文芸/純文学 長編 連載中

結―ユウー

作者からの一言コメント

現役介護士が、介護士の日常を描きます。

読了目安時間:5時間47分

「新卒の子を一人前にすることができたら、辞めて良いわよ」 『給料が低い』『割に合わない』――。 そんな思いから辞職を申し出た浩司に、上司はそう言った。 春、介護に夢を抱く新卒社会人、駿介と、介護の厳しさを知る介護士、浩司が出会う。 二人の出会いが、お年寄りたちの運命を変えていく。 重度の認知症を患うお年寄りとのコミュニケーション……。 お年寄りの送り迎えを行う『送迎業務』の難しさ……。 お風呂嫌いなお年寄りとの闘い……。 人手不足と言われる介護職の日常を、現役介護士が描きます。 ※残酷な表現等はなるべく避けますが、『介護』が苦手な方はご遠慮ください。 ※作者が介護支援専門員資格(ケアマネ試験)受験のため、しばらく休載させていただきます。申し訳ございません。 試験終了後、また更新させていただきます。 (小説家になろうでも公開中です)

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 結―ユウー
作者名 初雪奏葉
ジャンル 文芸/純文学
タグ 介護 福祉 介護職 人間ドラマ 認知症 シリアス お仕事 心と身体フェア ほのぼの 成長 老い 尊さ 高齢者
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月18日 15時41分
最終投稿日 2021年6月18日 19時07分
完結日 -
文字数 173,326文字
読了目安時間 5時間47分
ブックマーク登録 30件
コメント 38件
スタンプ 232件
ビビッと 16件
応援ポイント 124,289pt
ノベラポイント 690pt
応援レビュー 2件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 苦めアイスコーヒー 1杯1万円

    夏の5題マラソン、4週目です

    800

    0


    2021年8月1日更新

    その喫茶店には裏のメニューがある。苦めアイスコーヒー、一杯1万円。この特別なアイスコーヒーには小さな力があって飲みたがるお客が絶えることはない。 甘すぎる人生には苦味が必要だ。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 四季織のいろは

    折り紙で織りなす新しい文芸青春物語

    6,300

    0


    2021年8月1日更新

    ──夢見月にキミ想ふ。それはあの日私が出会った一冊の古い本。その中で彼女が最後に折った折鶴、それは千年の時を越えて現代に届けられた変わらぬ愛のかたちでした──高校最後の夏のある日、私は一人の女生徒と出会う。その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。私達を繋いだのは一枚の折り紙。四季と短歌、日本文化で紡がれる色鮮やかで美しい世界観と、折り紙を通して描く心の成長物語。四季織のいろはをどうぞお楽しみ下さい。 ※【春】編は毎日更新します。 ※ファンの皆様へ。今回はこのまま続きと冬編まで書いて行きます。 ※ポイントは入りません。(コメントは貰えたら嬉しいかも) ※ご意見、ご感想、誤字報告お待ちしております。

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る