探偵とは名乗らない

一応完結です。 ぜひ読んでください。

探偵とは名乗らない

1 学校の終業式、この日は生徒の中でも感情が分かれる。休みに入ることにウキウキと胸を踊らせる生徒もいれば今年のクラスが解散ということで悲しくなり涙を流す生徒もいる。俺はそのどちらでもなかった。ただ、この高校に通うのがあと一年になっただけ、そして先輩という立場の人がいなくなりこの学校では後輩しかいなくなるというだけでこれまでの自分の人生になんの変化もなかった。 終業式は淡々と終わり、適当な宿題を出されたあと荷物をまとめて家に帰る。春休みは長いようで短い。そしてこの時期はなにもすることがない。そんなことを思いながら俺は春休み序盤を過ごしていた。 春休みに入ったある日、俺たちは宿題をするために天草の家に集まった。 各々が宿題を進める中、途中で休憩することになり、天草がお茶とお菓子を出してくれた。暖かい緑茶と羊羹のような和菓子、この時期はお茶がしみるほどにうまく感じられる。そんな時に話題はこの一年の探偵部についてだった。 「いやぁそれにしても今年の一年は充実したよ。探偵部に入ったおかげかな」 そう言ったのは友也、そもそもお前は探偵部なんかに入らなくても毎日を忙しくしているのだから楽しめたはずだろう、おそらく探偵部に入っていなかったとしても同じセリフを吐いただろうさ。 「たしかに、今年はなんか色々ありすぎてあっという間に感じられたなー」 次にそんなことを言い出したのは清水だった。そもそも人数合わせで入ることになった清水は後半になるにつれてほぼ毎日顔を出していた。もちろん本業は美術部だ、そちらの方も手を抜かず過ごしてきたのだから文句は言えない。ただそうまでしてこの部活は有意義かと聞かれれば俺には分からない。 「そうですね、2年になってからは毎日が楽しかったです。みなさんのおかげでいろいろなことを学べた気がします」 天草がお茶を飲みながらそう呟いた。 全ての発端であるお前がそう楽観的とはね。春に天草が探偵部発足を発案した張本人だ。もしあの時天草が発足を決意しなかったら、もしあの時俺が入部を断っていたら……考えても答えは出ない。仮に答えが出たとしてもう引き返すことなんかできやしない。 そう思っていると天草から投げかけられた。 「梅原さんはいかがでしたか?この一年」 「そうだな、強いて言うなら疲れた」 率直な意見だった。 「確かに孝太はこの探偵部の柱だったからね、誰よりも多く学校の謎を解いてきたんだ。中々経験できない労力だったろうよ」 友也が胸を張ってそう言うがこれには俺も言い返す。 「そもそも、俺はやりたくてやっていたわけじゃない。お前たちが嗾すから適当に理屈をこじ付けていただけだ。天草の祖父の件や文化祭、かるたの事件も本当のところは謎のままだ」 「つまり孝太は僕たちが勝手に納得しただけで真実を突き止める推理をしていないと言いたいのかい?」 友也と口論のようなやりとりが続いているがこれはたまにあることで慣れっこだった。 「当たり前だ、そもそもそんな簡単に自分の出した推論が当たるとは思っていない」 このやりとりに終止符を打ったのは意外にも天草だった。 「そうだとしてそれは両方とも証明することができませんよね」 その言葉に友也も俺も何も言い返せなかった。確かにその通りだったからだ。 お茶を飲んだ時に一つの謎を思い出した。昨日か今日、新聞の記事で見た気がする。 「いや、証明できるかもしれないぞ」 「どういうことですか?」 「今から一つの質問をする。それぞれで何かしらの答えを出してみてくれ」 「それは面白そうですね!」 俺はルーズリーフにペンを走らせて問題を書いた。 問題はこうだ。 消えた王と月、3人の兵は日が昇るのを眺める。 