連載中 長編

エスパー少女と心の見えない転校生 〜二人で過ごした四ヶ月〜

作者からの一言コメント

エスパー少女と転校生の共依存百合!

皇 祝夏(すめらぎ しゅか)は生まれた時から人の心が見えるエスパーの女の子。 祝夏は三歳の時に、エスパーの少女が主人公のテレビアニメ見て、超能力を使い、人々を助け、みんなの人気者になることを夢見るようになった。 アニメからエスパーとしての心構えを教えてもらい、能力を使いこなす練習を充分に積んだと判断した祝夏は、五歳になり幼稚園のクラスが入れ替わったの機に、エスパーとしての能力を使い始めた。 アニメに出てきたエスパーの少女のようになれると信じて。 だが現実はアニメのようにうまくはいかなかった。 エスパーであることが周囲に露見した祝夏は、クラスの中で気味悪がられ、迫害されるようになった。 祝夏への差別は次第にエスカレートしてゆき、彼女の両親までも気持ち悪がられるようになった。 ついにその地域で暮らしていくのが不可能になった祝夏の家族は、両親が離婚し、母親に引き取られ、遠く離れた場所で暮らし始めた。 祝夏はエスパーであるという理由だけで誰にも受け入れてもらえず、そして自分のせいで両親が別れることになったことで深く傷付いた。 それでもなんとか立ち直り始めた頃、母親が再婚した。 そして母親の愛が少しずつ自分から、再婚相手とその人の子どもに移っていく、生々しい心の動きを目にし、心が完全に折れた。 「エスパーである自分のことなんて誰も受け入れてくれない。愛してくれない」 そんな思いに支配された祝夏は、高校生になり、親元を離れて、一人暮らしを始めた。 誰にもエスパーであることがバレないように気を配りながら、誰とも関わらない。どうせ誰にも受け入れてもらえはしないのだから…… そんな祝夏に転機が訪れた。高校二年に始業式。その日に現れた転校生、姫宮 王禍(ひめみや おうか)。彼女の心は黒い影に隠れ、一切見えない。 祝夏にとって心が見えない人を目にしたのは、これが初めてだった。 祝夏の心は揺れた。いままで目にしたことのない特別な心を目の当たりにして。 「もしかしたら私のことを受け入れてくれるかも」 そんな淡い期待を胸に祝夏は、心が謎に包まれた転校生、王禍の観察を始めた。 ※毎日午後九時更新! 第一部が全20話になります! 第二部は現時点で20話前後になる予定です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 エスパー少女と心の見えない転校生 〜二人で過ごした四ヶ月〜
作者名 神薙 羅滅
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 百合 日常 現代日本 女主人公 ほのぼの シリアス ダーク R15 共依存 学園
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年4月28日 12時00分
最終投稿日 2020年6月2日 21時07分
文字数 227,707文字
ブックマーク登録 13件
コメント/スタンプ 70件
応援ポイント 117,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 未来に自分がいなくても

    ♡81,731

    〇500

    恋愛/ラブコメ・連載中・41話 桜川凛

    2020年6月3日更新

    大切な妹の春月へ、 あなたが転生者であると聞いて驚いています。 だけども、その事実が智絵里を救うことのためらいをなくしました。 死ぬことが怖くないなんて言わない。 ――ほんとは、生まれてこなかったことになるのだから、 死ぬよりももっと怖いのかも知れないけど。 この世界で智絵里が救われて、みんなが幸せになれば私は消えます。 春瀬美月という人間はいなかったことになります。 それでも、エヴァリーナお嬢様の使用人――不良なルチアはあなたの記憶の中にあります。 私はそれだけで充分です。 誰かの記憶にあるのだから、すなわち生きていると言ってもいいんだ。 ルチアとしての話は語るべくもありませんが、 春瀬美月の話は「ササラ」と名乗っている女の子に聞いてください。 彼女ならばすべて話してくれるでしょう。 繰り返しますが、あなたの記憶の中にわたしがあるのならば、 わたしは生まれてきてよかったと本当に思います。 お母さんとも仲良くしなければ駄目ですよ? 幼なじみの美留ともです。 この世界ではお母さんでもなければ、幼なじみでもないかも知れませんが、 あなたの大好きな智絵里が大好きな二人ですから、きっと仲良くなれるはずです。 マッキーとも、聖歌姉さまとも、仲良くしなければなりませんよ? 一見すると怖いかも知れませんが、聖歌姉さまは7段の掛け算が出来ません、今度いじってあげましょう。 お母さんの妹、パナリィーンもとってもいい子です。 学園長である、アサツキ様もとってもいい人です。 乃絵美とヒナタはついでくらいに仲良くしておけばいいです。 最後に、みんなと仲良くなったあなたは私のことを忘れてしまうことでしょう。 忘れてしまえば、悩むこともありません。 姉はそれを願っています。

  • 超能力×学園×バトル!!

    ♡8,900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話 眠すぎ太郎

    2020年6月1日更新

    超能力は、実在した。 突如としてぼくに目覚めた不思議なチカラ――サイキックは、離れたところにあるものを動かすことができる能力だった。 超能力者はサイキックを扱う者、サイキッカーだけではない。 透視・予知のクリアボヤンサー、瞬間移動のテレポーターなど、様々なチカラと個性が、学院ではひしめいている。 サイキッカーとして、ぼくはそこで着実にチカラを高めていく。 楽しい生活だと、充実した毎日だと思っていた。 だがその矢先、クリアボヤンサーたちがあることを予知した。 それはぼくのいた世界が、一年後に滅ぶということーー。 週1〜2回更新!!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る