Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

#140字小説 二百物語

読了目安時間:2分

#140字小説 二百物語 第十集

人の遺伝子は2本あり父と母から1本ずつ受け継ぐ。 染色体はXとYの2種類あり母から貰うのはX。 父から継ぐのはXかYのどちらかで、Xを貰えば女性、Yなら男性になる。 つまるところ男系継承とは父から息子へ受け継がれるYの遺伝子であり、 万世一系の日本皇室は同じY遺伝子を持つ子孫なのだ。 #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1303533577028550656 友人と埼スタの代表戦を観に行った 買いすぎた日本代表チップスを周りに配る 隣の男性から返礼の飲み物を頂く 女性2人組からどこのファンかと問われ 地元浦和レッズと答えると今度は誰のファンかと 代表ユニの胸の4番を指し示す 本田ですか? ニヤリと笑ってくるり背中を見せた 「TULIO」 #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1303970595319603200 残暑の夕刻 やり残した花火セットを家族で楽しむ 庭先で手持ち花火を振り回していると 突然右手の人差し指に鋭い痛みが走った 見れば指先に何か黒いものが… それは裏の雑木林から飛来したコクワガタであった 子供の指に丁度収まるぐらいの 幸か不幸か 残り短い命を虫かごの中で過ごした #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1304261194904219649 異世界召喚。苦節20年。救国の英雄。酒池肉林。地球へ凱旋…しかし様子は一変していた。 以前より遥かに発展した街並。見知らぬビルが乱立。 奇抜なファッション。街行く数多の人々…。 世界は斬新な映像と音楽で溢れ返り、目に耳に口に入るもの全てが新鮮だった。 「これはもう異世界!」 #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1304629565768122378 不器用な俺いつも言葉にできなくて だから君に伝わらない 不器用な俺だから態度に出せなくて いつも君をなやませた 不器用な俺だけど表情少し変化した ずっと君が見てくれた 不器用な俺ずっと気持ちを隠してた だけど君は分かってた 不器用な俺やっと素直になれたから やっと告白できました #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1304982496879079426

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 78の小さな語り種 〜日替わりタロットストーリー〜

    タロットから紡ぐ小品集。毎日の鍛練企画用

    21,100

    80


    2021年9月29日更新

    毎日1枚タロットカードを引き、それをもとに短い物語を書いていきます。 カードの名前、意味、絵柄……何を使うかは、その日の気分次第。 「【鍛練企画】みんなでやろうぜ「パパズ・ストーリー・メソッド」」 https://novelup.plus/story/731888362 の企画用です。

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

  • 不確可

    自由に投稿しています。

    800

    0


    2021年9月28日更新

    詩風だったり歌詞風だったり、ブログ風だったりそれ以外風だったり。 短い言葉と少ない文章のモノをあげときます。 自由に、なるべく頻度高めにと、今のところ、考えております。 気楽に眺めていってください。 ※各話に繋がりはないです。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 終末街の無軌道少女隊~ゾンビや化物が跋扈する封鎖された城郭都市で、重犯罪人の女性たちが好き勝手に生き抜くそうです~

    反社会的web小説の金字塔!(独断)