「この文から連想される単語を答えてみてくれ」 俺がそう言ってテーブルの真ん中にこの紙を出す。 全員がまじまじとその紙を見て各々がなにかを考え出した。 最初に質問してきたのは清水だった。 「なにこれ?なにかの本の一文?」 「さぁな、新聞に載ってたんだ、この言葉でなにか連想されることがあるとかないとか書かれていたな」 そう答えると清水も黙り、3人は天井を見上げたり、腕をくんだりと考えることに集中しだした。 出題者である俺は自分の春休みの宿題をしていた。 しばらくしてから最初に答えたのは友也だった。 「分かったよ、答えは眺望じゃないかな、消えた王と月ってのは亡くなった月と王ってことでくっつければ望むって字にならない?そして眺める人がいるってことで単語にするなら眺望だよ」 なにかを思ったのか清水が口を挟もうとする。 「でも、」 だが俺はそれを遮るくらいの声の大きさでこう言った。 「なるほどな、悪いがこれに関して一回一回討論するつもりはないから他人の意見に口を出すのはやめてくれ」 そういうと清水は何も言わずにまた考え出してくれた。 次に答えをだしたのは天草だった。 「わかりました。私の答えは転冠式です。王が亡くなった日の夜、次の王候補である3人の兵士が待ちきれない様子を描いているのではないでしょうか?」 なるほどね、面白いこの文からそこまでの世界観を作り出せるとはさすがは成績優秀者というべきか。 「清水はどうだ?何か思いつくか?」 清水はテーブルに突っ伏したままこう答えた。 「ダメ、私こういうの苦手かも。なにも出てこない」 「そうか、まぁいいさ。これに答えはないから」 そういうと天草と清水が強い目線を送ってくる。 「どういうことですか?」 「どういうことよ」 ほぼ同時にそう発せられた。 「落ち着け、ちゃんと説明するからさ」 俺はお茶を一口飲んでからコホンと咳をして説明に入った。 「俺が言いたいのは理屈が通れば納得してしまうってことだ。友也の答えも納得できるし天草の答えもおもしろいと思えた。それに答えがないという清水の意見もあながち間違っちゃいないと俺は思う。こうなると全員の答えは正解だと俺からすれば成り立つわけだ」 そう説明すると友也が反応した。 「なるほどね、つまりこの一年の謎について僕たちは孝太なりの意見を聞いてそれに納得した。だからそれが答えだと信じざるを得なかったって言いたいのかい?」 「まぁそうだ、ほかにそういう風に推論を立てる人がいれば恐らくそっちを信じて俺の言っていることが間違えだと気づくこともできたと思うんだ」 「確かにその説には説得力があるね」 天草も清水も友也のその言葉に同意した。 これでようやく分かってくれたかと思うと俺はなんだかホッとした。 気付けば外が暗くなり始めていた。 「もうこんな時間だ、そろそろ帰ろうか」 友也がそう言い出して、俺たちは帰る準備を始めた。 清水が帰りに文房具屋に寄るということで途中で解散した。 友也と歩いている時に友也が急に話し始めた。 「さっきの話。納得してしまうってやつ、あれはどうしても話しておきたいことだったかい?」 俺は少し考えてから答えた。 「そうだな、お前たちに誤解されたままというのも嫌だし変にあてにされても困るからな」 「孝太は探偵部に入ってからいろいろな謎や事件を孝太なりに解いてきた。僕や天草さん、茜だってそれが正解だと信じている。おそらくさっきの孝太の話を聞いてもそれは変わらないよ」 「無駄話だったってことか?」 「それもそれで違うかもしれない。僕からするとね、孝太の説には誤りがあるよ」 誤り?俺が自分で言い出したことに他人から指摘するほどの欠点があったというのか? 「な、なんだよ誤りって」 俺は自分では理解できないと思い友也に聞いた。 