セカイの果てのハテまでキミと共二誓ウ

読了目安時間:9分

四話:ぬくもりに包まれて

  王女が三歳の頃。  中央軍のワイバーン部隊と魔法士部隊の混成部隊による襲撃が行われた。  拠点の視察という目的で首都セアンから、東国の境界線近く——拠点ウェハリダリダでの話だ。当時の国王陛下、王妃殿下、そして王女を守る為に戦っていた北国の兵士達であったが、当時率いていた中央四将、紅の力にあっけなく敗北した。 紅は北国の兵士にお構いなく、王女を連れ去って撤退していった。  王女の思い出という思い出は、ここまでで。  まだ幼い王女にとってそれは両親との楽しく幸せな思い出よりも、攫われてからの生活が長いのは火を見るより明らかである。  はじめこそ抵抗した記憶はあった。 それも叶わず。  時が過ぎるにつれ諦めを抱いく。 流されるがまま、あるがままに身を委ねた。  痛い、痛い、痛い。  苦しい、死ぬ、死ぬ、死ぬ。  何度も繰り返した事だろう。  歯を喰いしばって我慢しても、拭えない。  実験。監禁。食事。  毎日はそれの繰り返し。  月、年が流れようとも変わりはしない。いや、王女にとっては既に何の月で何の日なのかというのはもうどうだってよかった。  自分がどんな実験に利用されどうなろうとも、どうする事も出来ていないなら意味はない。  でも、いっその事ならば早く楽になりたい。  王女は自殺の手も考えていた。しかし、それも叶えてはくれない。  王女は思考するのをやめた。  表情や心からも感情が抜け落ちていった第一歩である。 「聞こえる?返事、出来るかな」  ——既にそのような状況の王女に、檻の外に見慣れぬ青年が現れた。幸か不幸か、王女とて長年地下室にいればおおよそ出入りする人間の声や顔を覚える記憶力くらいは残っている。 この人物の声は聞いた事がない。もしかしたら新しい人なのだろうが、自分には関係がない。 王女はそのまま頭をぐったりと下に下ろしたままの状態を保った。前髪の長さに隠れ、姿も視界に入らない、否、入れようとする気も起きない。  だというのに、この声は王女に声をかけ続けた。 「……二十日欲しい。二十日後に、俺は必ず、君を迎えに行くから」  声色が今までの誰とも違う。  とても暖かくて、手に取りたくなる。 「それまで、人であり続けて。生きるのを諦めないで」  青年が立ち去ったと思われる足音が地下室に響いて、そして、終わった。  今まで数え切れないくらいに願った自由を、叶わなかったそれを、今更望んでいいのだろうか?  ……無いな。  王女は首を振り、眠りにつく——。 「どう?お湯の加減」 「……大丈夫」 「そっか。ゆっくり浸かってね。髪、洗える?やろうか?」 「……ん」  アデーレは濡れても問題がない服装に着替え、王女を湯船へと入れさせた。湯を沢山沸かせた湯船は肌寒さを一気に吹き飛ばす。アデーレが王女の髪を手櫛を通すとやはり殿下の言う事は本当だったんだなと思い、心の中で頷いた。年頃の女の子にしては髪の手入れが行き届いていない証拠を見て、丁寧に洗ってゆく。  ここまで来てアデーレが感じた事といえば、この少女が身体中のいたる所に縫合された痕が残っている。そして年頃の女の子にしてはやはり口数があまりにも少なすぎる事。最後は当たり前の常識も分かっていないという三点。 「……あの」 「どうかした?」 「……えっと、失礼、とかだったら、ごめんなさい」 「へ!? いいのいいの! で、ご内容は?」 「助けてくれた……でんか、って言われてた、ひと……」 「あ、ああ。殿下——レフィシア様の事?」  レフィシア・リゼルト・シェレイという名と簡単な人物概要については他国にまでそれが轟いている。が、顔自体はいくら中央国でも平民の出では中々お眼にかかれないだろう。知らないのも当たり前かとアデーレは納得した。 「どういう、ひと?」 「レフィシア様が? そうねー、この国の王弟殿下……えと。国王、王様の弟ね。で、とにかく強ーい最高戦力の剣士様。戦の事はよく分かんないけど、普段は穏やかで、人懐っこくて、気さくな人……かな。私個人としてはそんな感じだと思う」 「……」  改めて、レフィシアの御身が不安になってきた王女であった。 「私を逃した事で、罰は受けない、かな」  その心配、ごもっともだ。  アデーレはピタリと身体を硬直させた。湯気に当てられたかそれとも違う理由なのか、頬に汗をかく。  レフィシアの兄〝アリュヴェージュ・リゼルト・シェレイ〟国王陛下。彼はレフィシアとは大違いで、民であろうと貴族や王族であろうと一切の慈悲もないとされている。  それは政治にも及んでいる。まずは給金と税だ。軍事国家が故に武器職人などは平民でも実力が認められれば高い給金が約束されている。一方もちろん給金が少ない職も存在しており、貧富の差が激しく目立つ。  極貧層が居住しているスラム街もいくつか存在しているのにも関わらず、国はそれを取締していない。  城に近い城下や首都街の騒動は鎮めてくれる事から、極貧層には用がないという国の考えが安易に丸見えだ。  そんな国を築いてきた中心人物である国王陛下が幾ら家族だろうとレフィシアを無罪とするのだろうか?  アデーレの沈黙が続く中で答えを促すのではなく、肯定だと察して聞くのをやめておいた王女が話を切り替えた。 「あの、もういいです。あったまりました。これ以上浸かると……今は、このまま寝そうです」 「そ、うね。じゃあ、上がりましょうか。私も替えの服に着替えないとね。一緒に着替えよっか」 「おじいちゃーん、お風呂上がったよ〜」 「ああ。もう料理は出来たから、食べてくれ」  別の衣服に着替えたアデーレが、風呂上がりの王女と手を繋ぎながらやってきた。どうやら信用はされたようだなと微笑ましい眼を向けたシーザーは、食卓が並ぶテーブルに視線を移す。 「そういえば殿下——あれっ、寝てる?」 「気づいたら寝ておった。相当疲れておったのだろうな。