現代/その他ファンタジー 長編 連載中

変身しないで縺ゅj縺ちゃん

作者からの一言コメント

「どゥ■か、私を蠢倥l縺ェ縺?〒ね」

変身しないで縺ゅj縺ちゃんの表紙

 かわいいものが大好きな、夢に生きる高校生、姫乃ありす。彼女はある日流星群にぶつかって、魔法少女に変身した。  世界を守るため、彼女は今日も魔法少女ピンクに変身して、魔法の力で敵を倒していく。  ――――と、思い込んでいるのは彼女だけだった。  黒い怪物の姿に変身する少女。恐ろしい獣の姿に変身する少女。ドロリとした触手の姿に変身する少女。異形の姿になった少女達は自身を『魔法少女』だと思い込みながら、世界を壊す。  街にはびこるドラッグ。ゴミ箱から見つかる人差し指。聖母様を崇める宗教団体。  昔見ていたアニメの魔法少女はただの幻だった。魔法少女達はゆっくりと現実に気が付きながら、副作用によって壊れていく。  本当の敵は誰なのか。  自分が本当は何者なのか。  ずっと夢見ていた願いは何だったのか。  これは、願いと夢と現実に壊れていく、魔法少女になった怪物の物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 変身しないで縺ゅj縺ちゃん
作者名 夜明
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 現代 魔法少女 ダーク アクション/バトル 異能 ドラッグ 宗教 シリアス HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年7月11日 15時36分
最終投稿日 2021年3月14日 20時08分
完結日 -
文字数 324,821文字
ブックマーク登録 216件
コメント 230件
スタンプ 577件
ビビッと 190件
応援ポイント 917,950pt
ノベラポイント 10,466pt
応援レビュー 13件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • マリー・ウィンゲートのおてんばライフ

    日常系恋愛ファンタジー……多分。

    62,900

    3,400


    2021年4月13日更新

    わたくしは、わたくしに生まれて良かったと思うわ。 わたくしで無いと、出会えなかった人、出会えなかった出来事が沢山あるのですもの。 生まれたときが、マイナスだからって何だというの。 生きているのでしょう? だったら、プラスに書き換えれば良いじゃない。 楽しみましょう。せっかく、ここにいるのだから。 あらすじ 『王妃候補のなり損ない、田舎に捨て置かれたご令嬢』の異名を持つマリー・ウィンゲート公爵令嬢。 片や『剣を振るわせれば、一振りで4~5人は斬り殺せる』という噂の剣豪指揮官エドマンド・マクファーレン辺境伯。 年の差は15歳。王妃様の命令で、報奨品としてエドマンドと婚約をすることになったマリー。 最初は、戸惑いつつも素朴で女性に対し不器用なエド様に惹かれ『いつか私が妻で良かったと思って頂けるように頑張るわ』という意気込みを見せるマリー。 そんなマリーをいつしか、切なく愛おしく想い包み込むように守りたいと思うエドマンド。 そんな中『お前、俺の女にならないか?』という大悪党があらわれる。 王妃様ですら、物事に素直に感謝できる心が愛しいと言われるマリーの、波乱万丈なおてんばライフ。 毎週火曜日 20時更新中。

    読了目安時間:4時間25分

    この作品を読む

  • お姫様の恋 ~ハーボルト王国 王室に嫁いだ姫君たち~

    ちゃんと幸せになれるからね

    109,448

    6,400


    2021年4月13日更新

    【あらすじ】 ~見た目は17歳、中身は12歳の悪役令嬢~ 気が付いたら、乙女ゲームの世界にいた。 始まりは乙女ゲーム定番の悪役令嬢斬罪シーンから。 私は確か、このままでは成人まで生きられないと、手術台に上がったはず。なのに、なんで。 王宮の奥にいる賢者さまなら、何とかしてくれると思ったのに……。 泣き虫な主人公の成長物語です。(1話700~2000くらい) ~クリス王子殿下の縁談~ もう一人の賢者 ロザリー姫の恋 舞台は、ハーボルト王国 アルンティル王国から小さなお姫さまがやって来た。 クリス殿下のお嫁さんになる為に……。 賢者の器のクリスにとって最後の現世。 何やら軍事大国の陰謀ただよう、この縁談。 お互いの立場に戸惑いながらも、二人が歩み寄っていくお話……。 (ロザリーは、『アルンティル王国の王妃になった姫君の物語』のフレデリックの2歳上の姉君です) ~ピクトリアンからの姫君~ 舞台は、本編、悪役令嬢から13年後の、ハーボルト王国。 賢者の因縁深いピクトリアン王国から縁談話が舞い込んだ。 どの国も喉から手が出るほど、欲しがられる純血種の姫君。 「うちにだけは、この縁談。来ないと思っていたんだよね」 そう、クリスは言う。 どんな思惑があって、姫を寄越したのか、そしてこの姫の正体とは……。 読んで下さっている方には、感謝しかありません。

    読了目安時間:5時間49分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る