完結済 短編集

探偵とは名乗らない

作者からの一言コメント

日常系ミステリーです^_^

短編集です! 平凡な高校生活を送る梅原孝太。彼の前に現れた謎の女子生徒、天草るみ。探偵部を発足する彼女との出会いによって高校生活が少しずつ変わっていく。暗号や謎が大好きなるみに振り回される1年間を描く短編集!学校内で起きる謎に探偵部が立ち向かう!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 探偵とは名乗らない
作者名 亜拓来人
ジャンル ミステリー
タグ 男主人公 部活動 学園 日常 現代日本 探偵 暗号 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年7月11日 19時00分
最終投稿日 2019年8月31日 23時57分
文字数 100,165文字
ブックマーク登録 17件
コメント/スタンプ 59件
応援ポイント 17,250pt
ノベラポイント 305pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年7月9日更新

    不慮の事故に巻き込まれた主人公の三鷹ルノは、神々から特別な力を授かり、異世界アレルガルドへ転生したが着いてそうそう魔物である鬼人に襲撃され異世界の過酷さを知ることに。 敗北を知り腕を磨き始めたルノは、ウサミミの少女セラを仲間に迎え入れ人間が統治するバスタリシア王国を目指す。 そしてバスタリシア王国で奴隷として働かされるエルフの少女と出会うのだが……その少女は、彼と同じ世界から転生して来たルノの腹違いの妹だった。 主人公が仲間とともに成長する姿、義妹の救出、奴隷制度、そしてルノとその妹を異世界アレルガルドへ転生させた神の目的とは……。 異世界転生ものですが、ステータス確認やダンジョン、チート的な要素は取り除く独自のファンタジー小説になっています。 この小説は奴隷となった妹目線の小説と同時進行しています。↓ 「奴隷日記。私はエルフに転生して奴隷成金令嬢に奴隷として仕えることになりました。」 URL : https://novelup.plus/story/551626026 Twitterはこちら : https://twitter.com/akumanidemonaru **** イラスト : 菜花りよん @KakuLyon 🍙柴た @OnigiriShibata

  • ★7/8 外伝投稿★ 小説×漫画の挑戦 

    ♡212,550

    〇5,600

    現代/その他ファンタジー・連載中・9話 degirock

    2020年7月8日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== この作品はノベプラオンリーではありません。 理由は、【小説寄りのスタイル】と【漫画寄りのスタイル】の両側面からの表現を試みている為です。 小説系としてはあたすことdegirockがここ、ノベプラに。 漫画系としてはイラスト担当のとうまがPixivに。 文字書きの物語と絵描きの物語、ご縁があればそのいずれもご覧頂ける事を切に願います。 Pixiv版についてはとうまのTwitterアカウントへどうぞ (https://www.pixiv.net/users/1125628)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • たまにはこんな話もおもしろいかと。

    ♡100

    〇0

    ミステリー・連載中・2話 kan

    2020年7月11日更新

    周りは謎に満ちている。 一つ一つを紐解き、解明することで成長していくのだろう。 などとは、きっと考えていない、生まれたばかりの僕の謎解きミステリー。

  • 残り物には福がある?チーズのおいしい行方

    ♡5,100

    〇0

    ミステリー・完結済・4話 五色ひいらぎ

    2020年7月11日更新

    シェアハウス「シェアード桂の森」の冷蔵庫には、いつの頃からかそこそこ大きなチーズ塊が放置されていた。 もったいないと思った住人の宮原瞳子は、トマトや大葉を合わせて冷製パスタを作ることを思いつく。 だが材料を買って帰ってくると、肝心のチーズはなくなってしまっていた。 チーズはどこへ消えたのか? 瞳子は他の住人たちに訊ねるが、誰もが知らないと口を揃える…… 「ごはんがあれば、だいじょうぶ。~美佳と瞳子のほっこり一皿~」の瞳子視点番外編……といいますか後日談です。 本編を読んでおられなくても大丈夫ですが、読了済ですとより楽しめるかと思います。 ミステリー短編コン「日常の謎」への参加作ですが、謎解き要素は薄めです。 実質アバター目当てで参加しております。 コンテストの賑やかしにでもなれば幸いです。 ※同名の本とは全く何の関係もありません※ 表紙画像: Morguefile.com http://mrg.bz/91ZRGc