詩/短歌 短編集 完結済

歌詞集『living loving』

作者からの一言コメント

小さな部屋で生まれた歌がありました

こちらは、今まで作った自分のための歌の歌詞を集めたものになります。 (余談ですが、全てメロディがついています。) 10代から詩を書き留めていましたが、 上京する一年前から音楽学校在学中の約三年間、拙いながら『歌』という形にこだわっていた時期があり、 多くはその頃に書いたもので、いくつかは弾き語りをしていた去年に書いたものです。 今後しばらく演奏されることはないので、 私なりの思いの言葉を、今は詩として目だけでお楽しみいただければ、と思います。 歌を作り始めた頃から、人の生活や感情に寄り添い、背を押せるような歌をたくさん書きたい、という思いが強くなりました。 『living loving』はそんな曲のタイトルです。 全英語詞のものがありますが、 先にメロディがある中で探した 英語の話せない素人の感覚英語なので、 大体訳詞のようなことがいいたかった、と 伝わるように訳詞も一緒に載せています。 現在は短歌がメインなのですが、いつも拙作を読んでくださる方には 大切なこちらの作品群もぜひ見ていただけたらなと思い、投稿させていただきます。 小説家になろう様でも同名で歌詞集を公開していますが、 そちらには含まれないものも掲載しております。 また、小品集『詩人が旅と出会うまで』の歌の章には、こちらに含まれない2作品を掲載しておりますので、よろしければそちらも覗いていただけますと幸いです…! ※2020/9/20 完結しました!  最後までお付き合いくださり、ありがとうございました…! 【最高成績】 ◆総合ランキング  週間 1位  月間 1位 ◆短編小説集ランキング  週間 ・月間 1位     年間 8位     累計 9位 ◆詩/短歌ジャンル  週間・月間 1位  年間・累計 1位  10,000PV突破しました…!  皆様のおかげです…!ありがとうございます!m(_ _)m

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 歌詞集『living loving』
作者名 s.h.n
ジャンル 詩/短歌
タグ 歌詞 歌詞集
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月1日 15時47分
最終投稿日 2020年9月20日 17時00分
文字数 21,898文字
ブックマーク登録 51件
コメント 253件
スタンプ 538件
ビビッと 5件
応援ポイント 369,030pt
ノベラポイント 23,767pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 優しいお姉さんは好きですか?

    ♡2,442,350

    〇11,650

    異世界ファンタジー・連載中・385話・2,065,967字 月ノ宮マクラ

    2020年10月25日更新

    【書籍化決定! 10月22日発売しました♪】 【第1回ノベルアップ+小説大賞、入賞いたしました!】 優しいお姉さんは、好きですか? 事故で死んでしまった主人公は、異世界の森に、子供の姿で転生してしまいました。 そこで偶然、出会った美人冒険者イルティミナは、とても優しいお姉さんで、幼い主人公のことを心配して、守ってくれるようになります。 そして2人は、一緒に森を脱出することになります。 お姉さんの仲間と出会い、また多くの人たちと触れ合いながら、やがて、彼は広い世界を知ることになるでしょう。 そして、お姉さんたちと共に、その広い世界での冒険の日々が始まるのでした――。 ※この作品は『小説家になろう』様でも公開しています。 ※旧題『転生マールの冒険記 ~優しいお姉さん冒険者が、僕を守ってくれます!~』 ※活動報告として『月ノ宮マクラの活動報告』を始めました。こちらでは書籍化情報などお知らせしていきます。(作者名をクリック、作品一覧の中からご覧になれますよ)

  • アブノーマルおっさんとふわふわっ子。

    ♡35,125

    〇140

    恋愛/ラブコメ・連載中・31話・62,078字 御 一

    2020年10月23日更新

    薄荷の飴は、好きでなければ食べようとは思わない。好きでなければ探しもしないし、延々に、戻すことになる。 あの味は少し、癖があるから。 ある日手に入れたのは薄荷色をした人間だった。 元、人間。現、捨てていかれた、ペット。 捨てて行ったのは派手なスーツの、ぐねぐねと動く金髪の男。 昔喧嘩で蹴られてピンヒールが刺さってあばらを折った相棒。 店に通い始めた美人。 この男が「ハッカ」という名である以外は知らない。 それも本当の名前かは知らない。 ※そこの男達にハッカ・シズオ君・リョウジ君のイラスト有 ※▲がついている場所は性表現あり ※アブノーマルな愛し方をする人達が飛び出ます ※BL/性表現有り/R15/ふわっとしたお話 ※こちら以外一カ所にも公開中

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 素直になり切れないけどホントはね

    ♡31,400

    〇60

    詩/短歌・連載中・132話・32,127字 真朱マロ

    2020年10月25日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    タグ:

    詩集

  • たまにはこーいうのもね

    ♡100

    〇0

    詩/短歌・連載中・8話・3,215字 辿星あれき

    2020年10月25日更新

    ポエムをてきとーに不定期更新(再々変更)。更新されなくなったら察していただけたらなと。それも星の曖昧さみたく思ってくれたら。 セルフレイティングは念のため全部ONにしてます。