Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

転生しようとしたら魔族に邪魔されて加護が受けられませんでした。おかげで魔力がありません。

読了目安時間:6分

第15話 俺が作りたいもの。

「さて・・・と!」 俺は机の上に白紙の本を広げている。 あのあと帰ってくるなり昼食を作らされたり、洗い物をしたり、ティアドラが散らかしたものの片付けをさせられたりしたが・・・すべて終わらせた。 ティアドラは・・・お出かけで疲れたのか、近くのソファでいびきをかいて寝ている。 邪魔をされる心配はなさそうだ。 「そろそろ・・・とりかかるか。」 俺は羽ペンを手に取るとペン先をインクつぼに浸す。 ペンにインクが十分にいきわたったのを確認すると俺は白紙の本に絵を書いていく。 実は前の世界からなのだが・・・俺は絵を書くのが得意だったりする。 友達がいなかったからね!他にすることがなかったんだ!! 俺は書きあがった絵を眺める。広い葉が特徴の・・・植物だ。 うん・・・中々の出来栄えだ。 「お、中々に上手い絵ではないか。それは・・・青ツユクサかの?絵日記でも書いておるのか?」 ・・・・・・え? 気付けば俺の隣にはティアドラが居た。 寝てたんじゃないんですか? そう言おうとすると彼女はにんまりと笑う。 ・・・どうやら寝たふりをしていたらしい。 「お主の考えていることなんて全てお見通しじゃよ!」 俺はため息をつく。まぁどうせそのうちバレることだしな。俺は観念した。 「はぁ・・・。絵日記じゃないよ。」 そういうと自身の書いた青ツユクサの下に文字を書き込んでいく。 青ツユクサ 見た目の特徴 広い葉、青色 分離時の効果 青:魔力回復         緑:体力回復 主な生息地  風通しの良い、日の当たる場所に群生 「ふむ・・・。」 ティアドラは俺の隣にある椅子に腰かけ、俺が何を作ろうとしているのか眺めていた。 俺は他にも他にも作った薬の元となった植物の絵や効果等を記していく。 するとティアドラは俺が何を作ろうとしているのか察したのか、感心したかのように声をあげる。 「ほう・・・これは・・・図鑑かの?」 俺は頷く。そう、俺は図鑑を作りたかったのだ。 「あぁ。ティアドラに教わってる中でこういうのあったら便利だなって思ってたんだ。昔から図鑑眺めるの好きだったし。・・・なぁ、さっきこの家にも図鑑あるっていってたけどこういうのもあったりするのか?」 あったとしても自分のオリジナル図鑑を作ろうと思ってるのだが。 俺の質問に対し、彼女は首を横に振る。 「そういったものはないな。植物図鑑ならあるのじゃが・・・。どこにあったかの?」 そういいながら立ち上がると2階へ上がっていく。 しばらくすると一冊の本を持って降りてきた。 「あったあった。これがその植物図鑑じゃ。」 俺は図鑑を受け取り、中を確認する。 そこには様々な植物の絵が色付きで描かれており、またその特徴が短い文で記されている。 例えば青ツユクサであれば『青色で幅広の葉を有している。近くによると甘い匂いがする。』といった具合だ。 ・・・これはこれで面白い。 思わずやりたいことを忘れて読み進めてしまうところだった。 「たくさんの種類の植物が色付きで書かれているからわかりやすいな。・・・だけどさすがに分離したときの効果とかは書かれていないみたいだね。」 俺はぺらぺらと本をめくりながら内容を確認していく。 「そうじゃの。実は薬草の研究というのはまだ未知のところが多い、というか皆やりたがらないのじゃ。・・・まぁこれには訳がある。そのうち説明しようと思っていたのじゃが・・・。」 彼女は俺の対面側の椅子に座る。 「この世界にあるあらゆるものには魔力が宿っていることは説明したじゃろ?その魔力を摂取することは毒であるということも。」 俺は黙って頷く。 