童話/絵本/その他 短編 完結済

顔巣

作者からの一言コメント

大変読み難くなっております

読了目安時間:3分

総エピソード数:1話

 やまなし! オチなし! 意味すらなし! な顔文字達のおかしな掛け合いをお楽しみいただければ幸いです。  (´д`|||)「あらすじっスね」  ( ´-ω-)「あらすじと言うよりも紹介文じゃな」  (・x・)「本文にて真の姿を刮目せよ!」  (=゚ω゚=)「進化にするゃ!」  ( ´ー`)っ🎬

前へ

1-1

次へ

  • 投稿日2021/11/24 1:13 文字数1,517文字

前へ

1-1

次へ

作品情報

作品名 顔巣
作者名 野上
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ 顔文字多数 ありがとうノベプラ ノベプラオンリー 3段表記
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年11月24日 1時13分
最終投稿日 2021年11月24日 8時58分
完結日 2021年11月23日 22時34分
文字数 1,517文字
読了目安時間 3分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 3件
コメント 4件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,230pt
ノベラポイント 2pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 三十秒で華麗にオチるショートショート

    物語がオチるまで、あと三十秒。

    30,301

    196


    2021年11月30日更新

    星新一賞受賞者のショートショートが毎日読めるのはノベルアップ+だけ! すべてオリジナルですが、既に似たような話が存在したらごめんなさい。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • ひとくちセリフ劇場

    「セリフだけ?」「しかも140字」

    1,446,030

    6,658


    2021年11月30日更新

    【予告編】 「聞きたいか?」 「『語りたい』の間違いじゃないのか」 「身も蓋もないな。風情って言葉、知ってるか?」 「あれは滲み出るものだ。あからさまにひけらかすもんじゃない」 Twitter企画『#ふぁぼされた数だけ存在していない自分の作品から一文や台詞を抜き出して紹介する』でご好評いただきましたセリフ劇をまとめました。 表紙は 入鹿なつ 様よりいただきました。

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【陰陽寮の愉快な仲間達がAI・アプリで怪異を解決だ!!〜鬼喰いの浄鬼師編】

    近未来テクノロジーと陰陽道の融合!!

    68,000

    644


    2021年11月29日更新

    2021.10/15 現代ファンタジーランキング。 日間1位!! 総合ランキング 日間4位!! 皆様、いつも応援ありがとうございます!! ~近未来技術と陰陽道が融合した現代でのお話~ 怪異現れる時、スマートフォンが勝手に喋りだす。 ――『ヨッキーだよ。 妖気を感知したよ! 助けが必要かい?』 ――『怪伐隊(かいばつたい)に出動依頼を発信したよ。続いてアプリのインストールを開始するよ』 スマホバッテリーを消費し防御結界を展開。 危機回避までをナビゲート。 そして現れる『六壬神課 怪伐隊』 自分達の事を『陰陽師』と名乗る。 様々な怪異に遭遇した者が書き込む掲示板アプリ。 主人公である鬼束 桃眞(おにづか とおま)と愉快な仲間達が、人々のSOSに駆け付け『怪異』を討伐する怪伐隊となり、一人前の陰陽師へと成長してゆく。 不思議がいっぱいの陰陽師の世界で、ドタバタ寮生活を楽しんでみませんか? ジャンルは、ホラーバトルファンタジーです。 週一更新を目指して、執筆してまいります。 作品の雰囲気としては、本筋のストーリ―はありつつも、短編連作形式も混ぜて怪異事件を解決していきます。 イケメン比率が高いですが、その分美少女が多いです。(史実でも陰陽寮は女人禁制だった為) ミステリーサスペンス的な雰囲気もありますが、全体的にはコミカルで明るい雰囲気です。 ※鬼喰いの浄鬼師からタイトルを改名致しました。(2021.11.8) (掲載サイト:なろう・ノベプラ・カクヨム・アルファポリス)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間39分

    この作品を読む

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

    455,750

    1,900


    2021年7月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間34分

    この作品を読む