現代/その他ファンタジー 長編 連載中

妖魔師(表紙あり)

作者からの一言コメント

人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

 月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。    人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。    人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】  狐の半面に、輝く白銀の髪。  反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。  それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。  風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。  夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。  怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 妖魔師(表紙あり)
作者名 ぷりん頭
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 妖魔師 怪魔 妖魔 白狐 妖魔師シリーズ 妖怪 ファンタジー ローファンタジー 和風ファンタジー HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月28日 12時00分
最終投稿日 2021年1月20日 17時56分
完結日 2020年9月21日 19時00分
文字数 211,667文字
ブックマーク登録 45件
コメント 4件
スタンプ 174件
ビビッと 0件
応援ポイント 126,300pt
ノベラポイント 3,850pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 連載再開。QB中間選考通過、少女の成長記

    ♡32,146

    〇110

    異世界ファンタジー・連載中・27話・87,421字 五色ひいらぎ

    2021年1月21日更新

    実の父によって、銀貨二十枚で人買いに売られた少女アリサ。 東方王国の「万象の闘士」たちに救出された彼女は、内に眠る類稀な「力の器」を見出され、王国に迎えられる。 だが、十六年の生のほとんどを無力な村娘として生きてきた彼女が、闘士としての魂を身につけるのは容易ではなかった。 人とぶつかれば謝り倒し、銀五十枚のドレスを見れば「自分の安さ」に落ち込み、なにもできない自分を嘆くアリサ。 そんな中にあっても、修行の日々を経て、身の内に眠る力は目覚めていく。 身体の芯で熱く滾るなにものかに、アリサの若い身体は疼いて…… 元奴隷の無気力ネガティブ思考少女が、戦士としての力と自覚を得ていく過程を描いた長編ハイファンタジー。 「心の綺麗な人には見えない」系お色気要素も随所に盛り込んでおります。 ええこれは、天地に満ちる万象の力ですよ。なんにも妖しくありませんってば! ※復讐要素・ざまぁ要素はありません※ ※成り上がりものとも多分ちょっと違います※ 表紙画像: Morguefile.com http://mrg.bz/2b1f62

  • 誰かが――哭いている

    ♡90,500

    〇913

    現代/その他ファンタジー・連載中・20話・50,999字 谷識大河

    2021年1月17日更新

    人外の霊的脅威が日常となった世界は、大歴1020年を迎え更なる混迷期へと突入する。 5年間の留学を終え、アイライン王国から九十九皇国へと帰国した天才気導師――真金心治は留学前に保護者となっていた堂島と再会する。 九十九首府の霊的治安を取り締まる霊安局へと入った真金は、幼馴染の巫帯葉子、同い年の久遠雷矢と同僚となり、堂島を課長とした霊安局捜査部第六課が正式に発足された。 若き天才、鬼才で構成された第六課は、突発的に出現する無数の霊魔の討伐が主な役割ではなく、悪辣非道な霊事件や呪いをばら撒く外導師の捜査と排除を専門とする少数精鋭の特殊部隊だった。 霊魔、外導師、呪い、妖魔――そして哭神 霊異が人を蝕み、そして生まれた負の感情を餌に世界の病みはより深まる しかし気導師たちが絶望することはない。いや、絶望すらも受け入れ、前を向こうとするだろう。 誰かが――哭いている その事実が彼らの歩みを鈍らせない 作品は割と硬派な感じですが、イラストやゆるめの外伝なんかを挟みつつまったりやっていければと思ってます。 本作は基本的に日本に似た異世界の国――九十九を舞台としております。実在の人物や団体などとは一切関係ありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る