連載中 長編

恋だけがそれを知っている

作者からの一言コメント

恋人は苦手なクラスメイト

「ただ付き合ってくれるだけでいいの。私が好きだって言ったら、鈴木さんも好きだって返す。そういう関係になって欲しいだけ。簡単でしょ?」  茜色に染まった教室で、苦手なクラスメイト“柴田鈴”からの告白。話をしたことなんて数えるくらいで接点もない彼女のことは嫌いではないが、好きでもない。けれど、できれば近寄りたくない人間に分類される。 「何もしないって約束する」  前触れもなく突きつけられた約束から、鈴木晶の何もしない恋がはじまる。

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
恋だけがそれを知っている
作者名
羽田宇佐
ジャンル
恋愛/ラブコメ
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年8月14日 20時14分
最終投稿日
2019年9月21日 0時14分
文字数
132,546文字
ブックマーク登録
7件
コメント/スタンプ
30件
応援ポイント
18,400pt
ノベラポイント
705pt