とあるお姫様の日記

読了目安時間:3分

前へ

目次

次へ

これはとあるお姫様の日記。 いったい何んぎょ姫様なんだ……

とあるお姫様の日記

とあるお姫様の日記

この日記は私が個人的につけるもの。誰かにつけなさいと言われたからのものではありません。 かつて私は愛する人を殺そうとしました。それはそうしなければ泡となり消え去る運命だと言われたから。 けれどできなかった。どこまでも愛していたから。 愛する人は、ベッドの上でただ泣いてナイフを振り下ろそうとしていた私を見ていました。もう声を出すことはできなかったから……私はどう見ても暗殺者としか思えなかったでしょう。 声が出せない私は、愛するあの人に言葉を伝えることはできません。あの人の傍にいたい、その願いの代価に私は世界で最も美しいと言われた美声を失いました。 けれど代わりに愛し合えるということができるようになりました。共に地上に生き、二人で歩けるようになった。海の中から傍観することしかできなかったあの頃とはまるで違う。 他の娘を選ぶくらいなら殺せ。そう言われてもできなかった。本当ならそこで私はまるでどこかのおとぎ話のように、泡となって消えていくはずでした……。 だけどそうはならなかった。愛する人―王子さまは泣いていた私をいつの間にか抱きしめてくれていた。そしていつだって想い返せる言葉を私にくれました。 「あなたがいい。他の誰よりも私だけを想ってくれているのはあなたしかいない」 その言葉は私の目から涙の滝を作りました。泣いているにも関わらず嗚咽すら出ていないことに、何か事情があるのだと察したとは後から当人に聞いた話です。 それだけのことがありましたが王子さまが他の娘と結婚することは変わらなかった。つまり他の娘と結婚するなら泡となって消え去る、魔女との契約は終わってませんでした。 ならどうしてこのように日記を書くことができるのか?。それはある意味簡単なことでした。魔女との契約では「王子さまが他の娘と結婚したら泡となる」でしたが、魔女が考えていた「結婚」とは一体何か? 答えは「番いとなって子供を作ること」。例え魔女と言えど、「海の魔女」です。陸の知識は多少はあっても、陸で起きている実際の結婚と海の魔女が勝手に考えている結婚は別物。 だから王子さまが私を抱いて、子供が作れば私自身が消え去ることはありませんでした。一夜でできるのか?といった不安はありましたが……できやすい時ということや王子さまが気絶するほど絞りましたから何とかなりました。その後から王子さまが結婚する娘からはジトっとした目で見られるようになりましたが。 ただ契約の穴を突いたような形になってしまったため、預けていた声は戻らなかったのは仕方がありませんでした。 「ままー」 けれどこうやって私と王子さまの子が見られる。あの海で魚と漂っているだけでは絶対に見られなかった光景です。それだけでも陸に上がったことを幸せと思える、それは間違いのない事実です。 母なる海では私を待っている姉さまたちや父母がいます。ですが海の中に沈め込む姉もいるのは分かっています。ナイフを渡したのは私を死なせたくないという善意からでしょうけれど、そこには陸の人間なんぞどうなってもいいという魂胆が透けて見えます。もし王子さまをナイフで刺していたらどうなっていたのか考えもしていないのでしょう。 それに陸を勉強していると王子さまがなぜ私を最初に選ばなかったのか分かりました。あの娘、他所の国の王女様です。せいりゃく結婚というやつで最初から決まっていたらしく、もし選ばなかったら海の中が汚染されていたかもしれないとのこと。そんな国を放っておけばいずれ私の故郷は滅ぼされることになってしまいます。 だから私はここを離れません。故郷を守るため、愛する人を守るため、愛する子を守るために。それに未来の話ですが、もしかすると私と同じ想いを抱く人魚が現れるかもしれません。その時の前例になるのも悪くはないでしょう。陸に上がるという自由を得、幸せになれた者という例として。 ああ、王子さまが戻ってきました。なら今日の日記はこれでお終いにしま 「何を書いているんだ?」 「!!??」 いけません!。これは 追記.やっぱりもう日記は書かないことにしました。……恥ずかしいです。

テーマが文字と魚でどうしてこうなったのか、分からない。ホントに今しか生きてねぇな俺。

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • エルフアーチャー

    s.h.n

    ♡200pt 〇30pt 2020年9月20日 0時42分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ステキですっ!

    s.h.n

    2020年9月20日 0時42分

    エルフアーチャー
  • かえるさん

    火ノ鷹

    2020年9月20日 10時56分

    s.h.nさん、こちらも読んでくれてありがとうです。ノベラポイントまで…ホントにありがとうございます。 文字と魚のコンテスト作品で、文字→日記、魚→人魚をと考えたらこうなりました

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    火ノ鷹

    2020年9月20日 10時56分

    かえるさん
  • マンボウさん

    野上

    〇5pt 2020年9月20日 1時54分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いいですねっ!

    野上

    2020年9月20日 1時54分

    マンボウさん
  • かえるさん

    火ノ鷹

    2020年9月20日 10時59分

    読んでくださり、さらにノベラポイントありがとうございます 人魚姫を知っていること前提なので知らない人は全く分からないかもしれないと考えていたので、分かってくれると嬉しいです

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    火ノ鷹

    2020年9月20日 10時59分

    かえるさん
  • 女神官

    担倉 刻

    ♡200pt 2020年9月22日 19時29分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あの…好きです…///

    担倉 刻

    2020年9月22日 19時29分

    女神官
  • かえるさん

    火ノ鷹

    2020年9月22日 21時34分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがとうございます!

    火ノ鷹

    2020年9月22日 21時34分

    かえるさん
  • ブルーマーメイド

    櫻井 理人

    ♡100pt 2020年10月3日 15時29分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援してるよ!

    櫻井 理人

    2020年10月3日 15時29分

    ブルーマーメイド
  • かえるさん

    火ノ鷹

    2020年10月3日 17時37分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    励みになります!

    火ノ鷹

    2020年10月3日 17時37分

    かえるさん
  • れびゅにゃ~(茶トラ)

    黒井森之亮

    ♡100pt 2020年9月27日 6時51分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ステキですっ!

    黒井森之亮

    2020年9月27日 6時51分

    れびゅにゃ~(茶トラ)
  • かえるさん

    火ノ鷹

    2020年9月27日 11時56分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがとう

    火ノ鷹

    2020年9月27日 11時56分

    かえるさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 旅鳥

    夏マラソン一週目「秘密基地」参加作品

    17,100

    50


    2021年7月12日更新

    大衆演劇一座の女の子と、私の一夏の思い出。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 空に偽りのダークネス

    復讐から始まる冒険ファンタジー

    1,023,972

    38,873


    2021年7月25日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 シオン達の行手を阻むのは、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれの答えを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 年間 異世界3位 総合7位 応援してくれる読者様のお陰です、誠に有難う御座います!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間50分

    この作品を読む