した。 帝により結成された防衛軍、怪夷討伐軍により、怪夷による混乱は10年程で収まり、人々は街に結界を張り、怪夷と戦うために忘れ去られていた術式を身につけ、以前と変わらぬ生活を取り戻して行った。 だが、怪夷による脅威はなくなることなかった。 帝都を護るための最重要防衛都市としての役割を担いながら、蒸気産業と観光業、商業の大都市として発展し始めていた逢坂は、市中に現れる怪夷を討伐する為の職業を整備する。 大災厄が起こってから十五年後。 逢坂の街には政府公認の裏家業『執行人』として闇に紛れて怪夷を狩るうら若き二人の乙女、九頭竜莉桜(くずりゅうりおう)と秋津川雪那(あきつがわゆきな)がいた。 故郷の里を何者かによって滅ぼされ、怪夷を唯一滅する事が出来る聖剣の使い手の莉桜と、外交官の娘で呪符遣いの雪那の二人はある目的を胸に抱き、仲間達と共に昼は旅人の案内をする案内人、夜は執行人として市中に蔓延る怪夷を狩るべく、逢坂の街を駆け抜ける。 乙女達の生き様を須らく見よ。 この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 一部史実に準ずる部分があります。 毎週日曜、火曜、20時更新 HJ大賞応募予定作品です。 表紙イラスト:illustration by 野天初風様 ※無断転載禁止※