現代/その他ファンタジー 長編 連載中

Roll to Playing Heroes/ロール・トゥ・プレイング・ヒーローズ

作者からの一言コメント

ファンタジーを見たい人は読まないで

読了目安時間:4時間6分

Roll to Playing Heroes/ロール・トゥ・プレイング・ヒーローズの表紙

2020/08/13 ※本作の後編となる「Heroes' Playing to Roll/ヒーローズ・プレイング・トゥ・ロール」を投稿しました。こちらを先にお読みください。 挨拶  こんにちは。handymanです。 5月から小説を書き始めました。物語を書いた経験もないので、誤字脱字やおかしな点が多く見られると思います。ご了承ください。 いわゆる異世界ファンタジーですが、おそらく皆さんが想像される物語とはかなりかけ離れた内容だと思います。ファンタジーを見たい方は読まれない方がいいかもしれません...  3部構成を取っています。少しずつですが、投稿していきます。1部約20話です。 あらすじ: 竜の亡骸の跡に建てられたキーランド王国の、ある一日の話... 二つの物語が一つへと交わり、ラストへと突き進む。 第一章  ヴィルジニアは最強の女戦士として、数々のモンスターを倒してきた。 今やキーランド騎士団のアイコンともなった彼女は、その強さと美貌で多くの人を引き付けて止まない。    5月10日、彼女の一行は森の中である活動をしている人々へ、物資を届ける任務を受けた。  いつもの仲間に新人戦士三人を加え、旅に出かけるが、思いもしない事態に巻き込まれる。  危機を脱し故郷へと帰るが、さらに追い打ちをかける事件が起こる!!  ヒーラー(回復係)のアレクサの視点で描くサスペンスファンタジー。 第二章  時同じくして、一人の青年ダミアンも武器を片手に「散歩」へと出かける。  その道中、「竜の子」を自称する謎の少女タルサに遭遇。  「王国に連れて行ってほしい」という彼女の願いを嫌々聞き入れ、地獄の帰路につく。  ファンタジーの世界を少し違った視点で描くバイオレンスアクション。  

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Roll to Playing Heroes/ロール・トゥ・プレイング・ヒーローズ
作者名 handyman
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ファンタジー アクション バイオレンス シリアス ドラゴン 問題作 サスペンス 美少女 殺人者 暴力 百合 R-15 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月9日 23時00分
最終投稿日 2020年8月6日 12時25分
完結日 -
文字数 123,193文字
読了目安時間 4時間6分
ブックマーク登録 4件
コメント 2件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • キョウセイのF

    よろしくお願いします。

    800

    0


    2021年6月25日更新

    ある日、目が覚めたら知らない天井だった。 記憶喪失で戸惑う中、マーガレットと名乗る女性にいろいろ情報を聞き出そうとすると外から何者かに襲撃されたような音が聞こえてきて――。 ここはどこなのか。どうして自分はFに襲われているのか。そもそもFとは何か。――自分は一体誰なのか。 度重なる悲劇と喜劇を繰り返し、真相に迫る。 完全にうp主の趣味で書いております。 非常に人を選ぶ内容が含まれておりますので閲覧の際はご注意ください。 毎週金曜日12時更新します(予定) この小説には暴力シーンやグロデスクな表現(カニバリズムを連想させるような表現等(該当話:10話))が含まれていますので閲覧の際はご注意ください。 序盤はホラー描写が多々あるためタグに入れておりますが後々の展開はホラーから外れますのでご了承ください。 アルファポリス様にも掲載させていただいております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間25分

    この作品を読む

  • おんりょうめもりー ~死人達の記憶と刀の少女~

    おもし

    34,950

    5,745


    2021年6月25日更新

    私は笑った。 私は泣いた。 私は怒った。 私は死んだ。 私は殺した。 人の噂は屍霊を造る。 人は負の感情を抱き死ぬと屍霊となり人を殺す。 そして、例えそれで目的を果たしても自分を抑えられなくなり人を殺し続ける。 誰かが食い止めなければならない。 哀れで悲しい変わり果てた人あらざる者たちを。 不思議な石の力を使って。 秘められた個々の能力を使って。 大切な人との思い出を蘇らせて。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ この作品はいわゆるジャパニーズホラー的なものではありません。比較的ライトなホラーです。 この作品で取り扱っている都市伝説は、聞いた名前のものでも設定などはオリジナル要素を多めにして登場させております事はご承知くださいませ。 5章までは一応一括りでつながっています。 様々な事件の裏側でもつれ合う糸。 最終的に明らかとなる真実やいかに。 挿絵の追加状況は活動報告にて行います。 挿絵は誰かに委託しているわけではありません。デザインからラフ、色塗りまですべて自分で行っております。 2019年の秋頃に修正の為非公開にしておりましたが2020/8/9に投稿を再開いたしました。 更新は0時前後と12時前後にすることが多いですが、基本的に不定期です。 2021/4/10現在、完結いたしましたので、修正や添削など行っておりますが、ストーリーに大きな変更はありません。 ※この作品は只今「小説家になろう」「ノベルアップ+」「カクヨム」のみでの公開となっております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間58分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    798,450

    5,300


    2021年6月4日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、二次選考通過】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27時間4分

    この作品を読む

  • 鎮綏椀傳奇

    唐代シルクロードを舞台にした伝奇小説です

    800

    0


    2021年6月24日更新

    時代は唐の初め。唐と突厥の勢力が拮抗する西域で、娘たちがいなくなる事件が起こっていた。同じ頃、取るに足らない古びた椀が、信じられない高額で取引をされていた。 西域北道で活動してた義賊・女狐は手下の黒豹・雪豹の二人に命じてその謎を探らせる。 二人は、馴染みの道士・驪龍から、椀は鎮綏椀という月氏の祖先が秘儀で使っていたものであり、消えた娘たちはそれに捧げられる生贄であることを知る。 突厥に変わって草原の覇者になろうとする薛延陀。教祖摩尼を蘇らせようとする明教の司祭。様々な思惑が交錯する中、二人は生贄になろうとする娘たちを助け出し、明教の陰謀を防ぐべく動き出す。

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む