Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

転生しようとしたら魔族に邪魔されて加護が受けられませんでした。おかげで魔力がありません。

読了目安時間:5分

第13話 新たなる出会い。

なんですと! どうやらティアドラは昨日俺が調合した薬が、店売りに値すると考えたようだ。 それで俺を驚かせようと内緒で連れてきたというわけか。 彼女の優しさが・・・素直に嬉しい。 「ワシらが作った薬はこうやって直接店に売りに来る。いずれは教えようとは思っておったが、お主はなかなかに筋が良いからこうして早めに来たわけなのじゃ。昨日作った回復薬なんぞ店売りのと遜色はないぞ?」 毎日あんなに怒られていたのに・・・筋が良い? 思い返してみたが、これまでの彼女が俺の調合の腕前を認めるような様子は全くなかった。 まぁあれだけ怒られながら熱血指導されたら誰でも腕は上がるのだろう。 俺はそう納得することにした。 「あれ?でも俺、昨日作った薬なんて持ってきてないけど・・・取りに帰る?」 なんせこんなところに来るなんて知りようがなかったため、薬なんて準備している訳もない。 「そんなことは分かっておる。じゃからこうしてワシが持ってきておる。ほれ!」 気付けば彼女の手には俺の昨日作った薬が入ったビンが握られていた。 ・・・何故俺のだって分かるか、だって? そりゃ俺の作ったものなんだから感覚で分かる・・・訳もなく、普通にコルクっぽい素材で出来たの蓋の部分にペンで署名しているからだ。 彼女はそのビンを俺に手渡す。 「あれ?ティアドラって手ぶらじゃなかったっけ?どこから出したんだ?」 「ん?・・・内緒じゃ!」 彼女はウインクしながら笑みを浮かべる。 「邪魔するぞ。」 ティアドラはまるで自分の家のように店の中に入っていく。 店の中には白髪に白い髭をたくわえた、いかにも紳士といった風貌の初老の男性がいた。 「これはこれは。お久しぶりです、『白銀姫』様。新しい薬でもできましたか?」 ん?ハクギンキ?なんだそれは。 「そのような呼び方は止せ、仰々しい。察しの通り今日は薬を売りに来た。」 ティアドラが反応する。 どうやら彼女のことを指しているらしい。 あとで聞いたのだが、どうやらハクギンキ・・・白銀姫というのはこの街の人々が麗人たるティアドラにつけたあだ名らしい。 彼女はどこかから取り出した薬をカウンターの上に置いていく。 種類は回復薬、魔力薬・・・他はわからないけど赤やオレンジといった色の薬だ。 本当にどこから出しているんだろう。 「これがワシから・・・あとは・・・ほれ、お主も出さぬか。」 俺は慌てて先ほどティアドラから渡されたビンを机の上に置く。 「・・・この方は・・・?」 薬屋の主人は俺を訝しげに見つめる。 「ワシの弟子じゃ。シリウス、自己紹介をしておけ。」 あ、はい。 「どうも・・・ティアドラ・・・様の弟子をやっております・・・シリウス・フォーマルハウトといいます。・・・よろしくお願いします。」 小さくペコッとお辞儀する。 コミュ障丸出しである。 先ほど彼女のことをコミュ障だとはいったが・・・人のこと言えなかった。 ティアドラは今にも吹き出しそうな顔をしているし。 だが、そんな俺の挨拶を肯定的に捉えてくれたのか主人の視線が柔らかくなる。 