連載中 連載

俺が少女の魔法式≒異世界転移で伝承の魔法少女になった件について

作者からの一言コメント

魔法とドラゴンはセット

由緒正しい古典部で「魔導書」を読み漁る日々を送っていた僕はついに偉業を成し遂げた。 そう「代々伝わる魔導書の読破」そして「魔法陣の形成」だ。 誰も解読できなかった魔導書を「自分なりに」「独学で」読み解き、最後の魔法陣を床に描いた瞬間、……時に何も起きなかった。 いつものように冷めた目でこちらを見つめる結梨を感じつつも、しかしながら前人未到の領域の領域に踏み込んだ達成感に浸っていた。 魔法なんてあるはずがない、魔導書なんて誰かの冗談(ジョーク)だ。 だからこんなものは僕の趣味で、ただの部活動で。 ……でもそれもその瞬間までの考えだった。 「あの魔法陣」を境に僕はーー、魔法少女になってしまったのだから。

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
俺が少女の魔法式≒異世界転移で伝承の魔法少女になった件について
作者名
葵依幸
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年8月15日 11時29分
最終投稿日
2019年8月17日 19時38分
文字数
123,960文字
ブックマーク登録
1件
コメント/スタンプ
2件
応援ポイント
200pt
ノベラポイント
0pt