現代/青春ドラマ 長編 連載中

一歩の重さ

作者からの一言コメント

本格将棋小説として執筆したいと思います。

最年少四段昇段を期待された長谷一輝は最年少四段昇段は果たせず16歳の秋に四段昇段を決めたものの、プロの壁は厚く、くすぶっていた。これはそんな彼がプロの頂点を目指していく物語である。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 一歩の重さ
作者名 burazu
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス 男主人公 現代日本 将棋
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月14日 10時36分
最終投稿日 2021年4月12日 11時27分
完結日 -
文字数 67,741文字
ブックマーク登録 25件
コメント 12件
スタンプ 231件
ビビッと 34件
応援ポイント 92,600pt
ノベラポイント 85pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    632,670

    3,638


    2021年4月11日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間48分

    この作品を読む

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    400

    0


    2021年4月13日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 花に触れ、鳥を愛で、風を呑み、月を描き、

    花を待ち、晨を望み、月を呪い、夕を抱く。

    8,900

    0


    2021年4月13日更新

    花に触れたい彫刻家。鳥を愛でる物書き。風を呑む歌唄い。月を描く絵描き。そして、××に燃える人。 愛し、足掻き、信じ、見つめ、生きていく。 これは、そんな物語。 ※ この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    読了目安時間:3時間34分

    この作品を読む

  • 牛日記 〜牛ときどき猫、ところによりネズミ〜

    元酪農従業員が描く、酪農ライフ小説!

    24,800

    10


    2021年4月13日更新

    〜元酪農職の作者が書く酪農小説〜 アラサー女子ササキは、前職を辞め心機一転。 酪農職についた。 スローライフでささくれた心も癒やされる。接客業なんてもうやらねぇ! と思っていたけどどっこい。 現実はかくも厳しい。 早起き必須で、力仕事で、汚れ仕事で、牛には蹴られる。酪農はちっともスローじゃない。 発達障害もちで記憶力と注意力が足りないから、トラブルの連続。後悔してももう遅い。あとに引けないから根性で牛たちに食らいついていく。

    読了目安時間:1時間0分

    この作品を読む