ホラー 長編 連載中

ボーイ・イン・ザ・ミラー

作者からの一言コメント

半引きこもりの奇妙で恐ろしい体験

 結婚を考えていた恋人に裏切られたショックと、職場でのパワハラが原因で半引きこもり状態となった、緋山(ひやま)ケイ。  ある日、妹のアイリに連れ出され、閉店セール中のショッピングモールに足を運んだケイは、高校時代の同級生で、在学中に亡くなった木宮光雅(きみやこうが)が壁鏡に映っているのを目撃する。  それ以来、ケイの周辺では奇妙で恐ろしい出来事が相次ぎ、光雅もまた度々鏡の中に姿を現すようになる。  光雅は何かを伝えたいのだろうか。一連の出来事と関係しているのだろうか。それとも……。 ※他投稿サイトでも公開しております。 ※矛盾点や誤字脱字、その他変更すべきだと判断した部分は、予告・報告なく修正する事がございますのでご了承ください。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ボーイ・イン・ザ・ミラー
作者名 園村マリノ
ジャンル ホラー
タグ 女性主人公 恋愛要素あり 日常 怪異
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月6日 21時30分
最終投稿日 2021年1月25日 21時30分
完結日 -
文字数 47,995文字
ブックマーク登録 10件
コメント 1件
スタンプ 40件
ビビッと 0件
応援ポイント 15,700pt
ノベラポイント 90pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 江戸川乱歩の怪人二十面相、面白いよね。

    ♡38,700

    〇150

    ミステリー・連載中・34話・101,593字 だるっぱ

    2021年1月25日更新

    舞台は1981年。 ひょんなことから隣に住む貴子お姉さんから怪人二十面相の本をもらった。 小林少年の活躍にハラハラドキドキする僕。 僕も小林少年みたいになれるかな。 謎を読み解いていく少年の冒険物語。 ※2021年1月19日 ファイル1ー貴子 加筆・修正を行いました。 ※2021年1月20日 ファイル2ー譲治 加筆・修正を行いました。

  • 人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

    ♡129,700

    〇3,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・62話・215,936字 ぷりん頭

    2021年1月23日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 毒リンゴをもらって始まる異常な日常

    ♡8,700

    〇0

    ホラー・連載中・34話・94,109字 日向はび

    2021年1月26日更新

    隣人がサイコパスでした。 表屋空は【オトギリ荘】302号室に入居した。 隣人からリンゴの差し入れを断わった。 翌日、向かいの家のおばさんが、毒リンゴを食べて死んだ。 表屋が出会うアパートの人々はどこか不思議な人ばかり。 毒殺魔に殺し屋に、奇妙な管理人。唯一まともを自称する表屋だが、彼にも秘密がある。それは兄に関することで……。 これは、あるアパートに住む人々の異常な日常の物語。 「【オトギリ荘】がどんなアパートか? 住んでみれば分かるよ。君が住める人ならね」 ※若干のグロ描写、ホラー描写あり ※小説家になろう、カクヨムにて重複掲載中 ※ラブコメあり? 【オトギリ荘】に住む彼らは、例えば毒殺魔、例えば殺し屋、例えばハッカー、例えば屍体愛好家、例えば霊媒師、例えば呪屋、そして例えば快楽殺人者である。 ※イラストは自作です

  • 短編胸クソホラー。アナタも気を付けて……

    ♡100

    〇0

    ホラー・連載中・2話・6,837字 Tusk

    2021年1月26日更新

    いつか私は、爆発するかもしれない…… いつか私は、誰かを傷つけてしまうかもしれない…… 果たして、私はずっとマトモでいられるのだろうか……? どこかでそんな不安を抱いている人間は、案外と少なくないのではないか。 その不安を抱かせるのは、頭の中に存在する "決して引いてはならないトリガー" 。 本作は、不意にその "トリガー" が引かれるに至ったエピソードを語る、単話型の胸クソホラー。