そう、すべての生き物は各々に異なる魔力を持っている。何かを食べると自分とは違う魔力が体内に入り、混じる。それを身体は嫌がり、毒のような症状を引き起こす。 「そしてもうわかっておると思うが、青ツユクサのように薬になる植物というのは多量に魔力を有しておる。人の身体を治癒するほどの力を秘めているのじゃ、当然といえよう。」 そういうとティアドラは台所のカゴの中にあった小さな果実を一つ手に取ると俺に放ってくる。 「お主に聞きたい、それは毒じゃ。人を一瞬で死に至らしめる程の、な。・・・そういわれてそれを食べることが出来るか?」 俺は首を横に振る。誰しもそれが毒と分かっているのならそれを口にしたいとは思わないだろう。 次にティアドラはその果実を割り、果汁を一滴水の入ったコップの中に垂らす。 「ならばこれは?確かに果実そのものは毒じゃが・・・これだけ薄めたら飲めるかの?」 果汁入りの水を俺に渡す。 いくら毒が薄まっているといったって・・・。 そんな俺の様子を察して彼女は話を続ける。 「そう、普通飲めない。いくら毒が薄まっているとはいえ毒は毒。皆忌避感を抱く。・・・これが薬のにも当てはまるというわけじゃ。青ツユクサの回復薬のように皆が慣れ親しんだものであれば問題ないじゃろうが・・・新しい薬を開発したとしても・・・まぁ、売れんじゃろうなぁ。いざとなれば魔法もあるわけじゃし。」 なるほど・・・。新しい薬を開発したとしてもそれは売れることはない。 売れることがないのであれば研究する意味もないってことか。 前の世界ではそんななかでも研究はされていたと思う。安全性さえ証明できればいいのだし。 だが、前の世界とここでは決定的に違うものがある。 魔法の存在だ。 回復魔法を使えば回復薬を飲まずとも大抵のケガは治療できるし、魔法耐性を上げる薬なんてなくても魔法を使えば魔法の耐性も上げられる。 その分魔力は消費するが、毒かもしれないものを飲むリスクよりははるかに安全だろう。 「まぁ魔法があまり使えない者にとっては薬ももちろん有効なのじゃがな。・・・そういうわけで薬の研究というのはまだあまり進んでおらん。というわけでそれの情報が記載された図鑑もないということじゃな。」 ティアドラはそう締めくくった。 「じゃあ。俺がその図鑑を作った第一人者になるわけだな。」 俺がそういうと彼女はチッチッと指を振る。 「()()・・・じゃろ?」 彼女はおもむろに俺から羽ペンを取り上げ、俺の作り途中の図鑑に加筆する。 「あ、何を・・・ん?」 彼女は先ほどの青ツユクサの効果の欄に星マークを5つ並べる。 そして一番端の1つを塗りつぶした。 青ツユクサ 見た目の特徴 広い葉、青色 分離時の効果 青:魔力回復 ★☆☆☆☆         緑:体力回復 ★☆☆☆☆ 主な生息地  風通しの良い、日の当たる場所に群生 まさか・・・。 「これは・・・もしかして効果量的な・・・?」 「その通りじゃ。青ツユクサは一番初歩的な回復薬であり、その分効果も低い。5段階評価で表すなら、星1つ分といったところじゃの。」 なるほど、これは面白い。 なんだかゲームの攻略本を作っているみたいだ。 彼女の知識も合わさればより良い図鑑が出来そうだ。 「なぁ、ワシもお主のその図鑑作りに協力させてもらえんじゃろうか。毒の効かぬお主が居れば薬の研究はずっと進歩すると思うのじゃが・・・。」 俺は喜んで承諾する。 するとティアドラは嬉しそうに小躍りしだす。 「やった!それじゃまずは・・・ってこのまま作っておったらすぐに図鑑が足りなくなりそうじゃの!ちょっと白紙の本を買ってくるでの!」 そういうと彼女は魔法を唱えて消える。 ・・・10分後彼女は帰ってきた。 大量の白紙の本を持って。 ・・・あの、これ、貴女からのプレゼントとして頂いたのですが。 貰った嬉しさが薄れる気がするから止めてもらえませんかね?

