連載中 長編

I -現を侵す紅く丸い錠剤-

作者からの一言コメント

どうか、この夢を壊してほしい

 某県内にある、私立陣内大学。  そこに通う大学4年生『畑中賢治』が所属するのは、とある事情で変人揃いのレッテルを貼られたオカルト研究会。  そこで変人代表である部長の三倉邑兎が語った、夢のお告げを信じた者たちが引き起こしたと言われる『お告げ事件』と呼ばれる不思議な事件の数々を知り、新入部員の藍原未央も交えて調査を進めることになる。  調べていくうちに明らかになる「夢」の世界へ誘う『鍵』の存在。  その存在により穏やかであった日常は急速に音を立てて崩れていく。 崩れ落ちた日常は愛情を、友情を―――世界を壊していく。  壊れてしまった世界の中で人々は壊れた愛を求め、裏切り、夢の世界を彷徨っていく。  壊れた愛で、何を求めるのか。  友を裏切ることで、何を掴むのか。  現を侵す夢の世界で、何を見つけるのか。  誰が『鍵』を開いているのか。誰が『鍵』を配っているのか。そもそも『鍵』とは一体何なのか。    総てが解った瞬間、世界は裏返る。 『神様はこんなにも平等に―――誰にも興味が無い。』

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 I -現を侵す紅く丸い錠剤-
作者名 木村竜史
ジャンル ミステリー
タグ 男主人公 現代日本 部活動 シリアス 薬物 オカルト
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年2月26日 19時22分
最終投稿日 2020年7月11日 15時07分
文字数 134,091文字
ブックマーク登録 28件
コメント/スタンプ 132件
応援ポイント 177,200pt
ノベラポイント 610pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ミステリーのコンテストだっていうから。

    ♡600

    〇0

    ミステリー・連載中・1話 阿字野 ヒラキ

    2020年7月16日更新

    ミステリーじゃないよ、これ。 ってご意見……受け付けます。

  • 梅雨晴れの夏、熾天使が僕に落ちて来た。

    ♡18,300

    〇10

    ミステリー・連載中・6話 氷口雪

    2020年7月16日更新

    『真理を探求するには、生涯に一度は全ての事について、出来る限り疑うべきである。』(デカルト著、哲学原理より) 僕の幼馴染、大路留徒(おおじ ると)はそんなデカルトの哲学の根本的思想が具現化した様な美少女だ。 つまり、異常に疑り深い厄介な性格なのである。 そんな面は普段は隠しているものの、彼女のフラストレーションが限界を迎えると、僕にそれをぶちまけるのだ。 僕は傍観者。彼女という天才の受け皿に過ぎない。 どうやら大路留徒は最近頻発しているらしい小さな紛失事件が気になるようで……って!外!外見て! 天使が自殺を図ろうとしてる!? 梅雨明けの季節、猛暑を間近に控えたその日、僕に天使が落ちて来た。 これは僕の日常が目紛しくその様相を変える天国と地獄の様な一日についての青春黙示録である。 ※字数制限の為、一部内容を修正する可能性があります。