    27,500

    2,622


    2021年8月27日更新

    これは一癖も二癖もある元女囚人達と、集団唯一の良心である一般人の少女が、何にも囚われず好き勝手に生きる新感覚日常物語である。 時をさかのぼること数年前、世界屈指の犯罪大都市に、突如として摩訶不思議な力を行使する異形の化物共が現れる。 囚人街と蔑まれた都市は、一夜にして終末街へと早変わりをした。 事態を重く見た時の政府はすぐさま軍隊を投入するも、じわじわ被害が拡大していく。 時を同じくして、各地から信じられない報告が相次いだ。なんと哀れな犠牲者達が再び起き上がり、仲間であるはずの人間を次々と襲い始めたというのだ。 後にゾンビ症と呼ばれ、意思を持たぬはずの死体が空腹に突き動かされ、新鮮な人肉を求め彷徨い歩くという、未だかつて人類が経験した事の無い最悪の事態だと判明する。 あまりの被害の大きさに政府は即応集団のみならず、各地方面軍を招集。次いで国際社会の呼びかけに応じる形で、多国籍連合軍を結成した。更には足りない人員を埋めるため、減刑を餌に囚人をボランティアと称し当該地域へ投入する事で、事態の収拾に当たっていた。 しかしなんの成果も挙げられず、ゆっくりとだが確実に被害地域は広がっていった。 押されつつも一進一退の攻防を続け約一月。遂に最終防衛ラインが都市外部へと差し掛かろうという所で、世界と都市の人々の運命を決定付ける、ある決断が下された。 化物の進行を止めるため、政府によって秘匿されていた独立特務機関である『九曜機関』の手によって、荒端境と呼ばれる大結界を使い、都市ごと化物とゾンビを隔離したのだ。数万人の生存者を残したままに。 その後すぐに、万が一に備え建てられた、通称『隔絶の城壁』で都市周囲を完全に封鎖。この壁によって化物の侵攻を防いでいると、表向きには発表されていた。 そして現在。都市に点在する生き残り達の集落から離れた、小高い丘の上にある豪邸。そこでは政府から見捨てられた数人の女囚人たちが、身を寄せ合って共に過ごしている。 様々な事情を抱える彼女達だが、今日も地獄の一丁目で、現状に折り合いをつけ生活しているのだった。 不幸と騒乱を、周囲にまき散らしながらであるが……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間13分

    この作品を読む

  • 【BL】忍ぶれど 忍ばざりけり 忍びの恋

    前世が姫のオレ、転生忍者に溺愛されて困惑

    1,000

    0


    2021年9月28日更新

    【連載中】軽妙でコミカルなBL・現代ファンタジー。 「オレの前世は、お姫様!?」転生忍者の400年ごしの溺愛にジタバタする苦労性ノンケ男子の受難の日々。 さかのぼること、江戸時代。 時の征夷大将軍・徳川家康のフィクサーとして名高い僧正・天海上人の直属の隠密部隊・黒賀弥(くろがみ)一族。 妖艶な美貌の忍者・緋凪(ひなぎ)に横恋慕され、池に身を投げ逃れた一族の巫女姫・白那(しろな)は、みずからに"氷霧転結の術"なる忍術をほどこし、400年の時を経て現世に輪廻転生したが、前世の記憶をいっさい持たないばかりか、天海音 真白(あまみね ましろ)という名の男子に生まれ変わってしまった。 高校3年の頃に両親を亡くした真白は、亡母の妹である叔母に引き取られたが、大学進学をあきらめ高校を中退し『和家蟻(わけあり)ホームズ』という不動産屋で働くようになった。 真白の職務は、もっぱらカウンター窓口での接客や、内見の案内。そして、"できたてホヤホヤ"の事故物件に入居して1か月ほど暮らし、"安全性"をチェックすることだった。 そんな真白が、20才の誕生日を間近にひかえた頃。 またしてもワンマン社長の絶対命令により、ハードな事故物件に滞在せざるを得なくなった真白は、そこに突然あらわれた密林のようなボサボサの長髪にボロボロの服を着た悪臭まみれの男に抱きつかれ、パニックにおちいる。 男は、刀夜丸(とうやまる)と名乗り、「オレは白那姫と再会するために"生滅流転の忍術"を駆使して江戸時代から何度も転生を繰り返してきた」と言い、真白こそが白那姫の生まれ変わりなのだと断言する。 いっぽう、前世において刀夜丸から白那姫を奪おうとした憎き恋ガタキ・緋凪もまた、不老長寿の妙薬により現世まで美貌を保って生き続け、有名な動画配信サイトでフォロワー150万人超えを誇るインフルエンサーとなっていたが、白那姫への執心は衰えをしらず…… ※この物語はフィクションです。 登場する人物・団体・名称等は架空であり、 実在のものとは関係ありません。 ・「かんたん表紙メーカー」使用

    読了目安時間:36分

    この作品を読む