SF 長編 完結済

夢と現のブバルディア

作者からの一言コメント

今どき珍しい硬派なSFミリタリーものです

読了目安時間:1時間50分

西暦3000年、 AI、ロボット、宇宙工学、生物学、医療、あらゆる科学の発展により人類は遂に火星への移住も成し遂げた。 火星で酸素を作り出すことに成功した人類は大気を造り、水を造り、海を造り、森を造り、 地球の各首都をモチーフとした都市を作った。それはさながら、地球を再現するようであった。 高度化した文明で人類に残された仕事の一つはAIやロボットたちの管理であった。 AIやロボットは管制システムにより統率されているが、 中には故障したり不具合で管制システムに従わず暴走するものもいる。 そんな暴走システムを修復あるいは強制停止させるのがオペレーターの仕事だ。 彼らは暴走したロボット達に対抗する武力はもちろんのこと、高度な情報処理能力を求められる。 火星の81番目の都市コスモポリスに住む優良オペレーターの一人であるマキノセジュンは 自分の仕事に誇りを持つも日々の仕事に何か物足りなさを感じていた。 ある日、ジュンは夢の中でプラチナ色の髪をした一人の少女と出会う。 彼女は自身の名前をブバルディアと名乗る。 ブバルディアはジュンの望みを叶えることができるという。 そこで目が覚めたジュンはいつもと変わらぬ朝を過ごす。 ただ違うのは、夢の中で彼女に渡された端末を現実にも身につけていたことだ。 彼は身支度を整え、今日もマザーコンピュータにアクセスすると暴走しているロボットがリストアップされる。 その中には詳細データがない正体不明のロボットも表示されていた。 気になったジュンはそのロボットの追跡を開始する。 他の暴走ロボットの妨害や他のオペレーターとも遭遇しながら、 ジュンはその正体不明のロボットを捜索する。 そんな中、管制システムの一つが暴走するというありえない事態が起き、大量のロボットが都市の人々を襲撃する事件が起きる。 ジュンは人々の救助に向かうもいまだかつて無い数に追い詰められていく、 そんな中、突如通信が入る、その通信の主はブバルディアだった。 ブバルディアが曰うには、今起きている出来事は白昼夢だという。 ただしそれは予知夢であり、遠からず未来に起きる出来事であるという。 しかもそれすらも前触れであり、いずれ火星そのものが機械の暴走により滅亡の危機にあるという。 ブバルディアは滅亡を回避するために力を貸して欲しいとジュンに協力を要請する。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 夢と現のブバルディア
作者名 τελαδοηβυλι
ジャンル SF
タグ シリアス アクション/バトル ダーク 未来 サイバーパンク ロボット ミリタリー アンドロイド
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年5月4日 16時00分
最終投稿日 2021年5月15日 12時29分
完結日 2021年5月15日 12時38分
文字数 55,209文字
読了目安時間 1時間50分
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    30,930

    70


    2021年6月17日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    41,100

    360


    2021年6月4日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※あくまで、これは恋愛物語です ※画像は自作 あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間5分

    この作品を読む