異世界ファンタジー 長編 連載中

ダンジョン攻略は海兵隊魂で!

作者からの一言コメント

最強無敵の魔戦士と、ツンデレAIの冒険譚

読了目安時間:22時間20分

総エピソード数:196話

【あらすじ】 魔法が一切使えない、無敵の魔戦士『独言のノエル』。 彼はアメリカ海兵隊の 装備と支援AIの 助けでその名を馳せている。 町のすべての悪党を、軒並み倒してしまった彼は、親の仇討ち、仲間の供養、物資探しの旅に出る。 ツンデレAIの相棒と、旅路で出会う新たな仲間。 金髪エルフに巨女剣士、ロリっ娘メイドを引き連れた、ダンジョン攻略の物語。 【主な登場人物】 ・ノエル・ルコッタ  主人公。元冒険者ギルド所属のポーター。亡き恩人から譲り受けたアメリカ海兵隊の装備を身に纏い、『独言のノエル』と呼ばれる魔戦士として名を馳せているが、魔法は一切使えない。盗賊・山賊・海賊などの悪事を働き弱者を踏みにじる存在を許せない。いまは相棒のソニアとともに、ある目的のために旅をしている。 ・ソニア・ビヨンド  ノエルの相棒であり、良き理解者。ノエルはソニアのことを、別世界の見知らぬ国から来た精霊だと思っているが、その正体は、アメリカ海兵隊の装備品である「歩兵戦闘支援システム」に組み込まれた人工知能。国防総省のプレス発表によると、二等軍曹相当の階級であるらしい。 ※この作品は、異世界生まれの現地主人公が、アメリカ海兵隊の装備を身につけて、軍用AIとともに冒険するという、異世界ファンタジーです。 ※週1回以上の更新を予定しております。 ※作中に残酷描写、暴力描写および性的表現があります。 ※この物語はフィクションであり、実在の国家・団体・人物・エルフとは一切関係ありません。  また、法律・法令、並びに道徳・倫理に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※小説家になろう様、アルファポリス様にも投稿しております。

総エピソード数:196話

総エピソード数:196話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ダンジョン攻略は海兵隊魂で!
作者名 乃木重獏久
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 転生/転移 現地主人公 現代兵器 海兵隊 エルフ AI 女剣士 巨女 ダンジョン ざまぁ ミリタリー 魔法 アイテムボックス スライム
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年11月9日 6時12分
最終投稿日 2022年7月6日 21時31分
完結日 -
文字数 670,067文字
読了目安時間 22時間20分
総エピソード数 196話
ブックマーク登録 124件
コメント 536件
スタンプ 1,483件
ビビッと 126件
応援ポイント 1,199,765pt
ノベラポイント 47,168pt
応援レビュー 2件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • スクボ・ディ・プリマヴェーラ  春の夢魔は満月の夜に舞い降りる

    毎晩3,000字前後で更新、全45話ほど

    2,200

    0


    2022年7月6日更新

    巡礼姿の二人連れがやってきたのは、「裏の仕事」を依頼するため――。 大河の河口の三角州、国際交易都市アジー。 外洋船のマストを越えるほどの高い城壁に囲まれ、中はくまなく運河が張り巡らされた都市だ。 北のルッカラ辺境領主の娘ラハヤとその従僕パウリは、戦火を逃れ東洋人街の貿易商スオウヤ商会にやってきた。 目的は、戦争のどさくさに野盗に拉致されたラハヤの兄イェンスを救出してもらうため。 「春の夢魔」の伝説が残るこの街を、スオウヤ商会の面々が行く。 ◆地中海とインド洋にあたる地域が直接自由に航行できる世界線で話を作りました。 ◆「イタリアにあたる界隈にまで日本人町ができていたら」という架空の話です。 ◆ヨーロッパを舞台にした時代劇のノリでお楽しみください。 ◇毎回3,000字前後、全45話ぐらいの予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 棘薔薇呪骨鬼譚

    平安時代 × 古代中世中華ファンタジー

    1,500

    0


    2022年7月6日更新

    ★平安時代 × 明治大正ロマン × 古代から中世の中華文化 × ファンタジー★ 主人公は先祖代々皇帝家に仕えてきた〈影〉の存在、杏守《あんずのもり》家の娘、翼禮《よくれい》。 一族は全員仙術師という特殊な存在で、京《みやこ》には他に仙術師は存在しない。 翼禮の血にはかつて最強と謳われた魔女にかけられた|呪《のろい》が大隔世遺伝によって受け継がれており、産まれた時から意志に反して身体に出現する〈棘薔薇《いばら》〉に苦しんできた。 暗殺をもいとわない仄暗い仕事を請け負いながらも、表向きは平穏な普通の家族として生きていたある日、皇帝家が簒奪され、新たなる王朝が誕生した。 国としての変革の時。それは翼禮も無関係ではなかった。 なんと、杏守家が新皇帝によって〈影〉の任務から解雇されてしまったのだ。 しかし、翌日、翼禮だけが再雇用されることとなり、それには理由があることを悟った。 杏守家にはある秘密があり、それが新皇帝にとって脅威とみなされたのだ。 この雇用はある意味監視。人質も同然であった。 両親が意を決して断ろうとした瞬間、翼禮は言った。 「喜んでお引き受けいたします。両親が賜ってきた恩を、わたくしがお仕えすることで少しでもお返しできましたら幸いでございます」と。 見極めてやろうと、そう、翼禮は思ったのだ。 先祖代々仕えてきたにもかかわらずばっさりと一家を切り捨てた新皇帝とやらを。 彼はまだ気づいていない。 〈影〉の中でも、一番厄介なものを懐に入れてしまったことに。 翼禮が請け負った仕事は京《みやこ》の安全を保つこと。 京の周囲にはいくつかこの世とあの世を繋ぐ太門《たいもん》という門がある。 その門周辺には妖魔《もののけ》や凶鬼《きょうき》が巣食っており、人間を食料として襲うという事件が多発していた。 魔物を倒せるのはそれ相応の力を持った者だけ。 翼禮は市井の人々を助けるため、山へ入り、太門に向かった。 すると、そこには普段とは違う、大きな力の痕跡が……。 これは間違いなく、魔物たちの王族、〈禍ツ鬼《マガツキ》〉に違いない、と、翼禮はたった一人、山の奥へと入っていった。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ヨミガラスとフカクジラ

    全てを失った英雄を廻る、奇妙な運命。

    327,705

    588


    2022年7月6日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中都市連邦“バラクシア”の首都、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間51分

    この作品を読む

  • ビスマルクの残光

    ヨーロッパの権謀術数の中で活躍する外交官

    123,150

    333


    2022年7月6日更新

    時は戦間期ヨーロッパ。緊張する国家間を駆け巡り、外交交渉を行う者がいた。彼の名前は安芸峻一朗。日本人であり、周囲からは伯爵と呼ばれていた。そして彼は自らを『独立外交官』と称していた。一触即発の緊張が高まるこの世界で、随員であるナジェージュダ=名津=ベルナーシェクとの活躍により、次大戦を回避することができるのか?

    読了目安時間:2時間3分

    この作品を読む