Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

転生しようとしたら魔族に邪魔されて加護が受けられませんでした。おかげで魔力がありません。

読了目安時間:4分

第6話 割と片付けは好きです。

俺達は孤児院から出発し10分程山へ向かって歩く。 「・・・なぁ、ティアドラ・・・さん、俺達は今からどこに行くんだ・・・行くんですか?」 俺の言葉に彼女は突然背中に冷たいものを入れられたかのように身震いする。 「お、おぅ・・・気色悪い。お主に敬語を使われると寒気がするわい。敬称も敬語も不要じゃ。」 あ、そうですか。 「じゃあティアドラ、これからどこ行くんだ?もう日が落ちてるし、周り何もないんだけど。」 まさか野宿って訳じゃないよな。 「・・・切り替えが早いのもそれはそれでむかつくの。・・・まぁ、そろそろか。おいシリウス、弟子になった記念にいいものを見せてやろう。」 自慢げな顔でニヤリと笑う。 俺って弟子になったんだ、初めて知った。ってか何をする気なんだ? ティアドラは手を前に突き出すと何かを呟きだす。すると地面から彼女を中心に半径2メートルほどの円状の淡い光の柱が発生する。 詠唱による魔法だ。 「光の中に入るのじゃ。」 言われるがままに光の円の中に入る。・・・ちょっとおっかなびっくりね。 俺が入ったのを確認すると再度詠唱を始める。 すると淡い光は輝きを増していき・・・光が収まると俺は見知らぬ森の中に居た。 「フフン、これが世にも珍しい転移魔法じゃ。使える魔法使いは中々おらんぞ?」 先ほどよりも一層自慢げに笑っている。 俺は思った感想をそのまま伝えた。 「なんか・・・地味っすね。」 なんかこう、転移魔法って元の世界のゲームや小説なんかだと、身体が宙に浮いたり身体が引っ張られる感覚とかあるものだと思ってたけどほんとに・・・何もなかった。身体への負担がないって意味ではこっちのほうが断然優秀なんだけどね。 ティアドラは俺の感想が気にくわなかったのか不貞腐れた顔になり、パシンと頭をしばく。 「このバカ弟子が!その時はお世辞でも師匠をヨイショすべきじゃろ!!」 はいはい、以後気を付けます。 ・・・ちなみに首がへし折れそうでした。身体強化って怖い。 俺は改めて辺りを見渡してみる。 先ほど森の中とはいったがどうやら山の中、それもだいぶ深い山奥のようだ。 少し離れたところに家のようなものがポツンと見える。 俺の視線に気づいたのかティアドラが口を開く。 「あそこがワシの家じゃ。これからお主はあそこで暮らすんじゃぞ。」 家には明かりが点いておらず、人気がない。 つまりあの家には彼女しか住んでいないことが分かる。 辺りは日も沈みかけており、薄暗かったが、周りに他の家がないことは分かる。 ・・・つまり 「アンタも・・・ボッチなんだな。」 そういうとティアドラはぎくっとしたように顔をこちらへ向ける。 「ワ、ワシは自ら俗世との関係を断ってだな・・・。お、おい、その目を止めろ!ワシに憐憫の眼差しを向けるな!!」 焦っているのか恥ずかしいのか、顔が真っ赤になっている。 俺とおんなじですね、師匠。 「そ、そんなことよりも早く家の中に入るぞ!日が落ちる前に灯りを点けてしまわんと。」 ティアドラは気が動転しているのを悟られたくないかのように、家へ向かっていく。 俺は彼女に気を使い、黙ってついていった。 「・・・本当にここで生活しているんですか?貴女は。」 最初に部屋に入った感想であった。 ってかここは部屋・・・か? ティアドラに案内されるがままに家の中に入ったがあまりにも物が多く、それらが乱雑に置かれている。 そのほとんどが古めかしい書物であり、部屋の隅の方には薬師らしく薬を調合するための道具のようなものが置かれてある。 奇跡的にその周辺だけは整頓されていた。 彼女に話を聞くとここはリビングであり、隣はキッチン、二階は寝室となっているらしい。 リビングが酷いだけであって他はまだマシ・・・ですよね? 「いやー・・・まさかここに人が来るとは思っていなかったのでな・・・てへっ。」 頭に手をあてて苦笑する。 俺は大きくため息をつくのであった。 「そういえばあれはどこだっけ・・・っと。」 彼女はティアドラは何かを探し始める。 しばらく時間が経つとようやく見つかったようで本の山の中から何かを取り出す。 「さてシリウス、お主に最初の仕事を与えよう・・・。」 急に真面目な顔付きとなる。 俺は早速始まるのかと気を引き締め、彼女の次の言葉を待つ。 「お主にはまず・・・これで部屋の片づけをしてもらおう!」 彼女が手に持っていたのは箒であった。 なんで箒が本の中にあるんだよ。 「ワシはそうじゃな・・・薬の調合でもやっておる振りをしておるな。」 振りなのかよ! 思わず突っ込みそうになるがぐっと我慢。 弟子になったんだし・・・まぁ仕方ないよね。 黙ってる俺をみて了承したと思ったのか、ティアドラは満足げにうんうんと頷くと近くのソファへ寝転がる。 薬の調合をしている振りをしなくていいんですか? まぁ何をいっても無駄なんだろうな。 俺はそう理解すると日が暮れる中、黙々と片づけを始めるのであった。 片付けもひと段落し、ティアドラを見ると涎をたらしながらいびきをかいて寝ていた。 全くこの人は・・・。 俺はその辺にあった毛布を掛ける。 洗濯してんのかなこれ、ノミとか沸いてそうだけど・・・まぁ風邪ひくよりマシだよな。最近寒いし。 俺は比較的綺麗そうな毛布を探し、ランプの灯りを消す。 そして机脇のソファに寝転がって目を閉じる。 これからの生活に少しだけワクワクしながら、俺は夢へと落ちていった。 おやすみなさい、師匠。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 幼神はまだ夜明けを知らない

