恋愛/ラブコメ 長編 完結済

俺の彼女には俺が見えない。

作者からの一言コメント

見えなくなる彼女と彼氏の恋愛物語です。

読了目安時間:38分

ヒト認識機能障害。幸太の彼女・清香がその病気にかかったのは一年前、高校二年の時。 それ以来、清香は発作的に他人を一切認識できなくなる体になってしまった。 自分が清香にとって透明人間のような存在になっていく中で、幸太は清香を幸せにしたいと願い、もがきつづけていく。 ※アルファポリス、小説家になろうでも掲載中

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 俺の彼女には俺が見えない。
作者名 葉霧星
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 現代日本 ハッピーエンド 切ない 一途
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年7月21日 21時52分
最終投稿日 2021年7月21日 21時57分
完結日 2021年7月21日 21時56分
文字数 18,794文字
読了目安時間 38分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • モブ令嬢の旦那様は主人公のライバルにもなれない当て馬だった件

    コミカライズ決定しました。

    349,300

    14,500


    2021年7月7日更新

    没落寸前の貴族、エヴィデンシア伯爵家の令嬢、フローラ。 彼女の旦那様は、美少女アドベンチャーゲーム『白竜の愛し子』で、主人公の攻略対象であるヒロイン達に節操なく言い寄り、どのルートをたどっても主人公やそのライバル達に叩きのめされ破滅する当て馬、グラードルだった。 そう、フローラはゲーム中で、名前と遠目の後ろ姿しか登場しないというモブ嫁だったのだ。 彼女は、この世界で貴族にはまず現れない、農奴のごとき茶色の瞳と髪色を持つ令嬢で、農奴娘と蔑まれる存在だった。 婚姻の儀の当日、伯爵位を得るためだけに、嫌々結婚することを了承したという初対面の結婚相手グラードルは、フローラを見て驚きの表情を浮かべると、不思議な響きの言葉で呟いた。 「『おいおいマジかよ。コイツこんなに可愛い嫁もらってたのにあんなことやってたのか? えっ……もしかしてこの世界って美的感覚が違うのか!? ちょっとソバカスがあるけど、かわいいよなこの娘』」 これは、農奴娘と蔑まれる没落寸前の貴族令嬢フローラが、前世の意識が甦ったという旦那様と共に、破滅の運命を乗り越え幸せな未来をつかみ取る……そんなお話。 ※【本編完結いたしました】 この後、不定期掲載になりますが、脇のキャラクターたち視点のサイドストーりを投稿して行きます。 ※コミカライズ決定しました! ※小説家になろう様、アルファポリス様、カクヨム様、ノベルバ様にも同時掲載させて頂いております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:34時間21分

    この作品を読む

  • ゲーム好きのコミュ障美少女と幼馴染の勘違いに挟まれて、高校生活が修羅場になりました。

    残念美少女に振り回される学園ラブコメ!

    3,100

    50


    2021年7月25日更新

    ある日、忘れ物を取りに放課後の教室に行くと、そこには美少女がいた。 彼女の名は七川紫音。 普段から無口無表情を貫き、友達と駄弁っているのすら見かけないような――いわゆるぼっち。 そんな彼女は何故か無人の教室で一人ゲームをしていた。 なんやかんやあって、そこそこ仲良くなるのだが、俺の十年以上の付き合いになる幼馴染の存在によって、関係性がおかしくなってくる―― これは、普通(若干平均以下)な男子高校生が二人の残念美少女の勘違い・すれ違いに振り回される学園ラブコメ。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る