異世界ファンタジー 長編 連載中

十三妹無双

作者からの一言コメント

中華風異世界ファンタジーです

 文学賞の賞金を獲得して満漢全席を食べるぞ! ダメだ! 落選した!  しょうがない、よく行く中華屋で満漢全席モドキでも食べるか……。  やけ食い気味に食べに食べ、豚足の食べ過ぎで死亡したひとりの青年は見かねた仙人の手で憧れの中華世界に転生した。  仙人の粋なはからいによるものか、可憐な乙女の姿となって――。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 十三妹無双
作者名 忠行
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 女主人公 中華風 転生/転移 異能 チート ハーレム 百合 伝奇 妖怪 仙人 武侠
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年4月21日 7時14分
最終投稿日 2021年1月9日 19時24分
完結日 -
文字数 147,641文字
ブックマーク登録 25件
コメント 9件
スタンプ 66件
ビビッと 10件
応援ポイント 68,500pt
ノベラポイント 1,750pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

    ♡129,700

    〇3,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・62話・215,936字 ぷりん頭

    2021年1月23日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡529,150

    〇3,598

    SF・連載中・85話・485,038字 新星

    2021年1月24日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 王子と呪いの主とひな鳥と

    ♡5,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・15話・32,194字 今晩葉ミチル

    2021年1月26日更新

    ブレイブ王国の王子カームは、ひな鳥の鳴き声を聞く。 その声を追っていくと、倒れている人を見つけた。怪我をして、気を失っている。 その人物こそ”呪いの主”ルーインであった。 ルーインは絶大な力の持ち主で、ブレイブ王国を壊滅させる心づもりがある。 しかし、ひょんな事からカームはルーインとある約束をする事になる。 ※ひな鳥のおかげで全体的にほのぼのとしていますが、時々ダークな雰囲気になります。

  • 難しい事は抜きにして楽しんで書きました

    ♡149,101

    〇1,760

    異世界ファンタジー・連載中・77話・199,981字 黒井森之亮

    2021年1月26日更新

    【一話2000〜3000文字、すぐに読めます】 おバカが領内世直しの旅に出る。 商家の息子であるアルは今年15歳。離れに一人で暮らして居たが、水晶が光った事で貴族に買われる事になった。だけど、適性検査で出た結果は完全に脳筋、知力の適性はまさかのE判定。 うん? 僕がバカな事はなんとなく知ってたよ。 はい、優秀な義理の兄の右腕になる為に学問は向かないので、とりあえず僕は領地に行って領民の話を聞いて回ります。 だけど、行く先々の街はさまざまな問題を抱えているし、なんか知らないけど魔獣達も大変みたいだね。うん、難しい事は分からないけど、僕が出来る事なら手伝うよ。 おバカな少年の領内世直し旅の始まり、果たしてバカでも世直しは出来るのか? 兄の右腕になり得るのか? 自由なのんびり旅が今開幕する。 ※カクヨム、なろうにも投稿してます。