「これはこれは。まだお若いのに丁寧なごあいさつをありがとうございます。私の名前はベネラ。この街で薬屋をやっております。以後、お見知りおきを。」 そういって気品を感じさせる一礼をする。 凄く感じの良い人だ。 「自由奔放を絵に描いたようなティアドラ様が弟子とは・・・。一体何があったのですか?」 「・・・気分、かの。」 あ、気分なんですね。 ちょっとショック。 「気分、ですか。ですが弟子を取るということは人の人生を握るということ。気分で止めるようなことは決してやってはいけませんぞ。」 「そのようなことはせぬ!ワシはシリウスを立派な薬師にするのじゃ!!」 ベネラの発言にティアドラは少々不機嫌になる。甚だ心外といった様子だ。 ちょっと安心。 「これは大変失礼しました。・・・ということはこの薬は彼が?」 彼は俺の作った薬を手に取る。 「あぁそうじゃ。これぐらいの品質じゃと人前に出しても恥ずかしくないとおもったのでの。自分の作った薬を売る喜びを感じてもらいたくての。」 嬉しそうな顔でいうティアドラ。そんな彼女を見るベネラも何故か嬉しそうに頷いている。 「なるほど、良い師匠をしておりますね。・・・確かになかなかの品質のようですね。では少々失礼して。」 彼はそういうと片目を瞑り呪文を呟く。すると開いている目の瞳が元の色である黒色から青色へと変化する。 一体何をやっているんだろう。 そう思っている俺にティアドラが耳打ちしてくる。 「鑑定魔法じゃ。見ている物質の品質を見抜く。商売をやっているものは大抵これを覚えているものじゃ。・・・覚えておくといい。」 俺は小さく頷く。緊張の時間だ。 ベネラはしばらくの間、俺の作った薬を鑑定し、満足そうに頷いた。 「おっしゃる通り中々の品質です。シリウス殿、頑張りましたね。」 優しく俺の頭をなでてくれた。 俺は嬉しいような、恥ずかしいような・・・そんな顔を見られたくなくて下を向いていた。 「それでは彼の薬は銀貨5枚で買い取りましょう。」 金額の価値はわからない。 だがティアドラの驚愕した表情となっていた。 「それはいくら何でも出しすぎではないか?完全に赤字じゃろう。」 どうやら銀貨5枚というのは相当に法外な金額らしい。 俺の薬にそんな金額をつけてくれるなんて・・・少々申し訳ないです。 ベネラはティアドラの言葉に首を横に振る。 「ティアドラ様、これは先行投資というやつですよ。彼がこれから立派になって私の店を繁盛させてくれるのでしたら、結果的にはプラスになります。それに・・・未来ある薬師に頑張っていただきたいですからね。」 彼は机から銀貨5枚を取り出し、俺に差し出してくる。 俺はその銀貨を受け取りながら先ほどよりも大きな声で告げる。「これからも頑張ります」と。 そんな俺を彼はにこやかに見つめていた。。 その後ティアドラが作った薬もベネラは鑑定し、鑑定額を彼女に告げる。 額が少々不満だったのか、彼女はベネラに「ワシにも先行投資しろ!」と詰め寄っていた。 師匠、すごく・・・ダサくて・・・みっともなくて・・・大人げないです。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔王を討伐した豪腕勇者、商人に転職す -アイテムボックスで行商はじめました-

