文芸/純文学 短編集 連載中

140文字小説まとめ

作者からの一言コメント

Twitterに投稿したものものです。

こんにちは。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 140文字小説まとめ
作者名 禄田さつ
ジャンル 文芸/純文学
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月22日 7時55分
最終投稿日 2020年11月29日 9時46分
完結日 -
文字数 1,222文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 奥州平泉初代、藤原清衡の弟のお話です。

    ♡21,700

    〇355

    歴史/時代・連載中・16話・42,525字 eno

    2020年12月1日更新

    とら🐯えもん様!素敵なイラスト本当にありがとうございます✨ ※序章を追加しました。 ※10/15 またまたタイトルを一部変更しました。何回もすみませんm(__)m ※10/1 勝手ながらタイトルを変更させてもらいましたm(__)m 歴女はみんな集マレーーーー\(^^)/ 歴男も大歓迎♪ 後三年の役の今風物語、始まり、始まりー。 ………… 高校生、清原 四葉(きよはらよつば)は退屈していた。 打ち込める部活も特に無いし、勉強だってわざわざ授業以外にノートを開く意味がわからない。違う価値観のクラスメイト達とつるむのが嫌で、気づけば一人…… 『早く卒業したい』 それが彼女の口癖だった…… ある日、そんな退屈な日々が消え去った。 謎の転校生、物部 嶽矢(もののべたけや)という青年。霊感のえげつなく強い彼と関わるうちに、今まで幽霊なんて見えたことが無かったのに、自分まで見えるようになってしまって…… あることがきっかけで、一体の幽霊にとり憑かれてしまったのだった。 彼の名は、『清原(きよはら)家衡(いえひら)』 という平安時代に実在した武将だった。 それをきっかけに全く興味の無かった日本史にのめり込んでいく…… 幽霊の目的を叶えるために、共に行動して、何とか成仏させようとするのだが…… 一緒に過ごしていくうちに、イー君『※四葉がつけた家衡のあだ名』のことが好きになってしまい…… 史実をもとにした、識者ブッ飛びの妄想ファンタジー!!

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡234,300

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・85話・410,411字 普門院 ひかる

    2020年12月2日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る