何せ三日前までは北国に遠征していたらしい」 「あー……それはありそう。しっかし寝ていればただの男の子、だよねえ」 「不敬じゃよ、アデーレ」 「平気だって! こんなにぐっすり寝てるなら気づかないって!」  アデーレとシーザーが何やら話しながら飲み物を準備している中で、王女はソファーで眠りについているレフィシアの顔を覗き込んでいた。  僅かにまだあどけなさが残る寝顔をしている様を見て、先程剣一本のみで兵士、窓ガラス、城壁をも斬り伏せたあれとは本当に同一人物なのかと伺ってしまう。近くに寄ると静かに吐息が聞こえてきて、本当にぐっすりと眠っている。これはそっとしておこうと思って、アデーレとシーザーの所に戻った。 「殿下は朝の方が良さそうじゃな。ソファーで寝ていたら首も痛くなるだろうし、わしが部屋まで運……」 「おじいちゃん、腰痛で五日前退院したばかりじゃん。私が運んどく」 「ぐぅ……ッ!」  孫に痛い所を正論で返されて、ぐうの音もでなくなったシーザーは小さな風船でも作るように口を膨らませた。アデーレがレフィシアを寝室にまで運ぼうと思ったが、身分差に一瞬躊躇い手が硬直する。  いやいや、運ぶと言ったら運ぶんだ。  アデーレがそう自分に言い聞かせようとした間際自分より年下の、更には先程まで他人に怯えていた王女が軽々とレフィシアを横抱きして見せた。  俗に言う、お姫様だっこ状態である。  恥ずかしがる事もなければ躊躇っているかと言えばそうでもない。 なんて事は無いといった表情のまま「案内してください。私が運びます」と言ってきたものだからここは大人しくお願いする事にしておいた。  ——あっ、これ。殿下に教えたら色々と駄目そうなやつだな。男のプライド的に。  そんな事を思いながらアデーレは階段を登って寝室に案内をする。  内装は表の宿屋とそう変わらないらしく、木の壁に木のシングルベッドがひとつ。そう高級な宿ではないのでこれで許してねと一言つけ加えておきアデーレは扉を開く。  白のそこそこふかふかな布が敷き詰められたベッドにレフィシアを横に寝かしておいて、静かに二人は退室した。 「ごち、そうさま、でした」 「じゃあもう寝ようか。でも客室は一つしか無いんだよねー……私の部屋で一緒に寝る?」 「……あの。寝るのに床に敷くものとか、ありますか」  王女は機嫌を伺うようにしてそれを問う。  ——ああ、殿下の隣に居たいんだな。  アデーレはすぐに分かった。  二人に何があったのかは知る筈もないのが、レフィシアが王女の身を案じているように、王女もまたレフィシアの身を案じている。それを察せないアデーレではなかった。  レフィシアの眠る寝室の押入れから敷き布団をひとつ、床に敷いてあげる。ついでに枕も置いてあげた。 「私の部屋はさっきの階段のすぐにあるから、何かあったら声をかけてね。起きれるようにするから。じゃ、おやすみなさい」  極力音を立てないようにアデーレは部屋を出た。それを見送ってから改めて王女は敷布団の中に潜ってはみるが、上手く眠りにつけない。  それもそうだ。  あまりにも有り得ない出来事に、目が覚めたらまた何時もの日常に戻ってしまうのではないかといった結末を考えるだけで身体はぶるぶると震えた。ガチガチと歯軋りも起こす。  寝付けなくて上半身だけ起き上がったが、その時、震えた身体が収まる温かみを帯びた声がした。 「……あれ、そうだ……王女……」  小さく眼を開けて意識を戻したレフィシアだったが、まだ睡魔が抜けてはいないようだ。今も油断してればすぐに眠ってしまうだろう。  それでも小さく欠伸をかいて起き上がろうとすると、突然隣まで王女がやってきていて上から顔を覗き込むようにして見ていた。やがてそれに気付いて身体を引きつらせる。 「うわっ、ね、寝てた!? いつから!?」 「私が、お風呂に入ってる、間らしいよ。殿下のご飯は朝の方がいいかって、言ってた」 「そっかー、気を遣わせちゃったかな。後で謝っておかないと。早朝には出なきゃいけないから、王女も寝なよ。こっちのベッド、譲るから」  レフィシアはベッドから起き上がって、すこし寝ぼけながらも敷布団の方を目指す。戦や遠征で敷布団は勿論雑魚寝は慣れているし、女性に譲るのが基本だろうと思っての行動だった。 しかし寝ぼけて油断していた中、突然後ろから右腕を強く引っ張られた。 「殿下」  その犯人が王女であるとレフィシアが理解したのは引っ張られた反動でベッドに仰向けになっていた自分と、その上に身体を覆いかぶさってきている王女だった。  この国——というよりも他の国でも恐らくそうだろうが、歳がそう変わらない異性と寝床を共にするのは良くない。正式に結婚した男女のみ、婚約者といえど未婚であればやってはいけない。これが一般常識である。  しかも相手は数十と監禁されていたとはいえ立場上北国の王女だ。自覚と常識が無いのは仕方ないかもしれないが流石に引き剥がすしかない。レフィシアはそう思って両手を動かそうとした。  が、それを止めたのもまた王女の小さく震えた声だった。 「……大丈夫、だよね。寝たら、また、あそこに、いないよね……」  身体も小さく震えていた。その不安と恐怖に駆られて寝付けないのだろうとレフィシアはようやく理解する。  さて、どうすればいいかとレフィシアは思考を巡らせても、身分の事や一般常識を考えれば確かに答えは変わらない。だが目の前の王女はそれすらも知らない。知力で言えば攫われた時の歳相応だろう。  自分が今突き放すのも王女の精神的にいいものではないと諦めがついて、王女の背に両腕を回した。  密着する身体から伝わってくる王女の心臓の音。王女の黒の髪の先が首元を掠めてくすぐったくも感じる。どうにか男として平常心は保ったままに、王女を抱きつつ横に倒れ込んだ。 「ああ。大丈夫。必ず俺が、君を守ってみせるから——」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • リア充爆ぜろ委員会