    このアイテムボックス、おかしいよ

    916,600

    2,090


    2021年7月27日更新

    異世界に召喚された勇者ソウヤは魔王を討ち取った。だが死力を尽くした戦いの結果、勇者ソウヤは昏睡。次に目覚めたら十年の月日が流れていた。 魔王がいなくなった世界に勇者はいらない。ソウヤは第二の人生として、行商をすることを決意する。彼は商売の知識は素人だが、商人なら誰もが憧れるスキル、至高の『アイテムボックス』を持っていた。生き物も含め、あらゆる物を出し入れできるチートなアイテムボックスがあれば、商売の道は開ける! 出てくるモンスターも豪腕でぶちのめして商売素材とする元勇者の行商ライフが幕を開ける!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:33時間46分

    この作品を読む

  • 銀月の狼 人獣の王たち

    動物を纏い戦う人獣騎士のハイファンタジー

    78,800

    550


    2021年7月27日更新

    ※毎日最新話アップ予定 作中イラストは全て©︎不某逸馬です。 我々の世界と東西が反転した、しかしよく似た別世界。 その世界で文化華やぐニフィルヘム大陸――。 かつて大陸全土を治めた古代ガリアン帝国が滅びて既に千年以上。 大陸はいくつもの国に分かれ、国々は人造の動物を生きた鎧としてまとう人獣の騎士〝鎧獣騎士(ガルーリッター)〟を兵器として互いに覇を競っていた。 錬獣術師(アルゴールン)を父に持つ16歳の少年イーリオは、山の中で銀髪の少女と銀狼の鎧獣(ガルー)と出会う。だが少女と銀狼には、北の大帝国を揺るがす、大いなる秘密があった……! 差し向けられる帝国からの刺客。異教の神を祀る敵。様々な仲間達との出会いと別れ……。そして訪れる決断の時。 イーリオ、少女、そして銀狼は、大陸全土を股にかけた陰謀と謎、戦乱と神秘に満ちた長い長い冒険の旅に繰り出していく。 これは、獣の力をその身にまとった騎士たちが織りなす、人外の戦語り。 一人の若者が導く、偉大なる獣の王たちの物語。 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 本作は小説家になろうのノベプラ版です(掲載にあたりほんのちょっぴり改訂もしております)。 元々はある人に読んでもらいたくて書きはじめた物語ですが、書く事自体に喜びを見出し、壮大な物語になってしまいました。 是非楽しんでいただけたら幸いです! ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 2020年11月5日 ジャンル別ランキングで1位!! 総合ランキングで6位にいただきました!! 応援、ありがとうございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:54時間37分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • LOST SPELL MAG(ロストスペルマグ)

    群像劇風。ゆったりファンタジー。

    93,600

    1,320


    2021年7月26日更新

    【縦書き表示おすすめです!】 「この世界の俺は、魔王を倒した魔法使い……でも、今は記憶喪失で中身も別人!? そもそもこれは本当に異世界転生なんだろうか……?」 目覚めた主人公の前にいたのは、角と尾と翼を持つ竜の少女・ストランジェット。 彼女は主人公の姿の人物を慕っており、蘇り帰ってきたと喜ぶが主人公には記憶がなかった。 わかっているのは、体の主・マグ=自分じゃないということぐらい。 港街で真面目な剣の精霊・アプスや、街を警備する王国騎士団の銀蜂隊員達(ちょっと不良)と出会いながら、マグの活動地点である魔法学校へ。 魔法学校で教師に再任し子供達に教えを説くため、同僚の女教師・ビアフランカと勉強会。 そこでマグには魔法辞典(スペルリスト)と呼ばれる力が有ることを知る。 そうこうしているうちにみたとある竜との別れの夢。 街にはその竜に関する事件が起き、原因を突き止めるためマグは騎士達と再会することになり……。 理論上は強くてニューゲーム。だが、記憶がないせいで今はただの巻き込まれ主人公に?! 剣と魔法あり、技術の発展した機械都市からの輸入品あり、魔王が滅びた後の世界で個性豊かな登場人物達とおくる群像劇ファンタジー。 戦闘・残酷描写・異種男女恋愛・ギャグほのぼの・ダークシリアス、若干ミステリーやホラー、軽めのスケベや微ハーレム、百合、女性向け要素なども話によっては含みますが本筋はゆっくり進むテンプレっぽいファンタジーです。 チートやステータス表示はありません。主人公よりサブキャラのほうが強いかも。 ―――――――――――― 第1話のみ主人公目線で一人称視点。2000文字程度。それ以降は三人称もあり~4000文字。 名前のある登場キャラ全員でお話が繋がります。 どのヒロインも(男キャラも)攻略できちゃいそう!な感じで、ちょっぴり懐かしいRPGゲームのようなお話を目指して執筆中です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間53分

    この作品を読む

  • 「おっさんがカップ麺を作るだけ」という文学表現

    おっさん+カップ麺=純文学

    200,900

    535


    2021年7月26日更新

    (表紙絵……小野ユーレイ@naoesdoodle) おっさんはカップ麺に湯を注ぐ。今日も明日も。

    読了目安時間:1時間14分

    この作品を読む