異邦人

読了目安時間:4分

前へ

目次

次へ

あとは理不尽をもて余す 異邦人

「異邦人がいないかどうか確かめようとしたんだ」  意味不明の言い訳を繰り返す友人に呆れながらペットボトルの無事を確かめる。  僕がどこかの店でもらってきた貴重なペットボトル。  中身はそんなに貴重じゃない、家で沸かしたお茶です。  もらったときのエピソードが重要で、僕が落ち込みながら歩いていたら店のおばちゃんが「あんたそんなに落ち込んでるならほら、このお茶あげるから飲みぃ」と言って僕にくれた、その事実が大切なんだ。 「でも異邦人が……」 「今どき異邦人なんているわけないだろ、意味不明なことを言うのはやめてくれ」 「その中には異邦人が入ってるんだよ! 信じてよ!」 「異邦人がペットボトルの中に入ってるわけないだろ」 『どうも、異邦人です』 「……今何か言った?」 「後ろ、後ろ!」  僕が後ろを振り返ると、 『異邦人と申します』  お茶まみれのなんかよくわからない人間が立っていた。 「あなた誰ですか、どこから入ったんですか」 「自分で異邦人って言ってるじゃん! 異邦人だよ!」 「見知らぬ他人のことを異邦人と決めつけるのはやめろ」 『私は異邦人なんですが』 「とにかくそのお茶拭いてください、床に垂れる。はい、タオル」 『異邦人に親切にしてくださりありがとうございます』 「いいから拭いて」 『はい……』  よくわからない人間は僕の渡したタオルを使って頭とか身体とかを拭いた。 「お風呂使います?」 『異邦人はお湯に溶ける性質があるのでお風呂には入れません』 「追い炊きしてないから水ですよ。水に入ったらいいでしょう」 『水は冷たい』 「じゃああなたはいつもお風呂どうしてるんですか」 「異邦人と会話するのやめなよぉ……」 「異邦人じゃないっつってるだろ」 『異邦人です』 「あなたもわけのわからないことを言うのはやめて、真面目に話してください」 『だから異邦人だと言ってますのに』 「いいですか、今の時代に異邦人なんてものはいないんですよ。同質化政策が実施されて皆同じになってしまったんですから異邦人であってもそれは同質、従って異邦人という名前自体使われないんですよ。仮にあなたが異邦人だとしてもあなたは僕や友人と同じなんですから異邦人ではないんです」 『はあ。どうもこの星はよくわかりませんね』 「それであなたはどうして僕のペットボトルから出てきたんですか」 「異邦人が僕たちを困らせようとしてペットボトルに入ってたんだよ!」 「知らない人を悪し様に言うなよ、常識だぞ」 『ははは。ご友人が疑われるのも仕方がない。しかしこれだけは信じてほしい、私はあなたを困らせようとしてペットボトルに入っていたわけではないのです』 「じゃあどうして!」 「こら、丁寧に話せよ。知らない人だぞ」 『地球の水の捜査をしようとして水に溶けていたところ、取水されてしまいましてね。浄水は免れたのですが気絶してしまい、あなたのおうちで沸かされてしまってお湯から出られなくなって挙げ句の果てには蓋を閉められこのざまです』 「それ、僕がお茶を飲んでたらどうするつもりだったんですか」 『それは企業秘密です』 「寄生して操るつもりだったんだ!」 「わけのわからないことを言うのはやめろよ。そんなことができるはずないだろ」 『ふふふ……』 「やっぱり怪しいよこの異邦人!」 「無闇矢鱈に疑うのはよくないぞ」 『しかしまあ、こうして助けていただいたことですし、私はこのまま去りますよ』  アデュー、と告げた次の瞬間ぽん、という音がして、よくわからない人物は消え失せた。 「消えた! やっぱり異邦人だったんだ! 政府に突き出さないと!」 「物騒なことを言うのはやめろ。それにもう行ってしまったんだから突き出しようがないだろ」 「そうだけどさー……」  口を尖らせる友人の肩をぽんと叩いて、 「さあ、もう夜だし寝るぞ。明日は早い」 「何があるの?」 「学校だろ」 「そういえば明日平日だったね……あーあ、ずっと休日が続けばいいのになー」 「仕方ないだろ。今の時代になっても僕たちは週休二日という制度から逃れられないんだ。習慣だから」 「習慣って怖いね」 「全くだ」  そして僕と友人はお風呂に入って寝た。  次の日。 「ねーやっぱりそのペットボトル怪しいよぉ」 「何を言う、もらいものだぞ。しかもお茶は今朝沸かしたばかりの新しいやつだぞ」 「ちょっと蓋開けていい?」 「あ、ちょっと、やめろ」  ぽん。 『どうも、異邦人です』 (おわり)

