現代/その他ファンタジー 短編集 連載中

バーテンダーは夜を隠す

作者からの一言コメント

繁華街は、今日も噂話に花が咲いている。

読了目安時間:1時間45分

総エピソード数:15話

バーテンダーは夜を隠すの表紙

 繁華街の外れにある。雑居ビルの地下に、そのバーはある。  繁華街は、今日も噂話に花が咲いている。都市伝説から、街で発生した事故や事件の話。  たくさんの噂が存在している。 「知っている?」 「何?」 「雑居ビルの地下にあるバーの話」 「え?何?知らない」 「昼間しか営業していないバーらしいのだけど、夜にバーに訪れると・・・」 「え?ホラー的な話?都市伝説?あのバーなら知っているけど、昼間しか空いてないよ?夜に行っても暗いだけだよ」 「うん。だから、強い。夜を焦がすくらいの”願い”が無いとダメ。”願い”の手助けをしてくれるみたい」 「手助け?」 「そう、”手助け”。それ以上でも、それ以下でもないって話だよ」 「へぇ・・・。でも、でも、あのマスターって・・・」 「うん。不思議だよね。いろいろ知っているけど、流行の話とかには疎いよね」 「うんうん。なんか、子供から急に大人になったみたいな人だよね」 「そうそう。それに、カウンターの奥の席には誰も座らせないみたいだよ」 「えぇ・・・。意味深」 「なんかね。私の友達が、聞いた話だよ。マスターの死んだ奥様の予約席だって・・・」 「えぇ嘘・・・。私は、あの席は、マスターの親友の予約席で、あのドライフラワーの送り主だって聞いたよ」  変わったマスターが営む。バーシオン。  昼間だけの営業時間だ。営業時間外に訪れる場合には、強い願いが必要になる。雑居ビルの地下で、本日も営業している。

総エピソード数:15話

作品情報

作品名 バーテンダーは夜を隠す
作者名 北きつね
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 現代ファンタジー 短編(一話完結) バーテンダー カクテル言葉
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月4日 23時24分
最終投稿日 2022年4月12日 23時33分
完結日 -
文字数 52,254文字
読了目安時間 1時間45分
総エピソード数 15話
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 17件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ルナサイト・コンタクト ~ Contact the Luna-Sight ~

    男女の運命的な出会いと行く末を描いた物語

    128,510

    204


    2022年10月7日更新

    これは、近代ヨーロッパ調の舞台を背景にした、若い男女の運命的な出会いとゆくすえを描いた物語。謎めいた伝説の能力を持つ少女と、その少女を支え、護ろうとする青年とが織りなすロマンティック・ファンタジー。 ◆あらすじ ガス灯がともる街を馬車や自動車がゆきかう時代。国境周辺では紛争勃発も珍しくなく、ある日、病弱の少女サヤカは暮らしていた街で戦争に巻き込まれる。 病院で目覚めた彼女は、瀕死の重傷から一命を取りとめた我が国最強の兵士とされる青年トーイと出会う。 そこで知らされる二人の身の上に起きた秘密とは……。 二人の間に強固なつながりを感じながら、戦争で消息不明となったサヤカの姉を探す旅に出る。 トーイに襲いかかる敵国最強の兵士、サヤカをつけねらう異能者、サヤカに親身になって世話をやく名家の令嬢など、窮地を逃れながらも様々な人との出会いを重ね、二人は共に歩んでゆく……。 やがてサヤカの秘められた能力も覚醒し始め……。 ……と言った物語です。 どうか気長にお付き合い頂ければ幸いです。 ※残虐描写や性的表現はほとんどありません。暴力描写は戦闘シーンの表現上、少なからずあります。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間19分

    この作品を読む

  • レディアント・ロード 2nd season

    繰り広げられる激闘、その目に焼き付けろ

    23,600

    0


    2022年10月7日更新

    異能の力を持ちし《能力者》が当たり前のように共存する世界。 その世界には《覇王》という二つ名を与えられ、能力者の中でも異質な才能を持った少年・姫神ヒロムがいた。 類稀な才能を持ちし少年は仲間と共に今を生きている。そんな彼の日常を壊すように悪意に染まりし能力者が動き出す。 少年は今、自らの日常を守るため、大切な人、守りたいもののために戦う道を歩む。 険しき道を仲間と進む少年の中に芽生えし力、得体の知れないその力は何なのか? それは未来に続く希望なのか? それは絶望に誘う末路なのか? その正体も、辿り着く先すら誰も知らない。 だから少年は仲間と進む。 明日に続く道を知るため、己の中の意味を知るため。 さぁ、物語を紡ごう!! 「オマエの中にある魂を燃やしてオレたちについてこい」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:40時間18分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る