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ガンブレイド&オーバーヒール〜無垢な元傭兵と欲望の聖女〜

    ガンブレイド書いてたら聖女がバグった件

    21,400

    0


    2021年7月27日更新

    【簡単なあらすじ】 ガンブレイドを書こうとしただけなのにヒロインが変態になった件(R-17.9くらい) 【真面目なあらすじ】 元歴戦の傭兵の青年、ノア。 純真可憐な聖女、オリビア。 二人の歪な関係が織り成す恋愛ファンタジー……のような何か。 ある日、護衛依頼を受けたガンブレイド使いの冒険者ノアと、護衛されていた王国の聖女オリビアは運命的な出会いを果たした。 群がる敵の群れを瞬く間に殲滅したノアは、自覚が無いながらもオリビアの姿、言動に惹かれていく。 そしてオリビアもまた、自身が思い描く理想の男性像であるノアに一目惚れし。 そして聖女は発情した。 この時点で既に物語がバグっているが、あいにく彼女の辞書に自重という言葉は無い。 恋する少女の暴走は止まらず、見た目は清楚可憐に立ち振る舞いながらも、その実欲望のまま好き勝手に行動していく。 そして奇跡的なすれ違いの末、ノアの好感度も徐々に上がっていくのだが…… 仲を深める為に暗躍するオリビアの誤算が一つあった。 ノアという青年は恋愛経験はおろか、子作りに関する知識すら持ち合わせていなかったのだ。 つまるところ。 これは恋愛知識のない青年と欲望丸出しな少女の恋愛物語である。 ※格好いいガンブレイドによる戦闘シーンは作者の趣味です。 ※聖女がバグった理由は作者にも不明です。 ※センシティブな意味で運営からBANされないか怯えながら書いています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間12分

    この作品を読む

  • 紺碧のミシマ ~ホームレスだったけど異世界へ行ってロボットになったので俺は自由に生きる~

    異世界ロボットコメディ

    18,700

    30


    2021年7月27日更新

    不況の影響でリストラされホームレスとなった青年、三嶋健太郎。 彼は、疫病に罹り次に生まれ変わったら、怪我とも病気とも飢えとも無縁な頑丈な体を強く望みながら亡くなった。 その後、目覚めた彼は青黒い装甲を纏ったロボットとして洞窟にいた。 自らの死に気付いていない健太郎は、それを熱に浮かされて見る夢だと勘違いしたまま、取り敢えずその夢を楽しむ事にした。 なろうからの転載です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間49分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ここではない、どこかへ

    たった一人、世界に取り残されて。

    87,800

    1,200


    2021年7月20日更新

    虐げられることに慣れた子供に、初めて手を差し伸べてくれたのは、謎の黒装束の男。彼とその仲間に出会ったことで、彼女の運命は大きく歪んでいく——。 かつて、人間と精霊たちの間で、世界を滅ぼすほどの凄惨な大戦が繰り広げられ、平和と秩序を取り戻すために三分された世界。 その世界のとある街の酒場に、現れた美しい銀の髪の若者。その街で薬師として働く男は、何の気なしにその若者に声をかけたことから、その若者の秘密を知ることになる。 種族も性別も曖昧なその若者の苛酷な過去と、彼女を守るように寄り添う大きな黒い獣。 さまざまな思惑が入り混じり、しがらみの多い世界で、彼らはそれでもそれを切り開く旅に出る。 +++++++++ 厄介な事件に巻き込まれた(むしろ飛び込んだ)性別不詳(未確定)無自覚天然な主人公と、彼女を見守る青年やおっさんたちとの恋模様と冒険の物語です。 カクヨムに掲載している同タイトルの作品の改稿版となり、展開と結末が一部大きく異なります。 美しいディルと凛々しい黒狼の表紙絵はMACK様(https://twitter.com/cyocorune)からいただきました。ありがとうございます!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間24分

    この作品を読む

  • 金貨使いの怪人<ファントム>

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    69,610

    489


    2021年7月25日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間56分

    この作品を読む