文芸/純文学 短編 完結済

切符の行く先

作者からの一言コメント

夢コン応募作品です。

描きたいものを描いていきたい。 描きたいものだけを描いて生きたい。 そんな想いがある事は密かに秘めたまま、参加した絵画コンテストの結果に、爪痕すら残せなかった。 思いの深さは、傷の深さになる。 ようやく家から外に出た私が行き着いたのは、結局、馴染んだ場所だった。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 切符の行く先
作者名 空気イヌ
ジャンル 文芸/純文学
タグ AMG夢コン シリアス 大阪 動物 絵描き
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月7日 10時25分
最終投稿日 2020年9月7日 12時54分
完結日 2020年9月7日 12時54分
文字数 1,600文字
ブックマーク登録 6件
コメント 13件
スタンプ 14件
ビビッと 0件
応援ポイント 14,717pt
ノベラポイント 320pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡573,210

    〇3,628

    SF・連載中・90話・520,664字 新星

    2021年2月28日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • その手に有り余る力と、君はどう向き合うか

    ♡6,300

    〇300

    異世界ファンタジー・連載中・18話・80,203字 楓羽ふわり

    2021年2月28日更新

    【不定期更新】 突如として異世界へ召喚されてしまった引きこもりニートの保志紅覇。アニメや漫画の知識以外には何の技能もコミュ力も持っていない、無能な彼に与えられた能力は『不死と再生』そして、成り行きで手に入った巨大な鎌。それでも何とか生き抜こうともがく彼だったが、その鎌に込められた能力は人知を超えた恐るべきものだった。果たして彼は何のためにこの世界に呼ばれ、その末に何を得るのか。※結構、残酷描写が派手な部分もあるかもしれません。ご了承いただけると幸いです。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • なにかを残せたらなと思います🌱

    ♡900

    〇110

    文芸/純文学・連載中・24話・42,291字 ウタ

    2021年3月1日更新

    「こんなにも何もない人間になるなんて思っていなかった」 生きづらさを抱え、希死念慮に押しつぶされそうになる日々。 親からの搾取に耐えかね、東雲海愛(しののめみあ)は風俗業界へと足を踏み入れた。 そこでも生きづらさは変わらず、海愛を支えるのは中学生の時に付き合っていた彼との思い出のみ。 彼と会えなくなった今、過去の悪夢と彼との思い出を行き来する。 そんな時、高校の同窓会が開かれることになり……。 「僕らみたいな人間は、いつまで誰かのサンドバッグでおればいいんやろうな」

  • 殺した幼馴染の弟に、脅迫されてます。

    ♡35,500

    〇25

    文芸/純文学・連載中・28話・81,992字 氷ロ雪

    2021年2月28日更新

    ある秋晴れの空の下、赤々と燃えるような紅葉を掻き分け、私は死んだ幼馴染の亡骸を埋めている。 違う。これは事故なのだ。 中学一年生の私は墓穴を掘り、喉に大きな穴の空いた幼馴染を埋葬した。 けど、その現場を見られていたのだ。 彼そっくりの顔をしたドッペルゲンガーに。 高校卒業を目前に控えた私の未来は恐ろしく不透明で。 歳下男子に弱みを握られた私になす術は無し? これは大好きな人を失った二人の喪失を埋める悲恋の物語、なのかも知れない。