詩/短歌 短編集 連載中

自分を好きになれる詩

作者からの一言コメント

次回更新日は10/31(土)です

あなたは自分のことが好きですか? 前向きになれるような、自分を好きになれるような詩をアップしていきます。 どこかにあなたが共感できるものが見つかると嬉しいです 毎日更新から、毎週土曜更新に変わりました。 毎日読んでくれていた方には申し訳ないです。 その分楽しめる作品を書けるよう頑張ります

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 自分を好きになれる詩
作者名 桃口 優
ジャンル 詩/短歌
タグ 現代詩 前向きになれる 週1更新 好き 共感 明るい
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月7日 19時55分
最終投稿日 2020年10月24日 5時02分
文字数 9,997文字
ブックマーク登録 41件
コメント 64件
スタンプ 328件
ビビッと 3件
応援ポイント 154,603pt
ノベラポイント 948pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 我等を舐めるな、〈自称〉現実!!

    ♡127,680

    〇267

    異世界ファンタジー・完結済・120話・1,151,629字 博元 裕央

    2020年10月25日更新

    「ビキニアーマー、だとぉ……!?」「我等《ファンタジー》を舐めるな、〈自称〉現実《リアル》!!」 半裸《ビキニアーマー》の美少女、それは世界で最も恐るべき抜き身の刃! 水で満ちた宇宙に浮かぶ泡の世界・混珠《こんじゅ》。 その片隅で仲間達との冒険者生活を慈しんでいた、かつてとある地球の少年であった転生者の少女リアラの日常は突如崩壊した。 邪悪な異世界転生チート達の秘密結社、新天地玩想郷《ネオファンタジーチートピア》の攻撃に惨たらしく殺される仲間達。 そんなリアラを救ったのは、ビキニアーマーを纏う美少女、チートに抗う力を持つ竜の勇者ルルヤ。 今、敢えて古の道を行く時代遅れな奴等の逆襲が始まる! (表紙は風見屋様に書いて頂いた物、挿絵は同じく風見屋様に書いて頂いた物に加え、忍坂けの様に書いて頂いた物、瑠華様に書いて頂いた物、まふゆとら様に書いて頂いた物、鉄機様に書いて頂いた物です)

  • 鬼のような若者と月のような娘の話し

    ♡65,300

    〇60

    歴史/時代・連載中・63話・325,398字 石川織羽

    2020年10月18日更新

    子爵家の跡取り息子である相内柾樹は些細な理由で癇癪を起こし、駿河台の屋敷から家出した。たまたま向かった元門番老人の長屋で、湾凪雪輪という奇妙な娘の世話を頼まれる。やむなく娘を連れて転がり込んだ先は、悪友二人が下宿している両国の古道具屋『数鹿流堂』。見えない何かに引き寄せられるように、この世ならぬもの達と、四人の不思議な同居暮らしが始まった。 時は世事変遷と呑気悠長が折り重なっていた明治の中頃。帝都のとある片隅で宿命の針は動き出す。 ※時代設定上現代では不適切とされる単語や語句がありますが、差別や偏見を肯定助長する意図はありません、あらかじめご了承ください。 ※小説家になろうで完結済み。改稿投稿中です。更新は遅いです。※神・妖怪的なモノが登場するジャンル迷子です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 七行の呟きのような自由詩です。

    ♡66,700

    〇3,901

    詩/短歌・連載中・18話・32,017字 s.h.n

    2020年10月25日更新

    在学中から五年ほど続けていた、七行の短い詩です。 全1001句で完結予定の詩集ですが、現在900番で一旦休止しています。 規則もなく書いていますが、五や七のリズムが中心になっているので、 私の中では短歌へと繋がる部分もありました。 小説家になろう様にも投稿済みの1.~900.までの中から、 ・文字サイズ『中』で一行におさまらない作品 (文字サイズが変わるとどれも七行じゃなくなりますが) ・今見てボツだと感じた作品 ・自作の歌詞からの引用が中心の作品 を省いて投稿します。実質7、8割程度移行することになりそうです…。 小説家になろう様では、各話を短編として投稿してしまい、見にくかったので、今回は作品集として連載させて頂きます。 言葉以上の深い意味は特にありませんので、どうぞリズムに合わせてスラスラと気軽に追っていただけますと幸いです…!

    タグ:

  • 素直になり切れないけどホントはね

    ♡31,400

    〇60

    詩/短歌・連載中・132話・32,127字 真朱マロ

    2020年10月25日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    タグ:

    詩集