連載中 短編集

自分を好きになれる詩

作者からの一言コメント

次回更新日は8/8(土)です

あなたは自分のことが好きですか? 前向きになれるような、自分を好きになれるような詩をアップしていきます。 どこかにあなたが共感できるものが見つかると嬉しいです 毎日更新から、毎週土曜更新に変わりました。 毎日読んでくれていた方には申し訳ないです。 その分楽しめる作品を書けるよう頑張ります

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 自分を好きになれる詩
作者名 桃口 優
ジャンル 詩/短歌
タグ 現代詩 前向きになれる 週1更新 好き 共感 明るい
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月7日 19時55分
最終投稿日 2020年8月1日 6時38分
文字数 7,244文字
ブックマーク登録 32件
コメント/スタンプ 279件
応援ポイント 111,903pt
ノベラポイント 698pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 命の限り。死なずの終焉を。

    ♡194,411

    〇1,480

    異世界ファンタジー・連載中・23話 囲味屋かこみ

    2020年8月4日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言に従い、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、死なずの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ 【第一話、完結しました!】 ・第二話公開開始! ・ただ今、幕間であるショートストーリー公開中!挿絵あります! —————— ・いただいたイラストは全て、一番最後にまとめて掲載しております。是非そちらもご覧下さい。素晴らしいクオリティのイラストです。

  • 世界はお前のためにあるんじゃない。

    ♡10,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・10話 月島かな

    2020年8月5日更新

    世界をまとめる《塔》があらわれて早400年。 科学が発展するはずだった世界は魔法によって異なる道を歩んでいた。 目がいいだけの少年――ジッカはある日、《災害》に負われて故郷の村を失ってしまった。 その《災害》はこの世界特有の、魔法を使ったものに下る罰則、《竜災》。 《勇者》を巡る世界の陰謀に巻き込まれたジッカは、世界を旅する謎の少女――リオンと出会い、この理不尽な世界に挑む決意を固めた。 シリアス系異世界冒険譚。 これは、ハズレくじを引いた者たちの|魔法世界への反抗記録《マジック・パンク・ストーリー》。 ※スキル・チート要素はありません。 ※二日に一度の更新ペースです

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お題的なひとこと集

    ♡2,300

    〇0

    詩/短歌・連載中・5話 ゆえに

    2020年8月5日更新

    お題的なひとこと創作短文集 短いです ふと浮かんだ単語のメモ 各話に繋がりは無いので、どこからでも読めます お題的なものなので、皆様の作品のインスピレーションのきっかけになれば幸いです

  • 素直になり切れないけどホントはね

    ♡10,000

    〇0

    詩/短歌・連載中・54話 真朱マロ

    2020年8月5日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    タグ:

    詩集