初出:自サイト https://plus.fm-p.jp/u/shellvio

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • やがて坏は満たされる〜精霊宿りの呪術医戦〜

    掬わなければ全てが地に沈む

    65,700

    290


    2021年6月22日更新

    人の命を救う存在であるはずの呪術医たちの争いが始まった。呪術医が集まる『塔』が出来、人々の命がそこに集約させられているようだった。貴桐たち呪術師は、呪術医の使う呪術を訝しがっていた。そんな中、貴桐の元に、親同然であった呪術医を塔に殺されたと一人の少年が助けを求めてやって来た。 貴桐たちは不穏を感じながらも、呪術医が行う呪術に何が使われているかを探り始める。 生かすも殺すも『塔』次第。 貴桐たちにも危険が迫っていた。 『僕の事を知ってはいけない』クライマックスに重ねる為の、主人公違いの過去編。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む

  • 100年越しの月下美人

    100年越しの物語

    12,445

    0


    2021年6月22日更新

    「100年越しの月下美人の器の少女」 御子柴聖七歳は代々古くから伝わる陰陽師一家で一族の中でも聖は逸材だった。 しかし十年前に大妖怪八岐大蛇に一族を惨殺され、右脚を失った聖に八岐大蛇は呪いを掛ける。 そして十年の時を経て十七歳になった彼女は百鬼夜行と戦う事になる。 その先に待っているのは…

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間37分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • D’s

    謎が謎を呼ぶ、日本紛争劇

    54,600

    520


    2021年6月21日更新

    2080年、第三次世界大戦終戦。 人類は、自国・自身の利益の為に戦い全てを「無」に戻した。 勝者はおらず、残ったのは荒れ果てた地と朽ち掛けた資源、そして未来のない人類。 生き残った人類は、第二次大戦時に核が投下された国「日本」のみ。 如何なる状態でも、どの国にも援助を行わず他国からは後ろ指を刺されていたが、 各国の情勢が悪化するにつれ、人々は日本という存在を忘れ自国の滅亡の道を歩んだ。 終戦後、生き残り限られた資源の中で生活していた日本であったが、 歴史は悪い方向に繰り返す。 協力し合い、少しでもより良い生活を共に生きようとしていたはずが 一つの事件を元にまた一歩滅亡の道を歩むことになる。 きっかけは関東圏で15歳以下の男女が、毎日100人以上姿を消すという事件が発生した。 理由は不明。犯行手口・時間も不明。 関東圏全域を捜索するも被害者の姿は一人も見つからなかった。 被害者が、2000人を超えたあたりで関東圏統括本部に一つの音声データが届く。 「・・・・・関西圏を・・調べて」 雑音交じりの音声で、部分的に聞き取れない場所もあったが、 今回の事件に関与してる可能性があると判断し、 関東圏統括本部は関西圏統括本部に支援・調査を要請した。 数日調査結果を待ったが連絡がなく、不審に思った関東圏統括本部は調査隊を派遣した。 5日後、1メートル四方の木箱と共に一通の手紙が本部に到着。 手紙の内容は 「本日をもって関西圏統括本部は日本国を独立する」という文面。 届いた木箱をあけると5日前に派遣された調査員達の顔のみの亡骸だった。 関西圏のクーデターにより関東圏は対策チームを立ち上げ制圧を試みる。 準備されていたかのような関西圏の抵抗により、状況は悪化し内戦状態となる。 理由の分からない拉致事件と関西圏の独立、武力の抵抗。長期に渡る内戦。 関東圏は関西鎮圧・原因究明の為に部隊「deleter」を発足し対抗するのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間8分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    126,400

    330


    2021年6月22日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間16分

    この作品を読む