Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

#140字小説 二百物語

読了目安時間:2分

#140字小説 二百物語 第十九集

【リンク先に画像あり】 「ここが昔の家じゃ」 「お爺ちゃんこんな所に住んでいたの?」 「そうじゃ。雨が降ると大変での」 「屋根が無いもんね」 「水が溜まってしまうのじゃ」 「すっごーい!」 「凄い?」 「えっ」 「えっ…?だってこんな大きい…」 「大きい?」 「えっ」 「えっ」 「儂が住んでいたのはその壺の中じゃ」 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1318129142852825088 薬を盛られ記憶を失った あの日の記憶が甦る くっきり二重の美人 クラスのマドンナ 奴は路地裏で彼女を襲った 目撃者は消せ 奴は俺を拉致し 無人島に捨てたのだ まだ体が痺れて動かない 狸寝入りを続ける 小型船でまたあの島へ運ぶつもりか 「この睡眠薬、俺の島の海藻で出来てんだゼ」 #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1319838056640229376 睡眠薬を盛られ無人島へ拉致される 薬の原料の海藻 散々食べた結果 抵抗を得た模様 5時間は眠る所 1時間で目が覚めた 島が近付き速度が落ちる 船を操る奴は無防備 今だ! 奴を突き落とし舵輪を奪う 逆に置き去りにしてやる 船縁にしがみつく奴 落下時に負傷したのか 海が赤く染まった #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1320209772004605953 【リンク先に画像あり】 「ねえ綺麗でしょう? わたし綺麗でしょう? お日様の光をいっぱい浴びて。 綺麗な花を咲かせたでしょう? 外見には自信あるの。 色も形も素敵でしょう? だから夢見てるの。 いつか王子様が現れて言うのよ。 どうかボクのお嫁さんになって下さいって」 「でもお前、中身 (葉っぱ)ボロボロだけどな」 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1318201943144108033 98年W杯初出場以降の日本代表歴代FKランキング作った (アルファベットは精度/威力) SS 中村俊輔 SA 遠藤保仁 AS 中田英寿 SB 小野伸二 名波浩 BS 本田圭佑 三浦淳宏 AA 小笠原満男 三都主アレサンドロ 中村憲剛 AB 柏木陽介 清武弘嗣 駒野友一 柴崎岳 BA 阿部勇樹 奥大介 玉田圭司 平野孝 #140字小説 twitter.com/XC8Ch6Xtwe9LRiw/status/1321307576701693953

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 或る少女と少女のカケラ

    或る少女のサイドストーリーです

    5,850

    80


    2021年7月30日更新

    『或る少女の話』のサイドストーリーです。或る少女を囲む或る少女の為に産まれた、少女のカケラ達のお話です。『或る少女の話』を読んでからの方が、内容を理解しやすいかと思います。 全体的に救いがなく、ダークな内容です。閲覧にはお気を付けください。 画像は、フリー画像素材をお借りしました。(PASUKO様)

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 佰肆拾字のお話

    140文字以内で。。。

    810,196

    1,123


    2021年7月29日更新

    Twitterでのコンテンツ用に作ったお話です。 ---------- 「結果的連作」の お品書き:https://novelup.plus/story/770595863

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • A BODY WITHOUT A HEAD

    自分を愛せていない全ての人へ🤟

    18,150

    230


    2021年7月29日更新

    【あらすじ】 一人の女子高生が精神科の診療所を訪ねてきた。 曰く「多重人格だから治療して欲しい」という事らしい。 担当医は少しずつだが治療し、元々は30個以上あった人格を7個まで減らせた。 しかしリーダーである人格(行方不明)や「頭脳」である人格(面会拒否)を診察出来ていなく「これ以上の統合は僕には無理かな」とその少女に伝える。 そして「彼女達」の中の一人が、その医者に長い長い告白をする── 【ご挨拶】 初めまして。CMZOです。 私は学生時代から多重人格に惹かれ、自分で言うのもなんですが、医者でもなんでもない一般人がお手軽に手に入れられる多重人格の日本語の本はほぼ全て読破したつもりです。 だから他の、知識がない方々がキャラに色付けで使う多重人格のお話とこのお話は根本的に違うと胸を張って言えます。 ……ですがそこはフィクションなので「これは本物の多重人格では絶対にあり得ない」という確固たる部分が一箇所だけあります。 その答え合わせはキリが良い所の後書きに書いておきますので、是非読みながら「どこがあり得ないんだろうか」と推理してみて下さい。 それでは少しでもお楽しみ頂ければ幸いです。 ※読んで頂ければ分かると思うのですが、章名が「この場所を中心に物語が進みます」という舞台で、エピソード名が「その時の主観のキャラ」になります🤔

    読了目安時間:2時間56分

    この作品を読む

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    32,630

    120


    2021年7月30日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む