「孝太の考えではさ、僕たちが勝手に納得して答えだと思い込んでるって言いたいんだろうけどそれは違うさ。だって孝太は僕たちの意見を否定してからまとめてるんだから」 どういうことだ?まだうまく理解できないでいた。それを悟ってくれたのか友也は説明を付け加えた。 「つまりね、どの事件も僕たち3人の推論をまとめてるってことそうなると反論もできないし納得せざるを得ないんだ。それに孝太は僕たちの推論に納得しないだろう?なぜかわかるかい?」 友也の言いたいことが少しずつ分かってきた。 「元来俺が、天邪鬼だからか?」 そう答えると友也は少し微笑んだ。 「はは、それもあるかもね。でもちがう、孝太はその先をいつもその先を考えているからさ」 「答えになってない気がするのだが」 「つまりはさ、僕たち3人は謎や暗号について考えるだろう?でも孝太はそれと同じくらいなんでこんなことを?って考えるんだ。動機から含めて全てを説明されると反論するような場所がなくなって受け入れるしかないんだ。そしてそこまで分かっているということはそれが確実に正解だと僕は思う」 俺は友也のその意見になにも言い返すことができなかった。確かに俺はどの事件も事の発端について知りたがることがあった。そしてそれを含めて推論を立ててこいつらに披露していた。 春の風が一瞬強く吹いたように俺の頭と心は異常なほどにすっきりとした感覚に陥った。 「それじゃまた今度」 そういって友也と解散した。 俺はしばらくその場を動くことができなかった。家に着いた頃にはすっかり暗くなっていて、肌寒さを感じるほどだった。 俺は晩御飯を食べて風呂に入り、ベッドに寝転がった。こと一年を走馬灯のように思い出す。どれも自分が犯人と思われる人間になにか言っているシーンばかりだった。 探偵がどういったものかはよく分からないし、小説に出てくるような感じではないと思うがそういうのをイメージしてしまう。ただそれと肩を並べている自分は全く想像できない。 「俺は探偵じゃない」 そう呟いた時、携帯電話が鳴った。相手は天草だった。 「もしもし?何か忘れ物でもあったか?」 「い、いえ違います。あの少し気になったことがありまして」 「なんだ?」 「その昼間の消えた王と月、3人の兵は日が昇るのを眺めるって問題についてなんですが」 「あれなら答えはないといっただろう」 「いえ、そうではなくて。梅原さんはどのような答えを出したのかなと思いまして」 そう言われると俺は出題するだけしといて考えていなかった。それは答えがないと分かっていたからだ。 そう聞かれるとなにか答えたい気持ちにはなるがぱっと思いつくものがないな。 その時一つの単語を思いついた。 「俺の答えか、俺が思いついた単語は青春だな」 しばらく天草から返答が無かった、それ間が妙に恥ずかしく思えた。 「王と月で青って漢字ができるだろ?それで三人と日を重ねると春って字になるからそう思っただけだ」 と少し早口に説明した。 天草からはクスッという声がした後 「なるほどです、梅原さんらしいと思います。夜分遅くにごめんなさい、それじゃおやすみなさい」 「お、おやすみ」 そう言って電話を切った。俺らしい?天草がどういう意図でその言葉を言ったのかはわからないが青春という単語が俺の口から出るなんて一年前の俺からしたら笑い事だ。いやむしろ笑えない、何かの病気かと疑うかもしれない。 もっとも自分からかけ離れているであろうその単語がなぜ今出てきたのかは分からない。おそらくこの一年で俺の思考回路は変わったんだ。多くの事件を自分なりにを解いてきたが俺はそれが自分の能力や実力だとは思っていない。 いつだって、友也や天草、清水の助言や手助けを経て成り立っていると思う。だから俺は心に決めている。 ーー探偵とは名乗らない。

