連載中 長編

異世界ハーレム紀行~アマゾネスの惑星~

作者からの一言コメント

太陽系外植民惑星はハーレムでした?

 太陽系外植民惑星査察官のオカダ・アツシは、肩書きだけ凄いヘタレヒーローである。オーバーテクノロジーを意のままに操るスキルを持つ彼は、カルキノスと呼ばれる巨大異星生物が闊歩する外宇宙で、今日も大冒険活劇を繰り広げているのだ!  噂によると母星から忘れ去られつつある「アマゾネスの惑星」ことケプラー22bでは、なぜか男性が生まれず、数百万人の純情乙女たちが絶滅の危機に瀕しているらしい。  進め!オカダ君。相棒のアニマロイド、姉御肌ジャガーのスケさんと変態性欲オオカミのカクさんを従えて、600光年彼方に置き去りにされた人類を救うのだ!   そしてオカダ査察官×ヒロインとの恋の行方やいかに?! 年の差プラトニック恋愛?の結末にも注目。  この世界観にどっぷりと露天風呂のように浸かってくださいませ。(ファンサービスあります!) Illustration――キウイ将軍/pixivハンドルネーム(waiji)

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 異世界ハーレム紀行~アマゾネスの惑星~
作者名 怒花亭 進虫
ジャンル SF
タグ ギャグ/コメディ アクション/バトル 未来 戦記 ツンデレ ミリタリー ハーレム チート タピオカ風な鹿の糞 エロ馬鹿ナンセンス 宇宙 下ネタ 変態 巨大異星生物 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月26日 17時48分
最終投稿日 2020年6月4日 0時00分
文字数 312,240文字
ブックマーク登録 84件
コメント/スタンプ 1,401件
応援ポイント 414,520pt
ノベラポイント 1,730pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 復讐に生かされ 答えを探す旅

    ♡58,100

    〇1,310

    異世界ファンタジー・連載中・32話 佐倉 こよみ

    2020年6月2日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、突如なく現れた悪魔の襲来によって幼馴染以外の全てを失う。 偶然居合わせた【戦姫】アリスによって救われたシオンは、幼馴染のサンドラと共に悪魔への復讐を誓い、王国へ引き取られる事になった。 王国最強の【戦姫】アリスの元で四年の修行を経たシオン達は、悪魔、そして魔王を倒す為の冒険へと出発する。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで彼らも分からない。 * * * 異世界ファンタジー日間最高ランキング1位! 総合ランキングでも1位に入れました! 皆様のお陰です、誠に有難う御座います!

  • 超能力×学園×バトル!!

    ♡9,400

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話 眠すぎ太郎

    2020年6月1日更新

    超能力は、実在した。 突如としてぼくに目覚めた不思議なチカラ――サイキックは、離れたところにあるものを動かすことができる能力だった。 超能力者はサイキックを扱う者、サイキッカーだけではない。 透視・予知のクリアボヤンサー、瞬間移動のテレポーターなど、様々なチカラと個性が、学院ではひしめいている。 サイキッカーとして、ぼくはそこで着実にチカラを高めていく。 楽しい生活だと、充実した毎日だと思っていた。 だがその矢先、クリアボヤンサーたちがあることを予知した。 それはぼくのいた世界が、一年後に滅ぶということーー。 週1〜2回更新!!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 策謀渦巻く南方の大陸に乱が起きます

    ♡29,220

    〇300

    SF・完結済・62話 橋本 直

    2020年6月4日更新

    遼州司法局も法術特捜の発足とともに実働部隊、機動隊、法術特捜の三部体制が確立することとなった。 それまで東和陸軍教導隊を兼務していた小さな隊長、クバルカ・ラン中佐が実働部隊副隊長として本異動になることが決まった。 彼女の本拠地である東和陸軍教導隊を訪ねた神前誠に法術兵器の実験に任務が課せられた。それは広域にわたり兵士の意識を奪ってしまうという新しい発想の非破壊兵器だった。 実験は成功するがチャージの時間等、運用の難しい兵器と判明する。 一方実働部隊部隊長嵯峨惟基は自分が領邦領主を務めている貴族制国家胡州へとんだ。そこでは彼の両方を西園寺かなめの妹、西園寺かえでに継がせることに関する会議が行われる予定だった。 一方、南の『魔窟』と呼ばれる大陸ベルルカンの大国、バルキスタンにて総選挙が予定されており、実働部隊も第三小隊を派遣していた。だが選挙に不満を持つ政府軍、反政府軍の駆け引きが続いていた。 嵯峨は万が一の両軍衝突の際アメリカの介入を要請しようとする兄である西園寺義基のシンパである胡州軍部穏健派を牽制しつつ貴族の群れる会議へと向かった。 そしてそんな中、バルキスタンで反政府軍がロボット兵器を手に入れ政府軍との全面衝突が発生する。 誠は試験が済んだばかりの非破壊兵器を手に戦線の拡大を防ぐべく出撃するのだった。

  • ある開拓惑星の開拓史

    ♡7,800

    〇100

    SF・連載中・34話 舞夢宜人

    2020年6月4日更新

    ある開拓惑星の開拓史。 まだ恒星間を跳躍して行き来できなかった時代に、来るべき恒星の時代の橋頭保を築くため、無人の恒星間播種船がテラフォーミングのために派遣されていった。環境調査のモルモットとして先行して派遣された開拓者の物語。

    タグ: