恋愛/ラブコメ 長編 連載中

怪力令嬢だって幸せになりたい。

作者からの一言コメント

怪力令嬢だって幸せ目指していいですよね⁉︎

読了目安時間:3時間8分

 見目麗しく朗らかなイレーナ・ロベールは侯爵家のご令嬢。 将来は自分の家の嫁に迎えたいという人で溢れることは簡単に予測できました。 一見して欠点などどこにも見当たらないような彼女にもひとつだけ致命的な欠点があったのです。 それはスキル。別名神の贈り物。彼女が神から贈られたスキルは「怪力」だったのです。 一生独身の教会生活か幸せな結婚……もちろん目指すのは幸せな結婚ですわ! 怪力令嬢だって幸せ目指していいですよね!? これは怪力令嬢が平凡な生活と幸せな結婚を目指す物語です。   ○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○*○  つたない部分もあると思いますが温かい目で見ていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。  ※1話約3000〜4500字程度です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 怪力令嬢だって幸せになりたい。
作者名 瑞多美音
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 女主人公 令嬢 恋愛 婚約 結婚 すれ違い ご都合主義 イケメン 魔道具 怪力 スキル ハッピーエンド
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月17日 18時05分
最終投稿日 2020年6月25日 19時01分
完結日 -
文字数 94,145文字
読了目安時間 3時間8分
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【本編完結】無自覚万能王女様は、今日も傲慢な転生者を悪気なく退治している。【番外編更新中】

    無自覚王女様を観察する騎士視点の物語です

    34,700

    150


    2021年9月21日更新

    このハイドランジア王国には、「王の至宝」と呼ばれるものが3つあります。 まず1つめは豊かな資源溢れる、この国そのもの。2つめは、国の柱を支えてくれるハイドランジアの民衆たち。 そして3つめは、28人の子をもつ王の末娘・・・・エヴァンシュカ・リアイス・トゥルーデル・フォン・ハイドランジア王女ーーーいえ、言いたい事はよく分かりますよ。もう本当に長いので、エヴァ王女とでも覚えて頂ければ結構です。 これは、ご自身の能力が人よりも秀でている事を全く理解されていないエヴァ王女ーーーいえ、「エ万能王女」と、ワタシワ・オトメゲーノ・ヒロインナノヨと名乗る、少々傲慢な少女との愉快なやりとりを観察した物語でございます。 申し遅れましたが、わたくしはハイド。エヴァ王女専属のしがない護衛騎士兼観察者にございます。どうぞ以後、お見知りおきを。 ※小説家になろう、アルファポリス、カクヨム、エブリスタ(敬称略)でも掲載しています。 本編完結しました。番外編を更新中ですので、気長にお待ちいただけると幸いです。

    読了目安時間:5時間14分

    この作品を読む

  • 令和十文字つやばなし

    一寸Hな十文字を君に

    100,602

    165


    2021年9月21日更新

    牧田紗矢乃=サンの『10文字怪談集』にインスパイアを受けて、十文字で描かれるちょっと? いやさ、かなりえっちっちな言葉遊びの恋愛系な短編集。 いろは歌による第1弾『いろは十文字つや巡り』(10月20日から12月7日まで) 12月1日から2021年1月15日まで『つや話 歳末ひめめくり』 1月16日から2月19日まで『春遠からずや 艶咲き桜』 2月20日から3月26日まで『春よ恋 蕾ほつれる 艶桜』 3月27日より4月30日は『春爛漫 風も嵐も つや桜』 5月1日から6月10日までが『初夏薫風の あいそら囃』 6月11日から7月21日までは『 盛夏燎原の なつぞら祭』 7月22日から8月31日の期間では『晩夏星晨 ほしぞらの宴』 九月一杯は『秋の夜長にむつみごと』 ※この作品は15歳以上推奨です。お赤飯前の少女やエッチに対して免疫のないショタっ子、夜の営みに対してアレルギーを引き起こす方はブラウザバックを推奨いたします。 ※時折、自身の出来事を含めたリアルやネット上で起きた出来事をネタにしたものも在りますが……、笑って読んで下さいませ。 ※想像力が足りないと、わからないような表現があります。 本編開始:202010200721 この作品は、殆んどがフィクションです。 実際の人名・地名や団体、出来事等は(一部エピソードを除いて)架空のものです。 そしてこの作品は、犯罪や悪事を推奨する作品では御座いません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔女が不老不死だなんて誰が言い出したんですか?

    おねショタ要素、ありません(ネタバレ)

    5,400

    0


    2021年9月20日更新

    ――――『魔女』の生贄にされた少年はどうなる? 魔女は不老不死だ。人とは生きる時間が違う。少年は魔女に食べられるのか? それとも死ぬまで奴隷のように働かされるのか? いや、いつまでも老いる事のない魔女をいずれ少年が追い越して、「魔女と生贄」は「女と男」の関係に変わるのだろうか? ……そして少年の最期は、不老不死の魔女に看取られるのだろうか。1人残される魔女の心情を思えば、それはなんて悲しくも美しい恋物語なのだろうか。 「僕はその悲しくも美しい恋物語の主人公になれるかも知れない」 アレクシス少年は愛を知らない。 両親に愛されず、隣人に愛されず、12年間 虐げられて来た。心身共にズタボロでいつ死んでもおかしくなはい。挙句の果てには病の弟を救うため、魔女の生贄になれと告げられたのだから救いようがない。 しかしアレクシス少年は喜んだ。魔女は怖くない。ただ、愛を知らずに死ぬ事だけが怖かった。 魔女と少年の恋物語ならば耳にした事がある。――――そう、「おねショタ」だ。そして「主従逆転・立場逆転の下克上」だ。恋が無理でもどうせ死ぬ命、魔女に食べられる事に恐怖はなかった。 胸を躍らせて訪れた魔女の家。しかし中から出て来たのは、アレクシス少年と変わらない年齢の美しい少女だった。 「…………思っていたのと違うんだけど、どうしようか」 魔女は? おねショタは? 立場逆転は? 悲しくも美しい恋物語は? 果たして、不遇すぎてぶっ壊れた底抜けに明るい少年と不老不死の魔女は、悲恋物語の主人公になれるのだろうか。 ※小説家になろう、アルファポリス、カクヨム、エブリスタ(敬称略)でも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 輝鑑

    完結捺印は捺しませんが事実上の最終章投稿

    815,700

    9,761


    2021年9月20日更新

    輝鑑読みの講談師、語るに曰く。 時は神武天皇即位紀元に直して2142年。但馬に稀代の英傑が生まれようとしていた。 男の名は、垣屋続成。彼はのちに大陸の皇帝にまで上り詰める伝説の大英雄であった。 だが、その続成とて当初から英傑であったわけではない。彼もまた、幼少から無敵の軍神というわけではなかった。 だがそれでも、彼は最強と言いうる名将であった。 今宵は、彼の前半生を彩る一級史料を紐解いてみたいと思う。 その、書の名は「輝鑑」。自叙伝に近い体裁を取ったその書は、公的記録であると同時に、一級史料に相応しいだけの確たる反証を受け止められる名著である。何せ、ツッコミどころが物語という体裁を取ったことと続成特有の方言は多少なりとも誇張されているのではないかというところだけであったというのだから、推して知るべしである。 そしてこの輝鑑に乗せられた垣屋続成の前半生は、おおよそ現在の我々からは知る術のない、波乱に満ちたものであった。齢八十を超え、畳の上で死したとは到底思えない、危難の連続であった。 それでは皆様、お立ち会い。初代富良東皇帝にして、かの伝説の聖君の一生を語ろうぞ! ※小説家になろうさんにも転載しております。此方は「萌芽計画(仮)」とは違い展開は媒体ごとに変えているので読み比べてみるのも一興ですよ?

    読了目安時間:21時間32分

    この作品を読む