    終末世界で生きた男の、はじまりの物語

    372,200

    3,850


    2021年7月27日更新

    「ゾンビウイルスが、別の世界にまで拡がっているんだ」 その事実を知ったのは、すでに死んだ後の事だった。 現代技術でも解明できない謎のウイルスにより、崩壊した地球。そこで旅をしながら生きてきた青年・御崎成哉は、立ち寄った街でゾンビと戦闘になる。 油断からついに嚙まれ、自決薬をのんで最後に祈ったのは「来世は平和な世界で、当たり前な日常を送りたい」という、ほんの小さな願い。 気が付くと成哉は、不思議な空間に立ち尽くしていた。 そこで神と名乗る少女・ククリアと出会い、衝撃の事実を告げられる。 なんと地球と繋がっているという異世界にゾンビが召喚され、被害が出てしまったというのだ。 「君にこの世界を救って欲しいんだ。父親の代わりに」 ウイルスを拡散させ、地球に崩壊をもたらしたのは――成哉の実の父親。 身内としてずっと負い目を感じていた事から、その頼みを受け入れる。 代わりに能力を授かり、転生を果たした先で、貴族のひとり息子・ウェスティンとして産まれた。 だが貰った能力も発現しないうえ、なぜかその体は周りに死をもたらす不幸体質持ち。 四歳という年齢で親族から見放され、孤児院へと入れられてしまう。 ゾンビを倒す前から困難が待ち受ける中、前世では経験しなかった、人とのふれあいを知っていくウェスティン。 やがて彼は孤児院の仲間たちにも、すでに危機が迫っていると知る。 受け入れてくれた人達のため。自分自身の願いのため。 ゾンビという脅威を消し去るために、歴代最弱の転生者は、今度こそ世界を救うと決断する。 前世にまつわる因縁の渦が、やがてこの地を呑み込んでいく事も知らずに。 ▼ この作品はこんな方にオススメです ・転生ものの要素を、王道感のあるストーリーで楽しみたい ・まっすぐな主人公を応援、没入しながら読みたい ・周りとの関係が徐々に深まっていくのが好き ・熱くなる作品、泣ける作品を求めている ※序盤・一部にホラー描写が含まれます。 この作品は小説家になろう・エブリスタにも掲載しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:20時間8分

    この作品を読む

  • ガンブレイド&オーバーヒール〜無垢な元傭兵と欲望の聖女〜

    ガンブレイド書いてたら聖女がバグった件

    21,400

    0


    2021年7月27日更新

    【簡単なあらすじ】 ガンブレイドを書こうとしただけなのにヒロインが変態になった件(R-17.9くらい) 【真面目なあらすじ】 元歴戦の傭兵の青年、ノア。 純真可憐な聖女、オリビア。 二人の歪な関係が織り成す恋愛ファンタジー……のような何か。 ある日、護衛依頼を受けたガンブレイド使いの冒険者ノアと、護衛されていた王国の聖女オリビアは運命的な出会いを果たした。 群がる敵の群れを瞬く間に殲滅したノアは、自覚が無いながらもオリビアの姿、言動に惹かれていく。 そしてオリビアもまた、自身が思い描く理想の男性像であるノアに一目惚れし。 そして聖女は発情した。 この時点で既に物語がバグっているが、あいにく彼女の辞書に自重という言葉は無い。 恋する少女の暴走は止まらず、見た目は清楚可憐に立ち振る舞いながらも、その実欲望のまま好き勝手に行動していく。 そして奇跡的なすれ違いの末、ノアの好感度も徐々に上がっていくのだが…… 仲を深める為に暗躍するオリビアの誤算が一つあった。 ノアという青年は恋愛経験はおろか、子作りに関する知識すら持ち合わせていなかったのだ。 つまるところ。 これは恋愛知識のない青年と欲望丸出しな少女の恋愛物語である。 ※格好いいガンブレイドによる戦闘シーンは作者の趣味です。 ※聖女がバグった理由は作者にも不明です。 ※センシティブな意味で運営からBANされないか怯えながら書いています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間12分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る