恋愛/ラブコメ 短編 完結済

月影の国から

この作者は、貢献ポイントプログラム未参加の為、ノベラポイントを付与する事はできません。

作者からの一言コメント

桜舞い散る春の夜のひとコマ

月の光に照らされた死者の国——「月影の国」から、彼女は舞い戻る。 愛する人との、約束のために。 注)作者のTwitter(趣味垢 @book_cantabile)にて「#あみだ宝くじ140字」の企画に参加した140字小説に、続きを書き加えたものです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 月影の国から
作者名 中川あき
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 死者 贈り物
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月10日 20時00分
最終投稿日 2020年3月10日 20時00分
文字数 790文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 浴衣と生クリームと路地裏と

    ♡1,300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・2話・5,472字 流世理

    2020年11月24日更新

    ザッハトルテ最強説。洋菓子店イケメンオーナー×スイーツ大好き美青年学生。温めに(多分温めに)抑えてますが性描写が含まれますので、苦手な方はご注意ください。

  • 女装男子が大丈夫な方ー

    ♡46,400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・58話・154,526字 稚智

    2020年11月24日更新

    ある日、真尋は双子の姉真咲にヘルプを頼まれる。その内容は女装して自分の代わりに江藤くんというSNSで知り合った男子と会ってくれというものだった。断る真尋だが焼肉につられて承諾してしまった。 ところが、待っても江藤くんは来ない。その代わりに来たのは鈴城カナデという女の子で、実は自分が江藤くんだったと言って謝ってきた。 事情を説明された真尋はカナデを許すが、真咲の怒りは静まらず、再び女装をする羽目に――。