Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

#140字小説 二百物語

読了目安時間:2分

#140字小説 二百物語 第十二集

不器用な俺いつも言葉にできなくて だから私もまようのよ 不器用な俺だから態度に出せなくて いつも私がよみとくの 不器用な俺だけど表情少し変化した ずっと私といたからね 不器用な俺ずっと気持ちを隠してた だけど私はしってたわ 不器用な俺やっと素直になれたから やっと結婚できました #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1307159121108430848 無人島生活2日目 食べ物と飲み物を見付けなければ餓死する うっそうと茂る森中 奥深くへと分け入る ハエか蚊か 耳元を飛び回る音も慣れた 体の水分が枯渇して汗もかかない 空腹で眩暈がする 見知った果実はなく 枯れ木を拾って 日暮れ前に砂浜へ戻る 腹が減った この虫でも食べてみよう #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1307519080744714240 無人島生活3日目 飢えと渇きに苦しむ うっそうと茂る森中 食べ物を探すのは難しい 海へと目を移す きっと魚がいるはず 身一つで潜る 素手で捕えるなんて無理 遠浅の岩場で海藻と貝を発見 採取して陸へ上がる 貝殻を石で割り生食す 虫や木を齧るよりはマシだ 猛烈な睡魔に襲われ深く眠る #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1307882878877925377 ランプの魔人が現れた 「三つまで願いを叶えてやろう」 「願いを十個に増やして」 「理を変える事は出来ぬ。あと二つだ」 「では…(2ちゃんで見た金と女と権力をいっぺんに入手する方法…)China共産党幹部にして」 「日本人はなれぬ。あと一つ」 「じゃあお金で」 結局そこに落ち着いた #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1308241946662502402 毎回殺人現場に遭遇し 必ず事件に巻き込まれ 犯人と疑われることも 警察も解決できぬ事件 迷宮入りは必至な状況 警部たちも頭を抱える 蝶ネクタイ型の発声器 時計に仕込んだ麻酔銃 キック力増強シューズ 眼鏡とアホ毛がトレードマーク ペロッこれは青酸カリ そうそういつも名探偵コナイ #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1308613064556568576

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    934,911

    3,830


    2021年9月12日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23時間38分

    この作品を読む

  • ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~

    少しダークな、組織もの現代ファンタジー

    545,995

    1,870


    2021年1月14日更新

    日本にある複合企業《P・Co》。その末端に、《Peace×Peace》――略して《P×P》という、ファッション部門の事務所がある。 通常業務は、服飾商品の開発と販促営業。その裏で、変則的に本社から送られてくる特務……主に、暗殺業務を請け負っている。 幼少期、とある組織の人体実験によって“蛇人間”になった潤は、《P×P》で副所長を務めていた。 所長は男女問わず複数人の“カノジョ”がいる、バイセクシャリスト。 長身細身の紫頭や、怪力女や、その怪力女に盲目的に恋をしているクールビューティー(?)な後輩女子や、怪力女と犬猿の仲の美形白髪頭や、その相方のモブ顔や―― そんな愉快な仲間たちの、少しダークで、時折くすりと笑える日常。 そんな日常に現れる、潤の複製少年と少年愛好家の女。 食べたり飲んだり笑ったり怒ったり喰べたりする、ちょっとハードな日常の一部分。 ◇◆◇ ブックマーク、コメント、スタンプなどを頂けると跳んで喜びます。 ご新規読者様、大歓迎です! ※作品の一部に、LGBT(性的少数者)、虐待、暴力、残酷な表現が含まれます。 苦手な方はご注意ください。 本作はどちらかというと、女性向け(らしい)です。 ※小説家になろうからの転載です※ 2017年12月27日に完結した作品です。 (なろう版とは間違い探しレベルで違う箇所があります) ※挿し絵も自作※ なろう版より、挿し絵も増えています。 ※※※※ ありがたいことに 「セシャトのWeb小説文庫 a la carte dans Novel up」 https://novelup.plus/story/127083484 にてご紹介していただいております。 作品募集もされているので、作品紹介に興味のある方は是非覗いてみてくださいね!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間33分

    この作品を読む