恋愛/ラブコメ 短編集 完結済

掌編小説 2021年6月分

作者からの一言コメント

Twitter140文字小説の6月分です

読了目安時間:14分

掌編小説 2021年6月分の表紙

「掌編小説」の名前で140文字のごく短いお話をTwitterに投稿しています(https://twitter.com/l3osQbTDUSKbInn)。2020年春にスタートし、紆余曲折を経て、昨年末ぐらいから朝と夕に別視点の続き物、深夜にまったく別のショートを毎日投稿するようになりました。Twitterはどうしても流れていってしまうので、自分でもあとから読み直せるように、一部を除き、月別に朝夕のまとめをつくることにしました。原則として投稿時点から大きな修正はしません(140文字×2本で収めます)。 ※本文のイラストはミカスケ(イトノコ)さん(https://twitter.com/misokooekaki)とノーコピーライトガールさん(https://twitter.com/nocopyrightgirl)の作品です。表紙はミカスケ(イトノコ)さんの作品を使わせていただきました。お二人とも素晴らしい絵師さんですので、ぜひ、Twitterでご覧になってください!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 掌編小説 2021年6月分
作者名 掌編小説
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 現代日本 学園 ノベプラオンリー 日常 百合 青春 高校 恋愛 切ない
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年7月21日 11時47分
最終投稿日 2021年7月21日 14時18分
完結日 2021年7月21日 11時08分
文字数 7,021文字
読了目安時間 14分
ブックマーク登録 5件
コメント 0件
スタンプ 29件
ビビッと 0件
応援ポイント 11,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 「3回会えたらヤッてよ私と」「あ、おう。は?」

    偶然3回会えたらおせっせできるそうです。

    48,200

    40


    2021年7月30日更新

    名前も知らない女の子と3回出会ってエッチするまでの物語。 *** 「私たちがもしも3回会えたらさ、エッチしよう」 都会の少し外れ。人口ギリギリ10万人未満。そんな街の、ある土砂降りの夕方。僕は彼女と出会った。 名前は知らない。歳も、どこに住んでいるかも分からない。セーラー服を着ているということは女子高生なのだろう。けれど、どこの制服なのかも分からない。 分かっているのは、その台詞が、あまりにも唐突に吐かれたモノで、しかし彼女はどうやら本気だということ。 これは、何も知らない女の子と3回出会い、エッチをするまでの物語──になるはずだ。あ、いや、き期待などしていないさ。マジで。 「小説家になろう」「カクヨム」でも公開中です。

    読了目安時間:4時間7分

    この作品を読む

  • 月夜のハルジオン

    2人は必ず結ばれる

    145,200

    1,010


    2021年7月30日更新

    昔々、とまではいかない昔。 大魔王は1人の子を産みました。 「この子を人間界に堕としてみよう」 気まぐれな大魔王は小さな我が子をポイッと人間界に捨てました。 一方、神様も1人の子を産みました。 「この子を人間界に送ろう」 憂いた眼差しで子をそっと人間界に置きました。 子どもたちは高校生にまで成長しました。 人ならざる2人が結ばれるまでのお話。 (お急ぎの方は「side」を飛ばして読んでも話がつながります。是非どうぞ) 1章はさらさら読める感じですが、2章からはすこーし深くしていきますのでお楽しみに! (月)に本編、(木)〈あれば(土)〉にsideをup中。 「小説家になろう」と同時更新しております。 イラストは自作です。FAお待ちしております。来たらぶっ倒れるほど喜びます。

    読了目安時間:2時間41分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

    450,100

    1,800


    2021年7月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間34分

    この作品を読む

  • エレス冒険譚 ~竜騎士物語~

    転生ではない、王道系ファンタジーです

    239,400

    100


    2021年7月29日更新

    考古学者として旅していたカシムだが、誘拐された王女を偶然助けたことで、国王から「竜騎士」を目指すように命令される。 それは、この世界で最も恐ろしい十一柱の創世竜の元を巡らなければならない、「死刑宣告」と同義の命令だった。 この物語は、エレスという世界を舞台に繰り広げられる、カシムやその仲間たち、そして、さらに沢山の冒険者たちの物語である。 ※一応セルフレイティング入ってますが、それが主眼の話しではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:29時間58分

    この作品を読む