連載中 長編

不滅のザック~化け物は愛と引き換えに世界を滅ぼす~

作者からの一言コメント

ファンタジーが好きな人は好きになれる作品

君が望むのなら、俺は化け物だって構わない。それで、愛が続くなら。 愛することを覚えた「化け物」と呼ばれる青年と、自分の居場所を必死に探す王女の哀しい愛と戦争の物語。 青年ザックと王女マリアは王都のはずれにある森の中で出会った。ザックは、自分が過ごす村では「化け物」と呼ばれ避けられていた。マリアは、城の中では可憐な容姿と周りからの評価が高いことで、他の王女達から嫌われ、嫌がらせ行為を受けていた。そんな二人だからか、気が合い、自然と打ち解けていった。そんな中、ザックに戦争のための一般兵の招集がかかり、そこから二人の物語は急速に動きだす。 人と人との関わり、ザックは多くの人と接することで、何を感じ、何を思うのか。 小説家になろうではあまりない超王道バトル&ヒューマンドラマファンタジー!! ★基本設定 人族、魔族、精霊族が存在する世界。 ありとあらゆるものに魔力が存在し、この世界の人々は魔力を利用して生活している。 魔力を様々な形で具現化し、利用する魔法という概念が存在する。 魔力保有量は精霊族、魔族。人族の順番で多い。 人族と魔族は100年以上もの間戦争を続けている。詳細は読んでください。 ※不定期更新です。なるべく頻度は上げていきますが、週3更新出来たらいいなと思ってます。 ※小説家になろうにも掲載しております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 不滅のザック~化け物は愛と引き換えに世界を滅ぼす~
作者名 平和空輔
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ファンタジー バトルファンタジー ヒューマンドラマ 異世界 魔法 戦争 恋愛 シリアス 戦記 男主人公
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月30日 12時01分
最終投稿日 2020年5月24日 19時42分
文字数 148,310文字
ブックマーク登録 11件
コメント/スタンプ 9件
応援ポイント 19,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年5月31日更新

    のじゃ口調最先端ロボメイドと使命感の強い女子高生が友達と一緒に「ロボットに関する世界の倫理」を更新するために騒ぎを起こす物語です。 2040年、世界各国で戦争や紛争が激化。人間ではなく各国のロボット同士が戦う戦争に変わった事によって、戦争が気軽に行えるものになってしまっていたのだった。 本来であればロボットは人間を傷つけるべきでは無いのだが、戦場に送られるロボットの数々は「あくまでも過去の大量のデータから最適解を探して自動的に実行しているだけ」であり、アイザック・アシモフのロボット工学三原則に基づいたルールの適応外であるというのが各ロボット企業の言い分だった。 日本のロボット産業の覇権を争う染井グループの娘であるアキノは、その世界の流れを変えるべく友達のヨシノや高校の仲間と世界を変える為に行動を起こす。 ロボット工学三原則 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。 また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。 ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、 自己をまもらなければならない。 (出典:アイザック・アシモフ『われはロボット』小尾芙佐訳、早川書房) 2万字程度なのでぜひお付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。

  • ネコとOLの織りなすハートフルコメディ。

    ♡8,000

    〇10

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話 あんじょうなほみ

    2020年5月31日更新

    「ボク」は、東京のオフィス街・大黒天の片隅で暮らす名前のない1匹の野良猫。 静かで、日当たりがいいこの公園が大好きで、お昼時にはいつもここで過ごしています。 ある日、この公園にふらりと一人の女性がやってきました。 女性の名前は斉藤さん。 「ボク」と「斉藤さん」は、なぜか心が通じ合うのです。 斉藤さんは次の日もそのまた次の日も公園へとやってくるようになり 斉藤さんは「ボク」に、日頃の悩みを打ち明けるようになりました――。 1匹の野良猫「ボク」と、都会ではたらくOLの「斉藤さん」との心の交流を描くハートフルコメディです。 <こんな方にオススメ> ★猫(ねこ/ぬこ)が大好きな方 ★心温まる話・泣ける話が好きな方 ★ハッピーエンドが好きな方

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ムカつく奴は皆殺せ。残った奴が親友だ。

    ♡6,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話 那由多 ユラ

    2020年5月31日更新

    高校生活を振り返って 神刺 裂那 警察にムカついたことはないだろうか。犯罪者に感心したことはないだろうか。案ずるなかれ。それは人間の感性として非常にノーマルだ。むしろそれを気持ち悪い、恐ろしいと思う方がよっぽど非情だ。恐ろしい。気持ち悪い。いっそ死ねばいい。 罪を許容できない人間は人間に向いていない。正義を疑えない人間に人間は向いていない。罪を許容するためにルールがある。正義を疑うために法がある。それは人間が人間のために作ったものだ。それを人間でなしが平気で振りかざす。 だからなんだと言われたら、なんでもない。人間が人間でなくとも、法がなくとも、罪がなくとも、それでも世界は変わらない。

  • 主人公は果たしてヒーローになれるのか……

    ♡3,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・18話 こーぷ

    2020年5月31日更新

    人間がロボットを使う……では無く、ロボットが人間を使う世界に転生?! この世界では、ロボットが人間を奴隷として扱っている。 そして、人間達にはメンタルチップという物が頭に埋め込まれており、ーーロボット三原則ーーでは無くーー人間三原則ーーが組み込まれている。 第一条 人間はロボットに危害を加えてはならない。 第二条 人間はロボットにあたえられた命令に服従しなければならない。 第三条 人間はロボットを常に敬わなければならない ロボット達は人間達を家畜の様に扱い、戦争に使用して、遊び感覚で殺してしまう様な世界である。 主人公スクエは小さい頃からヒーローに憧れていたが、ある事件がきっかけで夢を諦めてしまう。 そんなスクエが目を覚ました所は奴隷市場であり、今まさにロボット達によるスクエの競りが始まっていた。 果たしてスクエは酷い扱いを受けている人間達を救ってヒーローになれるのか!?