恋愛/ラブコメ 長編 完結済

読書キャンペーン開催中!

男装魔法師団団長は、第三王子に脅され、惚れ薬を作らされる

作者からの一言コメント

男装女子×猪突猛進王子 恋愛コメディー

読了目安時間:2時間44分

総エピソード数:67話

クールで合理的、女っぽさ皆無の男装魔法師団団長と、婚約者を振り向かせたい年下王子が惚れ薬をつくるために頑張ります。平和な異世界ファンタジー恋愛コメディー。八万字ほどで完結します。

総エピソード数:67話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 男装魔法師団団長は、第三王子に脅され、惚れ薬を作らされる
作者名 ふさふさしっぽ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ コメディ 男装女子(女性) ハッピーエンド イケメン王子 ファンタジー ほのぼの 女主人公
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年12月18日 15時06分
最終投稿日 2022年1月23日 10時11分
完結日 2022年1月23日 11時20分
文字数 82,163文字
読了目安時間 2時間44分
総エピソード数 67話
ブックマーク登録 9件
コメント 17件
スタンプ 165件
ビビッと 5件
応援ポイント 53,050pt
ノベラポイント 125pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ドラグーン・サガ てんぷれ騎士団 ~追放された王子は悪役令嬢になるかも。ざまぁすべきか、百合すべきか、それが問題だ。

    陰キャ王子、ついに…女の子になってしまう

    52,500

    0


    2022年5月29日更新

    王子ルディは剣術も乗馬も苦手で社交的でもない陰キャであるが、 城の地下に小さな『ダンジョン』をこつこつと作るのが上手だった。 チートも持たない主人公の特技は、『ダンジョン』作りと、 絶世の美女といわれた母ゆずりの美貌を活かした『女装』だけ。 追放されそうになった王子は『超兵器ドラグーン』を持ち、 家庭教師の美少女ナーシアたちとダンジョンに立てこもった。 こまった王は、腕利きの傭兵剣士ライムを召喚すると 王子と『超兵器ドラグーン』を取りもどすように依頼する。 さらにダンジョン内部で不測の事態が起きていた。 すべてのモンスターや人間を抹殺するという 『ダンジョン駆除システム』が作動していたのである。 ナーシアは愛する王子を守りきれるのか。 ライムは依頼を果たすことが出来るだろうか。 ルディ王子は地下迷宮の奥底でなにを想うのだろう。 そして、ルディは……ついに『女の子』になってしまう。 悪役令嬢に生まれ変わる、元・陰キャ王子の物語。 ※ ハンバーグ、スパゲティ、ケチャップランチ、プリンと美味しいものを 少しずつ食べられる お得な『お子様ランチ』のような作品をめざしています。 「ダンジョン」、「ざまぁ」、「TS」、「戦記」、「バトル」など 流行りのものから古今の名作パロディまでてんこ盛り。 サクサクと気軽にお楽しみ頂けるかも。 ※テンプレの規定どおりには進みません。 ※TSが苦手な人は、ご注意ください。かなり強烈なTS展開もあります。 ※セルフレーティングは念のため設定しただけで、比較的、平穏な作品です。 ※カクヨムに別バージョンで掲載してます。少し内容が異なります。 表紙イラスト : Adobe Stock ライセンス取得済

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • 異世界の果てで愛を謳う

    空気の読めない男は『見える』ようになった

    88,300

    1,100


    2022年5月29日更新

    うた─う【謳う】:人の注意や興味を引くために長所・効果などを強調すること。 女には『言って欲しい言葉』というものがある──。 恋人にこっ酷くフラれた俺を、親友がそう言って慰めてくれた夜に、俺はトラックに突っ込まれて死んだ。 俺は空気が読めない。感情の機微が分からない。告げられてもいないのに『言って欲しい言葉』なんて気づけない。 じゃあ、気づける力でもあれば、人生変わったのか? 勝手にトラック突っ込ませて、俺の現世での余生を奪った女神は何か『チートスキルあげるから魔王を倒せ』だの言ってたが知ったことか! 俺はこの『言って欲しい言葉が分かるスキル』で百人斬りをするっ! その先に、親友の言っていたような幸せと安らぎが本当にあるのか確かめる為に── 俺は、この異世界の果てで愛を謳う。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む