恋愛/ラブコメ 長編 連載中

狂乱のニアハ〜蛇蝎の如く嫌われた殺戮兵器、赤ん坊に戻された所を聖女に拾い育てられて救済される。〜

作者からの一言コメント

荒んだ男が愛を知る物語。

ーーーー 過酷な幼少期を経て殺戮兵器として育てられた二アハ(混ざり者)は、戦争の集結と共に処分されることが決まる。 しかし処分される瞬間、気まぐれを起こした神の力によって赤ん坊に戻され、癒し魔法の使い手メルルーシェに拾われる。 娼婦の母親とすぐに引き離されたニアハにとって、メルルーシェと過ごす時間は新鮮だった。 ーーーー 正式タイトルは【狂乱の二アハ】です。 シナリオ完結済み 40話前後予定 前半は重めシリアスですが、中盤後半にかけてから甘くなっていきます。 序盤を考慮して恋愛タグをつけるか大変悩みましたが、後半のことを考えて恋愛に振り分けました。 愛を知っていくニアハの姿を見守ってあげてください。 毎週月曜日確定更新 最初はペース上げて2日に1話目標とします。 『小説家になろう』『アルファポリス』『マグマク』にも同名で掲載しています。 **** ブクマひとつに喜びながら更新しています。 数ある作品の中、この拙い作品を手に取ってくださってありがとうございます。 未熟者ですがこれからもどうぞよろしくお願いします。 頑張って更新します!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 狂乱のニアハ〜蛇蝎の如く嫌われた殺戮兵器、赤ん坊に戻された所を聖女に拾い育てられて救済される。〜
作者名 森メメ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ シリアス アクション/バトル 西洋風 年の差 戦争 魔法 歳上ヒロイン 恋愛もの 悲恋要素あり 子育て 救済 ハッピーエンド
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年3月30日 16時55分
最終投稿日 2021年5月6日 19時43分
完結日 -
文字数 141,177文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【カクヨムコン中間選考突破】 【日間3位獲得】 追放された主人公フライがその能力を覚醒させ、成り上がりっていく物語 主人公フライ。 仲間たちがスキルを開花させ、パーティーがSランクまで昇華していく中、彼が与えられたスキルは「精霊王」という伝説上の生き物にしか対象にできない使用用途が限られた外れスキルだった。 フライはダンジョンの案内役や、料理、周囲の加護、荷物持ちなど、あらゆる雑用を喜んでこなしていた。 外れスキルの自分でも、仲間達の役に立てるからと。 しかしその奮闘ぶりは、恵まれたスキルを持つ仲間たちからは認められず、毎日のように不当な扱いを受ける日々。 そしてとうとうダンジョンの中でパーティーからの追放を宣告されてしまう。 「お前みたいなゴミの変わりはいくらでもいる」 最後のクエストのダンジョンの主は、今までと比較にならないほど強く、歯が立たない敵だった。 仲間たちは我先に逃亡、残ったのはフライ一人だけ。 そこでダンジョンの主は告げる、あなたのスキルを待っていた。と──。 そして不遇だったスキルがようやく開花し、最強の冒険者へとのし上がっていく。 一方、裏方で支えていたフライがいなくなったパーティーたちが没落していく物語。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間21分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    40,000

    360


    2021年4月22日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間13分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【R15版】その後の世界で君とともに

    アバターに恋した人間の話

    43,700

    851


    2021年5月6日更新

    たった一日の世界大戦が終わったあと。 文化も技術も失い、それどころか、人間の存続すら危うくなった。 人々は人類を存続させるためのシステム作りを構築しはじめた。 人間の種の保存を第一目的とし、生れてきた人間の命と繁殖のための義務が、全てにおいて優先した世界。人口増加のため精子卵子を人工授精し、人工子宮で育成するシステム。生れた命は徹底的に保護されながら、一方で自由と人権のない状態を受認せざるを得ないシステム。そのシステムを常識と考える若者たちが世界を担い始めていた。 半径三十キロ圏内に居住者が一人という体制。それは争いと殺し合いを避けるためのシステム。命を徹底的に守るシステム。 システムが動き出し、人工授精で生まれたカイトは日本札幌居住区で教育特化型アバターのパマに育てられ、十八才の年齢を迎えていた。 パマが去る日、彼女がカイトの元にやってきた。 カイトの精子提供義務を補助することを第一目的とし、カイトのためだけにブラッシュアップされたアバター・ニーナ。ニーナは、カイトの十八才の誕生日、教育型アバター・パマから引継ぎ、カイトに全てを捧げるために、カイトの前に現れた。 パマが去り、カイトはニーナに導かれ、義務を果たすためにニーナと身体を重ねた。二人だけの生活が始まる。 ニーナが見守り愛を注ぐカイトを、見つめている女性がいた。リアルでの接触を試みるユキコ。彼女は世界のシステムに疑問を持ち、自分のからだで妊娠出産をしたいと決意していた人間の女性だった。 世界のシステムを受け入れ、パートナー型アバターとの生活に疑問を持っていなかったカイトは、ユキコとの出会いをきっかけにニーナへの想いを新たにする。 やがてカイトはニーナが機械のからだゆえ、悩み始めていた。ニーナがニーナであるとは何を意味するのか? この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません フリーイラストに若干の加工・トリミングを加え使用させていただいています。 ミカスケ(@oekakimikasuke)様 ノーコピーライトガール(@nocopyrightgirl)様 あっきコタロウ(@and_dance_waltz)様 メモ 1-13 15 21

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間4分

    この作品を読む

  • さようならのかわりにありがとうをもういちど

    僕は僕で僕ではなかった。

    800

    0


    2021年5月7日更新

    それは、僕であり、それは僕ではなかった。 ひとりぼっちの寂しい世界。 誰も僕には構ってくれなかった。 僕は誰? 君にとって僕は必要? 答えは、誰にもわからない。 だって、答えは、君の心の中にあるのだから…… この物語は、僕とレックリングハウゼン病(通称レック)の少し切ない物語。

    読了目安時間:41分

    この作品を読む