    女以外は虫けらだ

    113,100

    100


    2021年6月17日更新

    カップルを見たら、どんな手を使っても別れさせろ。 この春、最上級のお嬢様学校の私立慶蘭《けいらん》女子高等学校に入学した真面目な由宇と、自由人の理亞。 部活に入らなければならない校則で、軽音部に入りたかった由宇。しかし、理亞は、面白そうと言う理由だけで、由宇を無理矢理「リア充爆《は》ぜろ委員会」へ引きずり込む。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間16分

    この作品を読む

  • 静心にて、花の散るらむ: 歌姫による戦争継続のメソッド

    とてもやさしい終わりを作ろう。

    33,500

    0


    2021年6月18日更新

    二〇八八年六月十二日——「歌姫」が戦場に現れたこの日を境にして、世界は確実に変わってしまった。圧倒的な戦闘力を有する「歌姫」たちは、たったの二人で戦争を変えてしまった。当時私は八歳だったけど、その時に聞こえた「歌」に得体の知れない恐怖を感じたのを覚えている。 「歌姫」のことはその前から知っていた。あの人たちは私たちにとって絶対的なアイドルだったから。だから、まさかその二人が、あんな巨大な——「戦艦」に乗っていると知った時には、本当に言葉を失った。 時は過ぎ、私が十五の時、軍の人たちが私の住んでいた施設にやってきた。そして士官学校の「歌姫養成科」を案内された。その時にはすでに、私の「歌姫」としての能力は発現していたらしい。軍の人たちは何らかの方法でそれを知って、だからわざわざ訪ねてきたのだ。同期のみんなもそうだって――。 そして同時に、その頃には、この忌々しい「歌姫計画」が――戦争継続のメソッドが、動き始めていたのだろうと思う。歌姫計画――セイレネス・シーケンス。多くの人を狂わせる歌。当事者である私たちですら、その流れには抗えなかったんだ……。 ----- 作者注:途中で使われているイラストは全て作者(=一式鍵)が描いたものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間23分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界SNS

    魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    1,118,826

    16,045


    2021年6月18日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:36時間27分

    この作品を読む

  • 召還社畜に家主の少女と魔法の豪邸

    独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    3,950

    0


    2021年6月18日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:24時間20分

    この作品を読む