連載中 連載

滅ぼし損ねた世界で

作者からの一言コメント

魔王が転生した先は憎き人間の世界でした

冒頭からクライマックス、魔王と勇者の戦いが、勇者の勝利を以て終わろうとしていた。 長らく続いた魔物と人間の争いに終止符が打たれ、ついに世界は平和に包まれる、そのはずだった。 しかし魔王は、その死に際に、魔王となった魔物にだけ伝えられる秘術である転生魔法を発動した。 記憶と魔力を引き継いで新たに生まれ変わるというこの魔法で、今度こそ人間を打ち滅ぼすと強く誓いながら、一旦その生涯を閉じた。 そして次に目が覚めると、何と憎き人間に生まれ変わっていた。 体質的に人間は体内の魔力を放出できないらしく、せっかく引き継いだ魔力も全て無駄になり、魔王は平凡な人間に成り下がってしまった。 それでも人間を打ち滅ぼすことを諦めきれない彼は、人として魔界に貢献していくと決意した。 魔王として滅ぼすはずだった人間の世界で、人に仇なそうと企む人間の物語がひっそりと幕を開ける。

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
滅ぼし損ねた世界で
作者名
ごうむら
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日
2019年7月10日 2時20分
最終投稿日
2019年7月16日 0時44分
文字数
34,260文字
ブックマーク登録
4件
コメント/スタンプ
16件
応援ポイント
600pt