文芸/純文学 短編 完結済

帰省

作者からの一言コメント

子が親を思いやり親が子を思いやる。

シャーリー クレインはサウスダコタの私立小学校の教師になって二年目 昨年は仕事に追われノースダコタの実家に帰省出来ずじまい 久々の我が家 家族団欒の一時 友人との再会 人一倍強い家族の絆のうらにはある暗黙の了解があった…

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 帰省
作者名 John 
ジャンル 文芸/純文学
タグ ほのぼの 女主人公 日常 帰省 家族団欒 友人 アメリカ 電車 西洋風
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月1日 11時19分
最終投稿日 2020年6月17日 17時04分
完結日 2020年6月17日 17時04分
文字数 19,510文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • あなたの普通って何ですか?

    ♡11,100

    〇260

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・47,992字 昆布茶

    2020年12月3日更新

    この世界には魂と心から発生するとされている、摩訶不思議なエネルギー、魂心力(こんしんりょく)というモノが存在している。魂心力〈こんしんりょく〉を使って戦う者たちは、魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉と呼ばれ、主に超常の異形などの怪異や、悪鬼となった魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉などを倒すため世界の裏側で戦っているのだ。 しかし未だ魂心力(こんしんりょく)のすべてを解明できているわけではない。 魂と心とは簡単に解明できるモノでもないし、仮に解き明かしたときにそれがどのように世界を変革させるかは誰も想像出来ていない。 されど、この世界の人々は戦う。超常の異形や怪異などに人々の安息を壊すことなどは許さないし、許していいわけがないのだ。 そんな中、一人の魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉に子供が生まれようとしていた。 今、生まれようとしている赤子のいた世界と限りなく近く、限りなく遠い世界。それがこの世界のおおまかな概要である。 その世界に落とされた赤子の前世は普通になりきれなかった男。 普通になりきれない男のチンケな泥だらけの戦いの軌跡がこの物語である。

  • 強いお姉さんは好きですか?

    ♡73,500

    〇540

    現代/その他ファンタジー・連載中・40話・84,012字 (有)八

    2020年12月3日更新

    「お前は人じゃない。バケモノだ」 手に持った刃物で首を刎ねる。 私怨、怨恨、憎しみによって生まれた異形の存在を殺す。斬咲魅那はれっきとした警察だ。 様々な事件で出会う人とバケモノ、そこで生きる一人の警察の物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る