エッセイ/評論/コラム 長編 連載中

crazy’s7主催:Twitterレビューイベント

作者からの一言コメント

他にはない特殊レビューイベント。

Twitterで今月から毎月遂行イベント 毎月お題で約40作にレビューを書き、そこからお題では内容を考察できなかった作品には、実際に拝読してレビュー(レビュー欄に)を書くというもの。特集はお題に沿って考えています。 今月のお題は『タイトル、あらすじ、書き出し一行』のみでレビュー。 特集は、時間の効果秀逸作品とタイトルだけでは分らなかったテーマの深い作品。 レビュー師の行う変わったレビューイベント。 面白いという声をいただきました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 crazy’s7主催:Twitterレビューイベント
作者名 crazy’s7(レビュー師)
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ レビュー 創作論 おススメ作品 ファンタジー ヒューマンドラマ BL サスペンス ミステリー 恋愛 現代ドラマ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月22日 7時11分
最終投稿日 2020年11月22日 7時32分
完結日 -
文字数 16,126文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年11月28日更新

    illustration : pikora氏 ※毎週土曜の22時更新。 …………… 中央帝国オデツィア。 新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。 生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー 一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。 そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。 クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。 ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。 ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。 そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。 だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。 いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。 必ず完結させます。ノープロブレム(?)。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡234,300

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・84話・403,600字 普門院 ひかる

    2020年12月1日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る