異世界ファンタジー 長編 連載中

白銀の戦士~一度世界を救ったのだから今度は気楽に生きていたい~

作者からの一言コメント

人を護る、その為に生まれてきたはずだった

読了目安時間:6時間7分

総エピソード数:69話

かつてその身を呈して世界を救った男、クロム 体の大半を失いながらもたどり着いたのははるか遠い別の世界 「人々を救う」そのために生きてきた男は新たなる地で何を想い、何を成すのか 全ては彼の思うがままに

総エピソード数:69話

作品情報

作品名 白銀の戦士~一度世界を救ったのだから今度は気楽に生きていたい~
作者名 早乙女了
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 男主人公 転生/転移 魔術 SF要素あり 魔獣 第3回HJ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2022年11月16日 21時58分
最終投稿日 2023年1月29日 17時08分
完結日 -
文字数 183,515文字
読了目安時間 6時間7分
総エピソード数 69話
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 赤い流星

    主人公は凄腕付与魔法使いです。

    1,704,950

    5,331


    2023年2月6日更新

    ヘルメット、マスク、そして赤い軍服。 幸か不幸か、偶然この服を手に入れたことにより、波乱な人生が幕を開けた。 これは、異世界で赤い流星の衣装を一生涯着続けることになった男の物語。 ※服は話の流れで比較的序盤に手に入れますが、しばらくは作業着生活です。 ※多種多様なヒロインが数多く登場します。 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムにも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:41時間29分

    この作品を読む

  • バーボチカの冒険 ~激震のフロンティア~

    英雄少女よ、フロンティアを守れ

    84,900

    216


    2023年2月5日更新

    リョート島、古代に栄えた帝国ヤーポンの最北端に位置する孤島。 この国ではかつて、戦争があった。三百年以上も内戦が絶えなかったこの国はある時、天変地異によりこのリョート島のみを残して深海に沈んでしまう。 原因はある軍閥が用いた禁術によるものとも、不毛な戦で大地を踏み荒らされたことに怒った神の裁きとも言われているが、その真相を知るものはもう誰もいない。 かつて人間達に迫害された魔物達が逃れ、命の営みを紡ぎ続けるこの島に今、侵略の手が迫りつつあった。 人類の進出圏を広げるために開拓者が来るまで一か月。 この島に有望な英雄が現れた。彼女の名はバーボチカ。自分よりもはるかに巨大な大男を知略により一人で撃退。 それを聞いた妖精の王は彼女を連れて侵略者を討つための旅へ出ることを決意。 妖精の王に選ばれた少女バーボチカは故郷を守るため過酷な旅へ出ることになる…… 表紙はファル様から頂きました。いつも素敵な絵をありがとうございます。 【再公開のスケジュールに関して】 現時点では20話まで改稿が終了したため、20日後の2/6まで午後8時40分頃に毎日更新します。 黒い★マークがついているエピソードは新規カットがあるエピソードになります。過去原稿既読の方は読み返す際に参考にしてください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間54分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私、メリーさん。今、あなたと色んな物を食べているの

    特に、お味噌汁と唐揚げが好きなの

    251,677

    2,508


    2023年2月5日更新

    「私、メリーさん。今日、不思議な人間に出会ったの」 都市伝説であるメリーさんが出会ったのは、背後に立っても慄かず、一杯の味噌汁を差し出してきた人間。 その味噌汁を飲んだメリーさんは、初めて食べた料理に衝撃を受け、もっと色んな料理を食べてみたいと願い始めた。 片や、毎日を生き延びるべく、試行錯誤を繰り返す楽天家な人間。 片や、ただ料理を食べたいが為だけに、殺す事が出来ない人間の家に毎日現れる都市伝説。 互いに嚙み合わないずれた思考が平行線のまま続くも、一つの思いだけが重なっていく日常。

    読了目安時間:8時間7分

    この作品を読む

  • wink killer もし、ウィンクで人を殺せたら――。

    たとえ君を忘れて、悲劇を繰り返しても。

    789,300

    1,640


    2023年2月5日更新

    もしウィンクだけで人を殺せる力を手にしたら、貴方はその力、何に使いますか。 誰かを守るため? 自分を守るため? それとも――憎い相手を、殺すため? ☆★☆ 別れたはずの元恋人に殺されかけ、死の間際にあったある一人の女子高生。 彼女が手に入れたのは、右目を瞑ることで人を殺めてしまう事ができる、wink killerと呼ばれる死神の力だった。 「この力は、大切な人を守るために使う」 彼女はそう誓い、大切な者を守るために生きると決めた。 ――はずだった。 ※小説家になろうにて前編完結済の作品の、リメイク版になります。 ※素敵な表紙絵は瑞樹くりむ様(@773_cream)に作成していただいたものになります。著作権は瑞樹様にあり、画像は小説表紙として使用許可を頂戴しておりますので、無断使用・無断転載はお控えください。 ※この作品には、本編ラストにハッピーエンド保証が付いています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間24分

    この作品を読む