読んでいただきありがとうございます。 ぜひ感想等待ってます。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 見た目幼女が巫女になって黒龍とイチャラブ

    ♡10,700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話・9,116字 茄子

    2020年9月26日更新

    いつからか、私を呼ぶ声が聞こえているような気がしていた。 例えば夏祭りに幻想的に赤く灯る赤提灯を見た時、例えば秋の燃えるような紅葉の紅に目を奪われた時、例えば冬の白い雪の中に咲く椿の赤さに目が惹かれた時、呼び声は強くなるような気がする。 そしてある日、私は点滅する赤い工事のランプに惹かれてふらり、と道路に踊りでて車に跳ねられて、宙を舞い、地面に叩きつけられた。 けれど目覚めた時は病院ではなく、どこかのお堂のような場所で、六芒星の上に全裸で寝そべっていた。 恐怖に怯えていると、平安時代の陰陽師のような格好をした男が部屋に入って来て私に着物を与えてくれた。 そして告げられたのは私を龍神の巫女候補として召喚したのだと言う事。 正直「は?」という感じだけれども、他の同じように召喚された少女達と龍神の巫女と成る為の儀式を行う。 それぞれ龍神の巫女になっていく中、私は災いを呼ぶと言われている黒龍の巫女になってしまった。 黒龍の巫女になったと言うだけで、周囲から嫌厭され、隔離された生活が始まるが、龍神の巫女になった者は必ず都にある穢れが溜まっている場所に行き浄化をしなければいけないと言われ、私も行こうとするが、止められてしまった。 曰く、余計な事をして黒龍の穢れを広めるなという事なのだ。 他の少女達が毎日忙しく巫女業に勤しんでいる中、私は腫れものを扱うように、嫌悪感に満ちた視線を向けられ屋敷の中で一人過ごしている。 黒龍の巫女となったからと言って、一人用の局も与えられ、本当にやる事と言えば御簾や几帳の隙間から中庭にある紅葉の木を眺めるぐらい。 だって、本を読めと言われても、ミミズが這いずり回ったような字で、なんて書いてあるのかわからないし、誰かと和歌を交換しようにも、黒龍の巫女である私と交流を図りたいとする人なんていなかった。 退屈な時間を過ごしていると、ある日、紅葉の木の下に艶やかな長い黒髪の、血のように紅い瞳を持った男の人が立っているのに気が付いた。 どうせ誰も居ないのだし、と思って十二単の裾を持って中庭に下りてその人に近づいてみると、「譲羽」と親し気に名前を呼ばれた。 ああ、私はこの紅い瞳を知っている。

  • 少年は進む。世界で一番優しい人のために

    ♡23,000

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・22話・71,594字 コロリエル

    2020年9月26日更新

    世界中に出現した、インビジブルビースト、通称IB。 普通の人間には認知することすらできないその存在は、世界中の人々を恐怖のどん底に陥れた。 しかし、IBが出現した数年後。一人の科学者によって、対抗手段が誕生した。 IBの事を認知でき、通常では考えられないような異能の力を持つ存在……『IBキラー』。 主人公である七宮 千尋も、その中の一人だった。 しかし、彼には四年前から記憶がなく、なぜそんな力を持っているのか、分からなかった。 自分の進むべき道を見失っている中、彼が強く惹かれた少女が、一人居た──。 ──これは、世界で一番優しい君と、共に歩くための物語。 (小説家になろう様とマルチ投稿しております)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 最初で最後の長編です

    ♡800

    〇0

    ミステリー・完結済・59話・192,699字 灰塚滝

    2020年9月26日更新

    物語は、ネット上を徘徊する一つのドラッグから始まる。 そのドラッグ、“トイフェル・ギフト”を売り捌く黒幕を把握せんと動きだす政府の手。 捕縛の気配を捉えてか、ここぞいう時に追跡の手を振り切る不気味な動きを見せる組織の実態を知るために、ネット上から捜査協力者を求める手に出る軍部からの総指揮者グリッグス。 だが彼が着目した協力者候補は、ネット上で妙な噂が流されている青年だった。この青年の協力から得た情報で事件はあらぬ方向へ向けて動きだす。 ※「黄昏」「PROLOGUE.」「第一章から第十二章」まで収録。 【創作期間/2010年12月28日~2018年3月5日完結】※番外編全作含む。

  • こんな悪夢は獏も食わない、そうだろう?

    ♡2,700

    〇0

    ミステリー・連載中・15話・75,301字 朝比奈餡奈

    2020年9月26日更新

    ☆毎週日曜日の18時に更新!☆ 大学に通いながらバイトをする佐藤律(さとうりつ)は同じ夢を見続けていた。その夢世界は殺人や窃盗が頻繁に起こる世界であった。そんな悪夢のような世界での佐藤は、『イーア』という盲目の人間として存在していた。超能力や魔術といった常人には無い力を持った夢世界で『シナプス』という男と出会い、イーアは合言葉を伝えた。 夢世界から覚醒した佐藤は今まで書いてきた夢日記を見てある事を確信した。それはこの現実世界と夢世界がリンクしている事であった。夢世界で死ねば、現実世界でも死ぬ。そんな夢世界から脱する為にシナプスらと共闘し、夢世界の上層部にある夢扉を目指す。しかし、道中で様々な異形に行方を阻まれてしまう。