徒然草 創作関係の諸々

読了目安時間:1分

エピソード:17 / 32

春の寒さにも負けず・・

こんにちは。 本業の仕事が異動になったりしてヤサグレモードにギアチェンジしがちな今日この頃ですが、 進捗のご報告です。サラリーマンはつらいよ。 世知辛い日常を忘れたい碧井夢夏。 ノベプラさんのシナリオで参加できるコンテストに出たい。 というか、シナリオが書きたい。 シナリオーー!!シナリオ書きまーーすーー。書かせてくださーーい。 ということで、シナリオを書きたいがために新作書きました。 ただ、日常に不安要素がたくさん※異動したて 潜んでいるので、 過去作の設定を少し使ったり、こねくり回したりしながら世界観を作りました。 インスタントじゃないよ!有効活用ですよ! 大陸系ファンタジー。シリアス寄りです。 とりあえず1章分だけ投稿して、コンテストに応募したら放置・・かなーと。 ニーズがあれば続きを書きますが、なさそうな予感。 小説サイトでシナリオって読まれないんだろうなーいや、小説に比べて単調に感じるはずだからなーと。 1章分だけ書いて置いておきます。 そんな事情なので、そのうち新作として上がりますが無理して読まないでください! シナリオの雰囲気を見るくらいのテンションで覗いていただくのがお勧めです。 小説とは違うので読み慣れていないと読みづらいはず。 シナリオ好きじゃないと面白くないと思います(私は好きなんですが また、現在連載中の「コーヒーの愉しみ方 Acidity&Bitterness」、お読みいただきありがとうございます! 現代ヒューマンドラマなんですが、私のコーヒー愛が伝わっておりますでしょうか。重めの。 Kindle出版「狙われた王女〜」は4月末頃に中巻を出す予定です。 推敲はあと2回くらいやりたい。不安。 フリーダウンロード、またやります・・! 鋭意準備中です! もう少々お待ちくださいませ!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • メカノベラ

    高識 空 (たかしき そら)

    ♡500pt 2022年4月6日 22時37分

    ご自身や職場の環境とか小説のネタにでも出来ちゃいそうですね😅リラックスして行きたい方を見据えていきましょ😊シナリオ上がったらどんな感じのやつなのか、チラと拝見しにいきますね〜👍

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    高識 空 (たかしき そら)

    2022年4月6日 22時37分

    メカノベラ
  • 大正むすめ

    碧井夢夏/日常に追われ気味

    2022年4月6日 22時44分

    ありがとうございますー😢ほんと、私の周りに起きていることをノンフィクションで書いた方がフィクションより面白いものができそうな予感すらします。シナリオ、そのうち上げるので雰囲気が参考になりましたら幸いです~。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    碧井夢夏/日常に追われ気味

    2022年4月6日 22時44分

    大正むすめ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 翠眼の女騎士と偏愛公子の亡命譚 〜生まれ変わったら〝風〟になる。

    戦乱を駆け抜ける、北欧ファンタジーロマン

    8,200

    1


    2022年12月7日更新

    騎士学校を卒業したグレンダは、辺境の地で新米騎士として働き始める。 新たなご主人様・アルネは銀髪碧眼の美青年。しかし軍事国家の公子でありながら、剣術ダメ、戦術ダメ、内政は伯母や住み込みメイドに任せきりの、書類仕事すらままならないダメダメ領主。 グレンダがあれこれ世話を焼いているうちに、アルネはとんでもないことを言い出して…!? 「一緒に逃げようグレンダ。争いに巻き込まれない遥か遠くへ」 俊速の剣撃と男顔負けの度胸を武器に、女騎士グレンダが繰り広げるは前代未聞の〝亡命〟劇。 どんな雨風が待ち受けようとも、必ず最後までアルネを戦乱から守り抜く! そして国外逃亡の果てに明かされる、グレンダの〝翠眼〟が持つ秘密とは…。 愛と正義が忠誠の狭間で揺れ動くノルディック・ロマンス、ここに全力疾走中!! 【他サイトからの再掲です。1章までを限定公開!】

    読了目安時間:1時間10分

    この作品を読む

  • Parfumésie(内容修正済み)

    音よ、香れ。

    22,700

    100


    2022年12月7日更新

    フランス、パリの12区。 ヴァンセンヌの森にて、ひとり佇む少女は考える。 憧れの調香師、ギャスパー・タルマに憧れてパリまでやってきたが、思ってもいない形で彼と接点を持つことになったこと。 そして、特技のヴァイオリンを生かした新たなる香りの創造。 今、音と香りの物語、その幕が上がる。 ※イラストは「▼G3(三里)」様です。 話が重複している箇所と、順番が間違っている箇所がございました。申し訳ありません。

    読了目安時間:36分

    この作品を読む