現代/その他ファンタジー 短編集 連載中

バーテンダーは夜を隠す

作者からの一言コメント

繁華街は、今日も噂話に花が咲いている。

読了目安時間:40分

総エピソード数:6話

バーテンダーは夜を隠すの表紙

 繁華街の外れにある。雑居ビルの地下に、そのバーはある。  繁華街は、今日も噂話に花が咲いている。都市伝説から、街で発生した事故や事件の話。  たくさんの噂が存在している。 「知っている?」 「何?」 「雑居ビルの地下にあるバーの話」 「え?何?知らない」 「昼間しか営業していないバーらしいのだけど、夜にバーに訪れると・・・」 「え?ホラー的な話?都市伝説?あのバーなら知っているけど、昼間しか空いてないよ?夜に行っても暗いだけだよ」 「うん。だから、強い。夜を焦がすくらいの”願い”が無いとダメ。”願い”の手助けをしてくれるみたい」 「手助け?」 「そう、”手助け”。それ以上でも、それ以下でもないって話だよ」 「へぇ・・・。でも、でも、あのマスターって・・・」 「うん。不思議だよね。いろいろ知っているけど、流行の話とかには疎いよね」 「うんうん。なんか、子供から急に大人になったみたいな人だよね」 「そうそう。それに、カウンターの奥の席には誰も座らせないみたいだよ」 「えぇ・・・。意味深」 「なんかね。私の友達が、聞いた話だよ。マスターの死んだ奥様の予約席だって・・・」 「えぇ嘘・・・。私は、あの席は、マスターの親友の予約席で、あのドライフラワーの送り主だって聞いたよ」  変わったマスターが営む。バーシオン。  昼間だけの営業時間だ。営業時間外に訪れる場合には、強い願いが必要になる。雑居ビルの地下で、本日も営業している。

前へ

1-6

次へ

前へ

1-6

次へ

作品情報

作品名 バーテンダーは夜を隠す
作者名 北きつね
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 現代ファンタジー 短編(一話完結) バーテンダー カクテル言葉
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月4日 23時24分
最終投稿日 2021年7月5日 23時06分
完結日 -
文字数 20,201文字
読了目安時間 40分
総エピソード数 6話
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 架空日記

    少し不思議な日常系……?

    400

    0


    2021年10月23日更新

    ある日青髪の少女は一人の男と出会う。それが少女と男の不思議な日常の始まりだった。 週一の更新予定です。 24話目の「架空日記12」で一区切りとなっています。 外伝の「空日記」は https://novelup.plus/story/139820286 で連載中です。

    読了目安時間:3時間36分

    この作品を読む

  • 散華のカフカ

    よろしくお願いします!

    9,100

    10


    2021年10月23日更新

    「散りゆく命に価値はあるのか?その価値を私は問いたい。」 「審判」から30年。 人々は他者を慈しみ、愛し、平和を保ち、健やかに生を全うすることが最大の幸福とされていた。 しかし、都市では人が灰になって消える、灰化現象が続出。 東 劃(アズマ クアク)とその仲間達はそれを捜査すべく現場に降り立つも、その裏で起こる巨大な陰謀の渦に巻き込まれていく。 表紙絵はきじなご様から頂きました!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間27分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る