現代/その他ファンタジー 短編集 連載中

読書キャンペーン開催中!

バーテンダーは夜を隠す

作者からの一言コメント

繁華街は、今日も噂話に花が咲いている。

読了目安時間:1時間45分

総エピソード数:15話

バーテンダーは夜を隠すの表紙

 繁華街の外れにある。雑居ビルの地下に、そのバーはある。  繁華街は、今日も噂話に花が咲いている。都市伝説から、街で発生した事故や事件の話。  たくさんの噂が存在している。 「知っている?」 「何?」 「雑居ビルの地下にあるバーの話」 「え?何?知らない」 「昼間しか営業していないバーらしいのだけど、夜にバーに訪れると・・・」 「え?ホラー的な話?都市伝説?あのバーなら知っているけど、昼間しか空いてないよ?夜に行っても暗いだけだよ」 「うん。だから、強い。夜を焦がすくらいの”願い”が無いとダメ。”願い”の手助けをしてくれるみたい」 「手助け?」 「そう、”手助け”。それ以上でも、それ以下でもないって話だよ」 「へぇ・・・。でも、でも、あのマスターって・・・」 「うん。不思議だよね。いろいろ知っているけど、流行の話とかには疎いよね」 「うんうん。なんか、子供から急に大人になったみたいな人だよね」 「そうそう。それに、カウンターの奥の席には誰も座らせないみたいだよ」 「えぇ・・・。意味深」 「なんかね。私の友達が、聞いた話だよ。マスターの死んだ奥様の予約席だって・・・」 「えぇ嘘・・・。私は、あの席は、マスターの親友の予約席で、あのドライフラワーの送り主だって聞いたよ」  変わったマスターが営む。バーシオン。  昼間だけの営業時間だ。営業時間外に訪れる場合には、強い願いが必要になる。雑居ビルの地下で、本日も営業している。

総エピソード数:15話

作品情報

作品名 バーテンダーは夜を隠す
作者名 北きつね
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 現代ファンタジー 短編(一話完結) バーテンダー カクテル言葉
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月4日 23時24分
最終投稿日 2022年4月12日 23時33分
完結日 -
文字数 52,254文字
読了目安時間 1時間45分
総エピソード数 15話
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 17件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • Starlog ー星の記憶ー

    特に無し

    100

    0


    2022年5月21日更新

    主人公の千歳は幼い頃に事故に遭い、その日を境におかしな夢と普通の人には視えない影が視えるようになる。高校生になった千歳は人ならざるもの『異形』とも戦うこととなり、そして夢の中でも正体のわからない影と接していくこととなる。

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む

  • ♯03【神楽坂ゴシック・フォックス探偵事務所のB級的調査譚】白の衒奇的介入

    おっさんの書く、しょうもない妖狐もの

    1,000

    0


    2022年5月21日更新

    ■■ 紹介 ■■ 年は変わり、まだ厳冬続き、雪の多く降る一月。 ロシアにて年を越した旅遊家の西京太郎と瑠璃光寺玉であるが、その帰路のシベリア鉄道にて、元ソ連兵の男から奇妙な話を聞く。冷戦時代の、雪山での演習に向かっていた部隊が突如、猛吹雪によって足止めを受けた列車から行方不明になったとされる奇妙な事件――。 そんな、真偽不明なオカルトの香りの漂う話のモヤモヤを抱えつつ日本に帰った二人は、神楽坂怪奇探偵コンサルタント事務所を訪れることに。そして、同じころ、国内外では何やら奇妙な前兆が…… ■■ 主な登場人物 ■■ ● 神楽坂文(かぐらざか・ふみ) 事務所副所長の肩書を持つ妖狐。 北川景子似の美女の外見にして、性格はクズでキモキャラ。声色は子安武人似。 チートクラスの力を持つも、その妖力はリボ払い式。 ● 綾羅木定祐(あやらぎ・ていすけ) 事務所所長の中年男。 人間嫌いで仕事嫌いのダメ人間。 ● 上市理可(かみいち・りか) 事務所助手。 武田玲奈似の20代女子。 ● 西京太郎(さいきょう・たろう) 自称、旅遊家(りょゆうか)。 七三気味に分けた短髪に、刑事ファッションの30代男。 ● 瑠璃光寺玉(るりこうじ・ひかる) 西京とコンビを組む、黒・金・水色・緑・ピンクの多色の長髪に地雷系ファッションの10代後半の女。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 報われない者たち ~毎晩更新!独特異色の哲学系学園譚!~

    第三章、武士道 vs 騎士道の体育祭!?

    26,500

    170


    2022年5月20日更新

    自殺一歩手前まで行った女の子が、高校に入学して七癖も八癖もある同好会に所属したことを転機に、先輩たちの心の闇を取り払うまでになる一年間の物語。 【あらすじ→】 高校に入学して間もなく、『報われない者たち』という謎の同好会に勧誘されてしまった水野舞湖。「なんだか面白そう」という理由でつい入会してしまうが、その活動実態は工作に筋トレに読書、小難しい議論をしているかと思えば、ボランティア活動と称した地域の七不思議の解明まで!? クラスマッチ、夏休み、体育祭に文化祭。高校生の日々を過ごす中でそれぞれの思想信条を持つクセ強な先輩部員たちに揉まれ、水野も段々と自分なりの ”ものの見方” を身に着け、人生に悩む先輩たちの心を支えていく。 そしてそれは、水野の心を救い、『報われない者たち』に水野を勧誘した張本人である、代表の杯賀にも……。 登場人物たちはみな日陰者、人生に社会にすべてを憂う "アンチ" 青春ストーリー「報われない者たち」、ぜひご一読ください。 各編予告動画↓ https://www.youtube.com/channel/UCJBNqWcDGjwyLRYqipiggIQ ※Twitterにあとがきのようなものを置いてます。 ※すべての発言、仕草、状況、展開を伏線だと思ってもらって構いません。本小説は群像劇、ないしは全体論的小説の一面を持ち合わせています。 ※本小説に登場する人物、集団、思想、発言、組織、商品、サービス、現象、地名、その他のすべてはフィクションであり、現実のそれとは何ら関係するものではなく、特定の何らかを推奨、勧誘、斡旋、揶揄、非難等をするものでもありません。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間6分

    この作品を読む

  • 箱入り忌み子

    神童と化け物は紙一重

    35,400

    150


    2021年11月13日更新

    稀で特異な体質のせいで、ある一定の範囲から出ることができない少年のおはなし。 ほの暗くてカビ臭く、時代錯誤なシリアス。 それでも最後は幸せな気持ちになれるはず。 ◇◆◇◆ fukamiyuu様の『少し偉そうな感想文』にてご紹介いただいております。 (599項 Episode 639になります) fukamiyuu様、ありがとうございます!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む