連載中 長編

滅ぼし損ねた世界で

作者からの一言コメント

魔王が転生した先は憎き人間の世界でした

冒頭からクライマックス、魔王と勇者の戦いが、勇者の勝利を以て終わろうとしていた。 長らく続いた魔物と人間の争いに終止符が打たれ、ついに世界は平和に包まれる、そのはずだった。 しかし魔王は、その死に際に、魔王となった魔物にだけ伝えられる秘術である転生魔法を発動した。 記憶と魔力を引き継いで新たに生まれ変わるというこの魔法で、今度こそ人間を打ち滅ぼすと強く誓いながら、一旦その生涯を閉じた。 そして次に目が覚めると、何と憎き人間に生まれ変わっていた。 体質的に人間は体内の魔力を放出できないらしく、せっかく引き継いだ魔力も全て無駄になり、魔王は平凡な人間に成り下がってしまった。 それでも人間を打ち滅ぼすことを諦めきれない彼は、人として魔界に貢献していくと決意した。 魔王として滅ぼすはずだった人間の世界で、人に仇なそうと企む人間の物語がひっそりと幕を開ける。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 滅ぼし損ねた世界で
作者名 ごうむら
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル 勇者 魔王 男主人公 西洋風 転生/転移 成り上がり 人外 ノベプラオンリー R15 第1回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月10日 2時20分
最終投稿日 2019年11月17日 22時47分
文字数 156,329文字
ブックマーク登録 7件
コメント/スタンプ 36件
応援ポイント 3,450pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • このSFには救いはないかもしれない。

    ♡31,250

    〇135

    SF・完結済・9話 threetones

    2020年5月16日更新

    ロボット工学三原則参加作品です。 迷ってたんですが、思い付きで参加です。 アイディア勝負の作品ですね。名も無きロボットAが、一人称で話すだけのお話の予定でしたが…… ここから何話かやってみようかな?と思い直しました~。果たしてどうなるんでしょうか? この話には、きっと救いがないでしょう。

  • 第二回ノベプラ大賞一次通過しました!

    ♡352,850

    〇1,080

    異世界ファンタジー・連載中・222話 駿河防人

    2020年5月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 猫が好きです。

    ♡28,450

    〇200

    異世界ファンタジー・連載中・370話 健康

    2020年5月29日更新

    HJノベルス様から「槍使いと、黒猫。」1~10巻まで発売中。 最新刊の10巻が2020年1月25日に発売しました。 コミックス版の「槍使いと、黒猫。1」も発売中! コミックファイアさんで漫画版の「槍使いと、黒猫。」も連載中です。 超常現象に巻き込まれた無職の主人公。 その巻き込まれた空間でキャラクターメイキングを楽しんで異世界へと旅立つが……。 これはスケベな元無職が鎖・槍使いを原型として、契約を結んだ黒猫と共に成長していく物語。 小説家になろう様とカクヨム様にも投稿しています。

  • 再び運命が動き出す〜……

    ♡2,750

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・25話 三毛猫ミィーミ♪

    2020年5月29日更新

    【表紙&タイトルロゴ:桜崎優月様作】 ★小説家になろう先行連載中、アルファポリス 、カクヨム、マグネット連載中★ ・あらすじ・ ブラット達は名も無き城に辿り着いた。そして、城には数十名ほどの者達が集まり協議が始まった。 スプリガンの事や歪みの洞窟の事やブラットの杖の事など、色々な事を話し合った。 そして、この城の名前を決める事になり、ブラットが決めるという事になり、クレアロゼのクレアとブラットは夜空を眺め星をみるのが好きだった為と、新しい城という意味も込め、新星=ノヴァとし、クレアノヴァ城と名付ける事にした。 その後、協議をした結果ブラットはしばらくこの城で戦い方や体力と精神力と学力を身につける事になった。 その数ヶ月後ブラットはスプリガンと戦う為、北の草原に行き、ドルマノフが封印を解くとブラットの力が解放されその力により苦戦するも倒す事が出来た。その時、スプリガンの体に異変が起き変化した。 そして、更なる運命が動き出した…… ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 不定期更新投稿となりますのでよろしくお願いしますm(*_ _)m