現代/青春ドラマ 短編 完結済

閃光の馳

作者からの一言コメント

町おこし系ラーメンバトルアクション

 とある商店街に店を構えるラーメン屋「うまなり」。馳三四郎は父が遺したこの店を支えるべく、学生ながらに配達の役割を引き受けている。  専用バイクを駆り、迅速ならぬ光速の出前を誇る三四郎だったが、ある日突然の事件に見舞われる。行方知れずだった兄の一騎がやり手の経営者となってこの街に舞い戻り、自らの事業のために店を商店街ごと取り壊すと宣言したのだ。  父の形見である店と、自らの故郷である商店街を守るため、三四郎は一騎に勝負を挑む。それは、「より多くのラーメンを配達した方が勝ち」という、未聞のラーメンバトルであった。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 閃光の馳
作者名 有坂信一郎
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ラーメン バイク アクション/バトル 町おこし ガンダム
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月3日 11時04分
最終投稿日 2020年7月5日 12時58分
文字数 14,846文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 1件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 高校生と女社長がプラモデルで世界に挑む!

    ♡40,623

    〇100

    現代/青春ドラマ・連載中・44話・172,841字 ユキトシスノーイアー

    2020年9月28日更新

    プラモデルが作った絆は泣いて笑って恋をして少年、少女を成長させる青春ドラマ! □□□□ 玩具やプラモデルをスキャンしてゲーム内で操るVRMMOゲーム「クリエイティブ・バトラーズ」が大流行していた。 だが、俺こと黒川鋼太郎に遊んでいる暇なんてない。家は具のない味噌汁が食卓に並ぶような貧乏少年なのだ。それに両親の代わりに妹や弟の学費をバイトして稼がなければならないのだ。だがそんな俺を何か勘違いから自社のプラモデルを宣伝するために(強引に)雇ってくれた人がいた。彼女の名は姫野林檎! 玩具メーカー姫野コーポレーションの女社長、常にハイテンション、平気で俺を騙したり、クエストを仕掛けたりしてくる彼女に振り回してくる変人だ! 彼女はに自社のプラモデルを託してくれた。なんの変哲もないプラスチックの塊だ。それでも俺の中の男の子の遺伝子はその魅力に取りつかれてしまったようだ。終いには、林檎さんは義父との約束を果たすため。俺は林檎さんに雇ってくれた恩を返すために世界大会に挑戦することにまでなってしまう!? 熱い×コミカル=プラモデル愛!? ノンストップの新感覚SFがここに開幕!

  • 生まれたばかりの歌を聴く者は、まだ居ない

    ♡0

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・1,599字 s.h.n

    2020年9月28日更新

    音楽の専門学校に通うため上京した龍輝は、六畳一間にエレキギターの解放弦を響かせていた。 マンションの規則で、アンプに繋ぐことは出来ない。 鳴らしてはすぐに減衰する音。 それでもストロークは止めず、龍輝の目標であったギタリスト、坂部からもらった言葉を思い出していた。 夢コン応募作品第四作です。 第三作の『Dreaming -雑踏に埋もれぬ歌声は-』以前の龍輝のお話になります。