現代/その他ファンタジー 短編 連載中

終わりから始まった

作者からの一言コメント

幻想死神シリーズ

夜の狭間。 ジャスミンの花が咲く小さな公園で少女は死神と名乗る少年と出会った。 そこで少年からあるお願いをされて……? 過去に負い目がある少女と死神と名乗る少年が出会った時、再び始まる終わりの物語の行方は。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 終わりから始まった
作者名 椿灯夏
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 幻想 現代 死神 日常 公園 ジャスミン 絵本 切ない 不思議 オルゴール
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月24日 7時19分
最終投稿日 2020年5月24日 14時50分
完結日 -
文字数 842文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ――どうしてこうなった!

    ♡35,000

    〇1,800

    恋愛/ラブコメ・連載中・18話・77,424字 剥製ありす

    2021年1月20日更新

    その時計塔には、ある少女がいた。誇り高き紫色の髪を靡かせ、すべてを見透かす金色の瞳を持った少女が。ある者は彼女を魔女と呼び、ある者は彼女を賢者と呼んだ。 時にたった一つのすれ違いが、大きなうねりを生んでいく。まさにその最中にあった彼女は、ある種の諦観を伴った言葉で呟いた。――時計塔の魔女曰く。どうしてこうなった、と。

  • 正しく生きるための戦い方

    ♡8,500

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・65話・259,135字 霜月みさき

    2021年1月20日更新

    「いいか、お前の力は何かを守る力だ。何かを奪ったり誰かを傷つけたりする力じゃ決してない」 この世界の人間は、炎や雷などの能力を生まれながらに持つ。 そんな世界で自分が異世界である日本という国の女子高生だったことを思い出した少女の人生は一変していく。 記憶と共に出現した少女の能力である「青い炎」はこの世界では禁忌の能力とされ恐れられ、かつてとある国のとある女王が最強の名を欲しいままにしていた能力だった。 月日は経ち、絶滅したはずの魔族の襲撃で大切な育ての親を失った少女は魔族への敵討ちを誓い騎士団に入団する。 しかし、禁忌の能力「青い炎」の使用を禁止された少女は仕方なく剣の腕を磨きながら魔族を倒すために任務をこなすことになる。 思い出した記憶の自分も今の自分も変わらないことが1つだけある。 「助けてと言われたら絶対に助ける」 それが自分の命を削ることになったとしても。 自分が本当は誰なのか、どこからきたのか分からなくても生き方はずっと変わらない。 大切な人との約束をずっと守り続けるだけだ。 そんな少女…井神みぃが世界を変えてしまうまでの話。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る