ミステリー 短編 完結済

五月うどん病 ~うどん椅子探偵の事件簿~

作者からの一言コメント

うどん椅子探偵ってなんだよ

読了目安時間:7分

歌川健探偵事務所には、変わった依頼が舞い込んでくる。そば屋のおやじが大切にしていた犬「そばこ」の捜索、スパゲティ屋のお姉さんがダイエットに失敗する理由の調査。今回の依頼は、大学で五月病が流行っているとの相談であった。なにやらうどんが関係している一風変わった五月病のようで……? 探偵事務所に置かれている、うどん型の椅子に座りながら、うどん椅子探偵歌川は今日も出汁香る推理を披露する。 自主企画「ちとコン!」ミステリー部門参加作品です。タイトルはのべらちゃんさん公式ツイッターより。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 五月うどん病 ~うどん椅子探偵の事件簿~
作者名 nullpovendman
ジャンル ミステリー
タグ うどん 五月病 コメディ 日常の謎 ちとコン ミステリー部門
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月3日 11時02分
最終投稿日 2021年5月3日 11時11分
完結日 2021年5月3日 11時02分
文字数 3,566文字
読了目安時間 7分
ブックマーク登録 1件
コメント 2件
スタンプ 16件
ビビッと 1件
応援ポイント 5,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • アンネリーゼの首縄

    ある日、女子修道院の院長が死んだ

    34,500

    2


    2021年5月14日更新

    【毎週金曜0時更新】 ある日、女子修道院の院長が死んだ。ただの自殺ではないということを主張する、奇妙な遺書を残して…… 訃報を受け取った管轄の修道院の命令により、その死が自殺か否かを調べるために問題の女子修道院へと派遣されたカイ修道士。嫌々ながらも修道女たちの話を聞いて回るのだが、そこには想像を超える大きな闇が広がっていた。 真実を追い求めるか、手を引くべきか。 誰を信じ、誰を疑うか。 女が口を開くたび、目に映る景色は色を変える。 13世紀のドイツを舞台に繰り広げられる新感覚カルト・ミステリ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 間宮宙(まみやさとる)のスランプ1 -魔女の采配ー 【毎日更新】

    誰が魔女か?人の死なないラブコメミステリ

    85,800

    628


    2021年5月13日更新

    華麗なる変人 間宮宙×お人よしな高校生 橘慈雨=ゆるっとミステリィ&イラっとするラブストーリィ ★日常にイケメンとスリルともたらす作品です。 ★殺人は起きませんので、ご了承ください。 ★痴情沙汰は起きますので、ご堪能下さい。 ★扱いにくい人間が出てきますが、お付き合いください。 「僕を嫌う人間は二種類だ。みんなに嫌われている人間か、内面に隠し事がある人間だ」と間宮はいった。 ●間宮宙(まみやさとる)26歳。 いま最も作品が高く売れる若き現代美術家の一人で、セレブリティにして大富豪であり超のつくイケメン。 だが困ったことに恋愛不適格者。 スランプに陥っていて2年間絵を描いていない。 苦手なもの:乙女心 ●橘慈雨(たちばなじう)17歳。 地味に、目立たず、控えめに暮らす超平和主義者。 にもかかわらずお人よしなために、トラブルに巻き込まれやすい。 座右の銘は、触らぬ神に祟りなし。君子危うきに近寄らず。 慈雨の平凡な日常は、イケメンセレブリティ間宮との出会いで一変する。 <あらすじ> 高校生の橘慈雨(たちばなじう)は母の頼みで夏休みの間、叔父である間宮と渋々暮らすことに。 そんな二人の前に「魔女のシンボル」を持った女性が現れ、慈雨は間宮とともに魔女の正体を探ることにした。 間宮のスランプの原因が元カノとの別れにあると知った慈雨は、間宮に元カノに連絡することを促す。 当初それを拒んでいた間宮だったが、慈雨と一緒にいるうちに考えを改め、ついに元カノに連絡して返事を待つことにし、いよいよ新作に着手し始めた。 同じころ、間宮は魔女の正体を暴くが本当の魔女は、想像の及ばない力と目的を持っていた。 果たして本当の魔女とその狙いは何なのか。 新作は完成するのか。 間宮の恋の行方は? 【お知らせ】 ・6.1から1ページの文字数増やしています。 ・池田クロエは、作品がすべて完結してから連載しますので、毎日更新します。 ・全125,665文字

    読了目安時間:3時間1分

    この作品を読む